スポンサーリンク

【発表】MLB2021ゴールドグラブ賞! カージナルスから5人が選出(追記あり)

ローリングスのゴールドグラブ賞が決定

 現地2021年11月7日、2021シーズンのゴールドグラブ賞が発表されました。特筆すべきは、カージナルスから5人も選ばれた点ですね。

ゴールドグラブ賞とは?

 ゴールドグラブ賞の詳細については下記の2018年の受賞者発表の記事で詳しく書かせていただいています。ぜひご覧ください。

 では早速、2021シーズンの受賞者を見ていきたいと思います。上記の通り、カージナルスが旋風を巻き起こしましたが、キャッチャーはなかなかしぶい人選となっています。

2021年受賞者

 2021年の受賞者は太字。2行目は他のファイナリストを記載しています。

アメリカン・リーグ

  • C:ショーン・マーフィー(アスレチックス)
    • M・マルドナード(HOU)/ サルバドール・ペレス(KCR)
  • 1B:ユリ・グリエル(アストロズ)
    • マット・オルソン(OAK) / ジャレッド・ウォルシュ(LAA)
  • 2B:マーカス・セミエン(ブルージェイズ)
    • デービッド・フレッチャー(LAA)/ W・メリフィールド(KCR)
  • 3B:マット・チャップマン(アスレチックス)2019年以来3度目
    • ホセ・ラミレス(CLE)/ ジョーイ・ウェンドル(TBR)
  • SS:カルロス・コレア(アストロズ)
    • J.P.クロフォード(SEA)/ アンドレルトン・シモンズ(MIN)
  • LF:アンドリュー・ベニンテンディ(ロイヤルズ)
    • R・アロウザリナ(TBR)/ ルルデス・グリエル・Jr(TOR)
  • CF:マイケル・A・テイラー(ロイヤルズ)
    • ケビン・キアマイアー(TBR)/マイルズ・ストロー(CLE)
  • RF:ジョーイ・ギャロ(レンジャーズ→ヤンキース)2年連続2度目
    • ハンター・レンフロー(BOS)/カイル・タッカー(HOU)
  • P:ダラス・カイケル(ホワイトソックス)2018年以来5度目  
    • ホセ・ベリオス(TOR)/ザック・グレインキ(HOU)

MLB American League Gold Glove Award Winners

ナショナル・リーグ

  • C:ジェイコブ・ストーリングス(パイレーツ)
    • ヤディアー・モリーナ(STL)/J.T.リアルミュート(PHI)
  • 1B:ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)4年ぶり4度目
    • フレディー・フリーマン(ATL)/ マックス・マンシー(LAD)
  • 2B:トミー・エドマン(カージナルス)
    • オジー・アルビーズ(ATL)/ コルテン・ウォン(MIL)
  • 3B:ノーラン・アレナード(カージナルス)9年連続9度目
    • マニー・マチャード(SDP) / ライアン・マクマホン(COL)
  • SS:ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)4年ぶり4度目
    • フランシスコ・リンドーア(NYM)/ケビン・ニューマン(PIT)
  • LF:タイラー・オニール(カージナルス)2年連続2度目
    • デービッド・ペラルタ(ARI)/A.J. ポロック(LAD)
  • CF:ハリソン・ベイダー(カージナルス)
    • ブライアン・レイノルズ(PIT)/ J・ブラッドリー・Jr.(MIL)
  • RF:アダム・デュバル(マーリンズ→ブレーブス)
    • ムーキー・ベッツ(LAD)/マイク・ヤストレムスキー(SFG)
  • P:マックス・フリード(ブレーブス)2年連続2度目
    • ザック・デイビーズ(CHC)/ ザック・ウィーラー(PHI)

MLB National League Gold Glove Award Winners

カージナルス、史上初の5人受賞

 さて、カージナルスの5人受賞ですが、これは史上初のこと。内野で1B、2B、3Bと3人ですから、それだけでもすごいのですが、LF、CFも受賞で計5人。

捕手に新鮮な2人

 両リーグ通じて捕手は初受賞。アスレチックスのショーン・マーフィーは、27才になったばかり。2016年アマチュアドラフトのアスレチックスの3巡目指名。2019年にデビューし、2020年はROY4位に入った逸材。今季のDRS(Defensive Runs Saved)は10。マルドナードとサルバドール・ペレスを抑えての受賞です!おめでとうございます!

 パイレーツのジェイコブ・ストーリングスは、31才。ドラフトは2012年のパイレーツの7巡目指名。今季はメジャー6シーズン目で、初めて正捕手としてマスクをかぶる機会を得ました。そして今季のDRSはなんと21です。

GG賞にありがちなこと 

 当然のことながら、贔屓のクラブの選手がファイナルにも入っていないとか、色々とありますね。贔屓でなくとも、いいと思っている選手が入っていないなどのギャップは必ずあります。

 例えば、どうしてレッドソックスのキケ・ヘルナンデスがファイナルにも入っていないのか?とか、エンゼルスのデービッド・フレッチャーはよかったけれども、たしかにマーカス・セミエンが相手だとこれは致し方ないとか。

 そのようなことを言いつつも、今回の2人の捕手のようにしっかりと仕事が評価されているのを見ると嬉しくなりますね。

 それにしてもちょっとカージナルスが多すぎましたね。今季は3Bはマチャードかと思いましたが、やはりアレナドでした。そして1Bはフレディー・フリーマンだろ??と思ってしまうようなこともGG賞のあるあるですね。

 また、ついつい打撃に注目が行きがちなジョーイ・ギャロを2年連続で受賞者したのは、なかなかよく見てるなとも思います。

追記:プラチナが決定

 現地2021年11月11日、ゴールドグラブ賞受賞者の中からベストを選ぶ、プラチナ・グラブ賞が発表され、ア・リーグはアストロズのSSのカルロス・コレアが、ナ・リーグはカージナルスの3B、ノーラン・アレナドが受賞しました。

 カルロス・コレアは初受賞。このオフのFAの契約に箔が付きそうです。

 一方のノーラン・アレナドは、2017年から5年連続の受賞。すごいですね!!

 なお、プラチナ・グラブ賞は2011年からスタート。ちょうど10年前ですね。2011年はALがエイドリアン・ベルトレ、NLはヤディアー・モリーナが受賞しました。

Platinum Glove Award Winners | History
A list of all winners of the Platinum Glove Award in MLB history.

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました