スポンサーリンク

【MLB2022FA】ドジャースとサインしたフレディー・フリーマンのディール詳細と現在価値について

フレディー・フリーマンのディールについて

 色々と予定が詰まって書ききれなかったドジャースとフレディー・フリーマンのディールについて書き記しておきます。

 ドジャースとフレディー・フリーマンは、現地2022年3月17日に合意。そして18日に正式にサインしました。

 マット・オルソンのトレードが決まり、詰将棋のように実質的にアトランタから離れることが決まり、どこが競り落とすのかという過程は、ファンとしてはスリリングでしたが、当の本人はかなり複雑だったことが明かされています。それはそうですよね。これまでのアトランタでの貢献が何か、ないがしろにされているような気がしたと思います。

契約:6年/162Mドル

 その契約詳細を見てみます。

  • 6 年/$162M (2022-27)
    • $27M/年均等
    • $162Mのうち、$57Mが繰延払い
      • 2022-24: $27M/年のうち、$7M/年 x 3=$21Mを繰延払いに
        • よって、この3年間にタイムリーに支払われる額は$20M/年x 3= $60M
      • 2025-27: $27M/年のうち、$12M/年 x 3 =$36Mを繰延払いに
        • よって、この3年間にタイムリーに支払われる額は、$15Mx3 =$45M
      • 繰延払い分の$57Mは利率なしの設定になるので、その分を現在価値を換算すると、$162Mが$148,195,494になってしまう。
      • 繰延払$57M分の受け取りスケジュール
        • 2028年-35年の間に、毎年7/1に$4Mドルずつ8回(年)に亘って受け取り
        • 2036年-40年の間に、毎年7/1に$5Mずつ5回(年)に亘って受け取り

現在価値について

 ジャスティン・バーランダーやザック・グレインキ、スティーブン・ストラスバーグのディールの時にも書いた現在価値について少しだけ触れておきたいと思います。

 どうして$162Mが$148,195,494($148.195M)に減額されてしまうのか?の考え方です。

 

 今現在の$4Mとフリーマンが繰延払いとして受け取る6年後から受け取る$4Mの価値は違うからです。

 というのは、お金の価値はインフレ率などが加味された金利がついていますので、年々上がっているのです。よって、フリーマンの場合、6年後から受け取る額が$4Mと決まっていて、しかも利率の設定なしということですから、現時点での価値は、金利分を割り引いて計算しないといけません。

 現在価値の計算式などもあるのですが、要は現在の$4Mは将来受け取る$4Mより価値が低いのです。よって、$162Mのうちの$57Mを現在価値に換算すると、$148.195Mほどになるのです。

 ちなみに、これは選手会も計算の上で、フリーマン側も合意済み。

 繰延払いにすることのメリットは選手は、引退後もかなりの長い期間に亘って、収入が見込めること。フリーマンの場合は、ペンション(年金)もありますから、引退後は相当楽ですね。

 さらに、クラブ側は長期に渡り支払いが発生するものの、直近のキャッシュの支出を和らげることが出来るというのはやはり大きいです。もちろん、繰延払いの選手が増えると、将来に亘って重くのしかかってきますが、それでも今の時点でキャッシュの支出を減らせるのはかなり大きいです。

CAネイティブ

 フレディー・フリーマンはカリフォルニア州、オレンジ郡の出身。アナハイムがあるところが、オレンジ郡ですね。

 今回、マット・オルソンがジョージア州ネイティブで、フリーマンはカリフォルニア州ネイティブですから、両者は地元に帰ったことになりました。

 ただ、上述した通り、フレディー・フリーマンはマット・オルソンのトレードが決まった時、かなり複雑な心境だったようですね。

 これまで大きくブレーブスに貢献してきたフレディー・フリーマンのSTATS、AWARDはこちらです。

フリーマンの実績

 なお、フレディー・フリーマンは、1989年9月12日生まれの32才(現地2022年3月20日時点)。今回の契約は37才までのディールですね。

 ドラフトは、2007年のブレーブスの2巡目指名。高校卒で2巡目はかなりの評価を意味しています。そしてデビューは2010年9月。20才(と354日)という非常に早いデビューでした。

 その後の実績はご覧の通りです。

  • 2011: ROY 2位(1位は、ATLの同僚、クレイグ・キンブレル)
  • オールスター出場:5度 (2013, 2014, 2018, 2019 & 2021)
  • ゴールドグラブ賞受賞:1度 (2018)
  • シルバースラッガー賞受賞:3度 (2019-2021)
  • NL Runs Scored 1位:2度 (2020 & 2021)
  • NL 最多安打:1度 (2018: 191安打)
  • NL 二塁打1位:2度 (2018:44、 2020:23)
  • 20HR以上のシーズン: 8度 (2011-2013, 2016-2019 & 2021)
  • 30HR以上のシーズン: 3度 (2016, 2019 & 2021)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 2度 (2013 & 2019)
  • 100 Runs Scored以上のシーズン: 3度 (2016, 2019 & 2021)
  • サイクル安打達成:2度(2016/2021)
  • ワールドシリーズ・タイトル(2021:ATL)
  • MLB 12年/ 通算打率.295、OBP .384、SLG .509、OPS .893/ HR:271/ RBI: 941

 とにかくチャンスに強いですし、劣勢を変えることの出来る選手で、ドジャースはものすごい戦力になったことはご承知の通りです。

 怪我にも強い選手です。契約最終年までしっかりと機能してくれると思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました