スポンサーリンク

【MLB2022FA】フィリーズ、カイル・シュワーバーとニック・カステヤーノスとサイン!二人合わせて、66HR&171RBI!

シュワーバーの入団がオフィシャルに

 ロックアウトが明けて、怒濤のごとく大物FAのディールが決まり、当ブログでも追いつけませんでした。現地2022年3月21日、フィリーズとカイル・シュワーバーがサインしたことがオフィシャルになったタイミングで、カイル・シュワーバー(29)とニック・カステヤーノス(30)のディールについて触れておきたいと思います。

クリス・ブライアントとは年数で合わず

 ロックアウト前からフィリーズはクリス・ブライアントの有望な移籍先として名前が上がっていました。実際、かなり突っ込んで行ったことは事実なようで、もう一声というところまで行ったようです。ボブ・ナイチンゲールさんの情報では、クリス・ブライアント側が少なくとも7年の保証を求めたのに対し、フィリーズは5年が精一杯だったようです。結果、7年を保証したロッキーズがクリス・ブライアントを獲得して行ったという後日談も出てきました。

 クリス・ブライアント1人で7年/$182M。

 クリス・ブライアントへの資金が効いたこともあり、フィリーズは結果的に左右の強烈なバットを二人も獲得することに。カイル・シュワーバーが4年/$79Mニック・カステヤーノスが5年/$100Mともに重複する濃厚な4年、トータルで$179M。これでもブライアント1人よりは結果的に安かったという結果に。

NLイーストがますますヒートアップ

 ブライアントとハーパーのケミストリーももちろん興味深ったのですが、2人の長距離砲のタレントを獲得できたことは、NLイーストのライバル・クラブに強烈なプレッシャーを与えることに。

 ただでさえ、NLイーストは熾烈な争いが繰り広げられています。

 2021年ワールドシリーズ・チャンプのブレーブスには、マット・オルソンが加入。クローザーにケンリー・ジャンセンが入りました。前年は、ロナルド・アクーニャ・Jr.を膝の怪我で欠いてのWSチャンプですから。

 そして、マックス・シャーザーを獲得したメッツは、ジェイコブ・デグロムとともに、3連戦で2勝を見込めるほどの投手力に。タイワン・ウォーカーもいますし、打撃ではマーク・カナとスターリン・マルテも補強し、昨年の貧打は解消されそうです。

 また記事にするつもりですが、マーリンズもかなりいいローテーションが揃っています。ナショナルズにはフアン・ソトがいますからね。

それぞれの契約内容

 カイル・シュワーバーとニック・カステヤーノスのそれぞれのディールも見ておきます。

カイル・シュワーバー

  • 4年/$79M (2022-25)
    • 2022: $19M、2023-25: $20M/年

 ファイナル・イヤーにはオプションなどはついていない模様です。2021年のサラリーは$10Mで、2022年は$11.5Mのミューチュアルオプションでしたが、これを拒否。FAとなり、この契約に至ります。サラリーは倍になりましたから、市場に打って出て正解でしたね。

ニック・カステヤーノス

  • 5年/$100M (2022-26)

 ニック・カステヤーノスの情報はまだこれだけしかありません。

 直近の契約では、4年/$64M (2020-23) + 2024 $20M ミューチュアル・オプション($2Mバイアウト)に加えて、2020年と2021年終了後にオプトアウトを入れていました。オプトアウトしたので、FAとなり、今回の契約に至るわけですが、繰延払いも入っていましたし、アウォード・ボーナスの設定もありましたから、今回も結構、細かく入れてきているとは思います。

 もしオプアウトを入れるなら、今季で30才を迎えるカステヤーノスの場合、早めに入れてくると思われます。

二人の実績

カイル・シュワーバー

 2015年、カブスでデビューしたカイル・シュワーバーの腰の座ったスイングを見た時、かなり驚きました。こんなすごいバッターがいるのかと。打撃があまりに良すぎて、本職のキャッチャーからLFの守備に就くことに。

 カブスがワールドシリーズチャンプに輝いた年、カイル・シュワーバーは膝の大怪我で、シーズン中は2試合の出場のみ。ポストシーズンには間に合いました。詳細は下記の記事に書かせていただいております。

 カブスの2021年問題のメンバーの1人でしたが、2020年のコロナ・パンデミックで入場料収入がないらなかったカブスは経営危機を感じ、あっさりとカイル・シュワーバーをノンテンダーに。これは衝撃的でしたね。

 そして、2021年、ナショナルズとサインしたカイル・シュワーバーは、6月にはHRラッシュ。なんと16本を叩き出すというとてつもない破壊力を見せたのでした。しかし、7月2日のドジャース戦で、ハムストリングスを傷めてしまうアクシデントが発生。

 そのままトレードデッドラインを迎え、回復を見込んだレッドソックスが獲得。レッドソックスのポストシーズン進出、ALCS進出に貢献を果たしたのでした。

 2021年は32HRだったのですが、6月までに25HRを放っておりました。もし、ハムストリングスを傷めていたなかったら、記録的なシーズンになっていたかもしれません。

ニック・カステヤーノス 

 ニック・カステヤーノスは1992年生まれの30才。カイル・シュワーバーより1つ上です。2010年のタイガース1巡目指名(全体44位)。高校卒です。

 2013年にメジャー・デビュー。21才の時です。レギュラーとして出場し始めたのは、2014年から。まだタイガースにマックス・シャーザーがおり、タイガースが最後にポストシーズンに進出した年です。ALDSでオリオールズに3連敗してしまいましたね。ちなみに2014年から2017年までは3Bを守っていました。

 デビュー以来、右の中距離打者のような印象だったカステヤーノスがさらに注目を集めたのは、2017年のこと。このシーズンに打率.272、OBP .320、SLG .490をマーク。HRは初めて20本を超え、26本をマーク。二塁打は36本、そして三塁打を10本も放ちました。RBIは101でこれは現時点でキャリアハイです。

 2018シーズンには右打者でありながら、シーズン185安打をマーク。HRは23です。

 そして2019年、カステヤーノスはトレードデッドラインでカブスに移籍することに。

 このシーズンですが、27HRをマークしたのも素晴らしかったのですが、特筆は二塁打の数。なんと58本をマークしました。なかなかこんな数は見ることがないです。あと2本で60本ですからね。

 2020シーズンにレッズに移籍。しかし、シーズンが短縮だったこともあり、162試合のフルシーズンで働いたのは、2021年のみとなります。138試合に出場し、164安打を放ち、打率.309、OBP .362、SLG .576、HR 34、RBI 100、二塁打34。2021年はシルバー・スラッガー賞を受賞。

二人合わせて、66HR、171 RBI。これは強烈ですね。

シフト

 今季からナ・リーグはDHということで、カイル・シュワーバーがメインでDHに入ると思われます。オデュバル・ヘレイラと再契約しましたから、CFにヘレイラ、RFにハーパー、LFにカステヤーノスになるのではないかと。ヘレイラが頼りなければ、アダム・ヘイスリーがいますし、マット・ビアリングの成長も期待されます。

 Cにはもちろん、JT・リアルミュート。1Bにリース・ホスキンス、ディディとセグラで二遊間を組み、アレック・ボーンが3B、バックアップに、ヨハン・カマーゴ、ニック・メイトン、ルーク・ウィリアムズ、スコット・キンガリーというところでしょうか。

 この二人が入ってかなり厚みが増しました。

 お読みいただき、ありがとうございます。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました