スポンサーリンク

【MLB移籍/FA】2022シーズンに向けたクオリファイング・オファー(QO)を受けたのは14名(追記:結果)

MLB移籍/FA情報

2021-2022 QO

 現地2021年11月7日、ワールドシリーズ終了から5日が経ち、2021-2022のクオリファイング・オファーを提示された選手が判明しました。

14名

 今オフ、クオリファイング・オファーを受けたのは以下の14名の選手たち。

追記:結果

 現地2021年11月17日、結果が出ました。受諾したのは1名。ジャイアンツのブランドン・ベルトのみでした。

  1. 1B フレディ・フリーマン(ATL)★SS賞受賞
    • 拒否
  2. RHP ジャスティン・バーランダー(HOU)  
    • 拒否→11/17、アストロズと1年/$25M+2023 プレーヤーOptで再契約
  3. SS カルロス・コレア(HOU)★GG/プラチナグラブ受賞
    • 拒否
  4. 1B ブランドン・ベルト(SFG)
    • 受諾
  5. SS コリー・シーガー(LAD)
    • 拒否
  6. UTL クリス・テイラー(LAD)
    • 拒否
  7. LHP エドゥアルド・ロドリゲス(BOS)
  8. LHP ロビー・レイ(TOR)★サイ・ヤング賞受賞
    • 拒否
  9. 2B マーカス・セミエン(TOR)★GG/SS賞受賞
    • 拒否
  10. OF ニック・カステヤーノス(CIN)SS賞受賞
    • 拒否
  11. OF マイケル・コンフォート(NYM)
    • 拒否
  12. RHP ノア・シンダーガード(NYM)
  13. RHP ライセル・イグレシアス(LAA)
    • 拒否
  14. SS トレバー・ストーリー(COL)
    • 拒否

QOを提示されなかった選手

 QOを提示されるかもしれない候補だったにもかかわらず、提示されなかった有資格の選手はこちらです。

  • クレイトン・カーショウ(LAD)
  • ジョン・グレイ(COL)
  • マーク・カナ(OAK)
  • スティーブン・マッツ(TOR)
  • アンソニー・デスクラファニー(SFG)
  • アレックス・ウッド(SFG)
  • トミー・ファム(SDP)
  • アビサイル・ガルシア(MIL)
  • マイケル・ピネダ(MIN)
  • アンドレルトン・シモンズ(MIN)
  • カルロス・ロドン(CWS)

 これらの選手たちは現状のサラリーに比べ、QOの$18.4Mが高すぎたという点も大きな理由の一つにあります。

制度

QOを提示しつつも断られた場合

  • QOを断られたクラブがレベニュー・シェアリングを受領するクラブであるケース
    • 対象クラブ: Brewers, Cleveland, D-backs, Mariners, Marlins, Orioles, Pirates, Rays, Reds, Rockies, Royals, Tigers and Twins.
    • その出ていったFA選手が新しい球団と5,000万ドルより上の金額で契約した場合
      • →断られたクラブは1巡目とCOMP Balance Round Aの間で指名をすることが出来る。
    • その出ていったFA選手が5,000万ドル以下の金額で契約した場合
      • →断られたクラブ側は2巡目の後に回ってくるCOMP Balace Round Bで指名することが許される。
  • QOを断られたクラブがレベニュー・シェアリングを受領するクラブでなく、
    • さらに「贅沢税のThresholds(基準、しきい値)を超えていない場合
    • 対象クラブ:Angels, Astros, Athletics, Blue Jays, Braves, Cardinals, Cubs, Giants, Mets, Nationals, Phillies, Rangers, Red Sox, White Sox and Yankees.
      • →COM Balance Roud Bの後に新人選手を指名出来る。
  • QOを断られたクラブが贅沢税のThresholds(基準、しきい値)を超えている場合
    • 対象クラブ: Dodgers and Padres
    • →4巡目指名が終わってからのCOMP ROUNDで指名することが許される。

【補償 QOを断った選手を獲得した側】

  1. 前年に贅沢税を超えているクラブは2巡目と5巡目の指名を失う。同時に海外選手と契約できる金額の外枠としてのインターナショナル・ボーナス・プールの100万ドルの枠を失う。もしそのクラブが複数のQO拒否選手と契約を結んだ場合、3巡目と5巡目の指名も失う。
    • 対象:Dodgers and Padres
  2. 獲得した側のクラブがレベニュー・シェアリングを受け取っていた場合、3巡目の指名権を失う。そのクラブが複数のQO拒否選手と契約を結んだ場合は、4巡目の指名権も失う。
    • 対象: Brewers, Cleveland, D-backs, Mariners, Marlins, Orioles, Pirates, Rays, Reds, Rockies, Royals, Tigers and Twins.
  3. 前年に贅沢税を超えておらず、且つレベニュー・シェアリングも受け取っていないクラブがQO拒否選手を獲得した場合、2巡目の指名権を失う。同時にインターナショナル・ボーナス・プールの50万ドル枠分も喪失する。もしそのクラブが複数のQO拒否選手と契約した場合、3巡目のピックとさらに追加でインターナショナル・ボーナス・プールの50万ドル分の枠を失う。
    • 対象クラブ:Angels, Astros, Athletics, Blue Jays, Braves, Cardinals, Cubs, Giants, Mets, Nationals, Phillies, Rangers, Red Sox, White Sox and Yankees.

カルロス・コレアは出て行く

 アストロズはすでにカルロス・コレアに5年/ $160Mを提示したとも言われております。その後に、さらに条件の悪いQOを提示したところで、断られるのは目に見えています。

 よって、アストロズはドラフトのコンペンセーション狙いでコレアにオファーしたということかと思います。アストロズはサイン・スティーリングのペナルティーで2021年のドラフトにおいても1番最初のピックが87位。次が117位、132位。いい順位で新人を獲得したいという事情なのでしょう。

 カルロス・コレアはブロンコス辺りに行くのでしょうかね??

 なお、バーランダーに関しては、QOの金額が2021年のサラリー($33M)の半分強の54%ほどほどになるので、トミー・ジョン手術からの復帰、そして年齢要素も含めてこれで打診しているというところかと。

 QOがどのような結果になるのか、前年のサラリーを大きく超える選手にとってはかなり魅力的な金額になりますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました