スポンサーリンク

【MLB2022FA】ドジャースとサインしたフレディー・フリーマンのディール詳細と現在価値について

フレディー・フリーマンのディールについて

 色々と予定が詰まって書ききれなかったドジャースとフレディー・フリーマンのディールについて書き記しておきます。

 ドジャースとフレディー・フリーマンは、現地2022年3月17日に合意。そして18日に正式にサインしました。

 マット・オルソンのトレードが決まり、詰将棋のように実質的にアトランタから離れることが決まり、どこが競り落とすのかという過程は、ファンとしてはスリリングでしたが、当の本人はかなり複雑だったことが明かされています。それはそうですよね。これまでのアトランタでの貢献が何か、ないがしろにされているような気がしたと思います。

契約:6年/162Mドル

 その契約詳細を見てみます。

  • 6 年/$162M (2022-27)
    • $27M/年均等
    • $162Mのうち、$57Mが繰延払い
      • 2022-24: $27M/年のうち、$7M/年 x 3=$21Mを繰延払いに
        • よって、この3年間にタイムリーに支払われる額は$20M/年x 3= $60M
      • 2025-27: $27M/年のうち、$12M/年 x 3 =$36Mを繰延払いに
        • よって、この3年間にタイムリーに支払われる額は、$15Mx3 =$45M
      • 繰延払い分の$57Mは利率なしの設定になるので、その分を現在価値を換算すると、$162Mが$148,195,494になってしまう。
      • 繰延払$57M分の受け取りスケジュール
        • 2028年-35年の間に、毎年7/1に$4Mドルずつ8回(年)に亘って受け取り
        • 2036年-40年の間に、毎年7/1に$5Mずつ5回(年)に亘って受け取り

現在価値について

 ジャスティン・バーランダーやザック・グレインキ、スティーブン・ストラスバーグのディールの時にも書いた現在価値について少しだけ触れておきたいと思います。

 どうして$162Mが$148,195,494($148.195M)に減額されてしまうのか?の考え方です。

 

 今現在の$4Mとフリーマンが繰延払いとして受け取る6年後から受け取る$4Mの価値は違うからです。

 というのは、お金の価値はインフレ率などが加味された金利がついていますので、年々上がっているのです。よって、フリーマンの場合、6年後から受け取る額が$4Mと決まっていて、しかも利率の設定なしということですから、現時点での価値は、金利分を割り引いて計算しないといけません。

 現在価値の計算式などもあるのですが、要は現在の$4Mは将来受け取る$4Mより価値が低いのです。よって、$162Mのうちの$57Mを現在価値に換算すると、$148.195Mほどになるのです。

 ちなみに、これは選手会も計算の上で、フリーマン側も合意済み。

 繰延払いにすることのメリットは選手は、引退後もかなりの長い期間に亘って、収入が見込めること。フリーマンの場合は、ペンション(年金)もありますから、引退後は相当楽ですね。

 さらに、クラブ側は長期に渡り支払いが発生するものの、直近のキャッシュの支出を和らげることが出来るというのはやはり大きいです。もちろん、繰延払いの選手が増えると、将来に亘って重くのしかかってきますが、それでも今の時点でキャッシュの支出を減らせるのはかなり大きいです。

CAネイティブ

 フレディー・フリーマンはカリフォルニア州、オレンジ郡の出身。アナハイムがあるところが、オレンジ郡ですね。

 今回、マット・オルソンがジョージア州ネイティブで、フリーマンはカリフォルニア州ネイティブですから、両者は地元に帰ったことになりました。

 ただ、上述した通り、フレディー・フリーマンはマット・オルソンのトレードが決まった時、かなり複雑な心境だったようですね。

 これまで大きくブレーブスに貢献してきたフレディー・フリーマンのSTATS、AWARDはこちらです。

フリーマンの実績

 なお、フレディー・フリーマンは、1989年9月12日生まれの32才(現地2022年3月20日時点)。今回の契約は37才までのディールですね。

 ドラフトは、2007年のブレーブスの2巡目指名。高校卒で2巡目はかなりの評価を意味しています。そしてデビューは2010年9月。20才(と354日)という非常に早いデビューでした。

 その後の実績はご覧の通りです。

  • 2011: ROY 2位(1位は、ATLの同僚、クレイグ・キンブレル)
  • オールスター出場:5度 (2013, 2014, 2018, 2019 & 2021)
  • ゴールドグラブ賞受賞:1度 (2018)
  • シルバースラッガー賞受賞:3度 (2019-2021)
  • NL Runs Scored 1位:2度 (2020 & 2021)
  • NL 最多安打:1度 (2018: 191安打)
  • NL 二塁打1位:2度 (2018:44、 2020:23)
  • 20HR以上のシーズン: 8度 (2011-2013, 2016-2019 & 2021)
  • 30HR以上のシーズン: 3度 (2016, 2019 & 2021)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 2度 (2013 & 2019)
  • 100 Runs Scored以上のシーズン: 3度 (2016, 2019 & 2021)
  • サイクル安打達成:2度(2016/2021)
  • ワールドシリーズ・タイトル(2021:ATL)
  • MLB 12年/ 通算打率.295、OBP .384、SLG .509、OPS .893/ HR:271/ RBI: 941

 とにかくチャンスに強いですし、劣勢を変えることの出来る選手で、ドジャースはものすごい戦力になったことはご承知の通りです。

 怪我にも強い選手です。契約最終年までしっかりと機能してくれると思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました