【MLB移籍2018】マニー・マチャド、オリオールズと1年で合意

2018シーズン終了後にFA資格となるオリオールズのマニー・マチャド(Manny Machado)ですが、今OFFから移籍の噂が出ておりました。

メジャーではFAの前年にトレードされることがままあり、今OFFのマニー・マチャドがまさしくその状態でした。

再契約

しかし、オリオールズは調停を避け、1年1,800万ドルでマニー・マチャドと合意。前年が1,150万ドルでしたからマニー・マチャドとしてはかなりアップしましたね。オリオールズも熱心に引き留めたというのがこの金額でわかります。

マニー・マチャドは現在25才。ここ6年で3回のオールスター出場と2回のゴールドグラブ賞を受賞。まさにチームの中心選手です。

また過去3年で105HRを放っており、さすがにこの大砲を失うことはア・リーグ東地区ではかなり厳しい状況に追い込まれまることを意味していたので、オリオールズとしてはやれやれでしょうね。

SSへコンバート

マニー・マチャドは2018シーズン、3BからSSにコンバートされることが決まっています。

J.J.ハーディー

長年オリオールズのSSを務めてきたJ・J・ハーディー(J.J. Hardy )はオリオールズ側がクラブオプションを拒否、つまり契約更新しなかったので、今OFFはFAとなっています。

筆者はJ・J・ハーディーが好きだったのでちょっと残念です。

35才で放出とはちょっともったいないですね。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク