スポンサーリンク

【MLB2022FA】レッズ、打撃強化でトミー・ファムを獲得!2020年に刺された事件も少し記載

レッズがバットを補強

 今オフ、シンシナティ・レッズはオークランド・アスレチックス同様、ファイヤー・セール状態ではありますが、現地2022年3月23日、戦力補強に着手。

 サンディエゴ・パドレスからFAとなっていたOFのトミー・ファムとディールを成立させました。

Tommy Pham Stats | Baseball-Reference.com
2021: 15 HR, .229 BA, 49 RBI,Career: 97 HR, .265 BA, 300 RBI, OF, Cardinals/Padres/... 2014-2021, b:R/t:R, born in NV 1988, Phamtastic

契約内容

 まだフィジカルチェック待ちでオフィシャルになっていませんが、同意したという契約は以下の通りです。

  • 1年/$6M(2022)
    • 2023年はミューチュアル・オプション ($1.5Mバイアウト)

 レッズとトミー・ファムは2023年のミューチュアル・オプションの詳細はまだ明らかになっていませんが、バイアウトの金額を含めて$7.5M保証という内容です。

ニック・カステヤーノスが抜けた穴の補強

 このオフ、レッズは、タッカー・バーンハート(C)をトレード、ローテーションのウェイド・マイリー(LHP)をウェーバーにかけ、カブスにクレームオフ(獲得)されるという事態から始まり、マイケル・ローレンツェン(RHP&OF)、ソニー・グレイ(RHP)、ジェシー・ウィンカー(OF)、エウヘニオ・スアレス(3B)、アミール・ギャレット(LHP)、そしてFAのニック・カステヤーノスを流出させました。

 スアレス、ウィンカーの左右の両バットを失ったのも大きいですし、流出は覚悟していたとは言え、やはりニック・カステヤーノスが抜けた穴は大きいです。

 投手力のバランスから考えてこれでは勝負にならないと焦ったのか、パドレスからFAのトミー・ファムを獲得するに至りました。

OF兼DH

 大物が抜けたレッズの野手陣ですが、それでもOFは結構、揃ってはおります。

  • 秋山翔吾
  • ニック・センゼル
  • アリスティディス・アキーノ
  • タイラー・ネイキン

 ニック・センゼルはユーティリティーですから、3Bの芽もあるので、タイラー・ネイキンも含めてトミー・ファムも参戦というところです。

 また、アリスティディス・アキーノはその打力にフォーカスしてDH専任という線もあります。もちろん、トミー・ファムもDHで出場することも出来ますし、いずれにせよ、トミー・ファムが入ったことで、オプションはかなり拡がったと言えるでしょう。

 もっとも、秋山選手の活躍はマストというような状態ではあります。

トミー・ファムとは?

 トミー・ファムは、1988年3月8日生まれの34才(現地2022年3月24日時点)。もともとはカージナルスで、高校卒の2006年にドラフト16巡目で指名され、プロ入りしました。

 デビューは2014シーズンで26才の時ですから、マイナーで8年を過ごしてきました。

 カージナルスでのデビュー後、2018年7月のトレードデッドラインでレイズへ移籍。以降、レイズの中心打者としてプレーしてきました。

 その辺のエピソードは下記の記事に記しております。

 現地2019年12月にレイズからパドレスにトレード。このトレードはなかなか豪華なトレードでしたね。ファムと一緒に動いたジェイク・クロネンワースはパドレスの2Bに欠かせない選手となりました。

 ハンター・レンフローは2021年、レッドソックスでも大活躍しましたね。

直近2年の成績 

 短縮シーズンとなった2020年、トミー・ファムは開幕から出場するも、計30試合(60試合中)の出場に留まりました。

 その前年の2019年(レイズ)には、145試合に出場し、右打者ながら155安打を放ち、打率.273、OBP .369、SLG .450、OPS.818をマーク。HR 21、二塁打33、盗塁25、RBI 81という素晴らしい数字を残していました。

 そして、2021シーズンも開幕から出場。155試合と出場試合ではキャリアハイ。しかし、数字が上がりませんでした。打率.229、OBP .340、SLG .383、HR 15、RBI 49、盗塁14。

 今オフのFAでようやく決まったのも、年齡の要素とともに、コントラクト・イヤーで大きく跳ねなかったゆえでもありました。

 ただ、トミー・ファムは2021年に出場どころか、生きていてよかったというくらいの怪我を負っていました。

2020年10月に刺される

 実はトミー・ファムは2020年10月11日に夜のサンディエゴで刺されたというとてもショッキングな事件を経験していました。

 当時は何事?という騒動で、情報もあまり出ませんでしたし、深く追わなかったのですが、実は刺されていたという洒落にならない事件に巻き込まれたのでした。それをトミー・ファム自身が語ったのは1年経過後の2021年10月になってからです。

 この事件ですが、トミー・ファムがどこで刺されたかというと、サンディエゴのストリップクラブの駐車場。まあ、そういうところで騒ぐこともあるでしょう。遊んでから外に出たところ、酔っぱらい数人に絡まれて口論となり、刺されたということでした。

 下記のリンクはその当時の現場の写真で、ファムのTシャツの右腰から左腰にかけて、ベッタリと血がついています(よって、閲覧注意ということでお願いします)。

MLB's Tommy Pham Reveals Gruesome Wound Suffered in 2020 Strip Club Stabbing
Tommy Pham is finally revealing what his back looked like the night he was stabbed at a strip club in San Diego ... and it's gruesome.

 ひどい怪我で、200針も縫ったとのこと。トミー・ファムは、この事件でクラブの従業員や警備員が自分を守るために十分な手助けをしなかったと訴えたとあります。

 本当に下手をしたら、命まで危なかったという事件に巻き込まれたのでした。

 2021年の成績が跳ねなかった理由もわかりますね。病み上がりだったわけですから。

 このオフはそのようなトラブルの報道はありませんし、しっかり調整してくれていると思います。ただ、調整期間が短いのが気になるところではあります。

 なお、レッズは現地2022年3月24日時点で、スプリング・トレーニングのゲームで6試合を戦い、4勝2敗と好調です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました