【MLB2020FA】ニコラス・カステヤーノスはレッズに決定!4年64Mドル

良いなと思ったらシェアお願いします

アグレッシブなレッズ!

 シンシナティ・レッズがまた動きました!現地2020年1月27日、カブスからFAとなっていた外野手のニコラス・カステヤーノス(Nick Castellanos )と4年で合意。秋山選手に続き、外野手を補強しました。

契約内容:オプトアウトあり

 レッズとニコラス・カステヤーノスの契約の合意内容は4年/$64M(2020-23)。2024年は双方合意のもとで更新を決定するミューチュアル・オプションで、合意となった場合のサラリーは$20M。バイアウトは$2M。

 サラリーの支払いスケジュールは2020年が$16M、2021年が$14M、2022年が$16M、2023年も$16M。2021年に一旦$14Mに落としているのも珍しい設定です。

 2020シーズンと2021シーズン終了後にそれぞれオプトアウトが入っており、ニコラス・カステヤーノスは契約途中で見直すことができ、FAとなることができます。マルチ・イヤー契約でオプトアウトが1年目から入っているのは珍しいことです。

ニコラス・カステヤーノスとは

 ニコラス・カステヤーノスは1992年3月4日生まれの27才。2020シーズンは28才となります。もともとは2010年アマチュアドラフトでタイガースから1巡目指名を受け、プロ入り。

 2013年デビューで2019年の7月までタイガースで7シーズンを過ごしました。2019年のトレードデッドラインでカブスに移籍。2019シーズン終了後にFAとなり、所属クラブを探していました。

カブスでは打率.321! 

 直近3年でコンスタントに25本前後のHRを放っていることから、長距離砲には違いないのですが、どちらかというと外野手の間や頭を抜くフィールド内でのロングヒットが多く、二塁打、三塁打で打点を稼ぐことができる選手。

 2019シーズンのトレードデッドライン後、カブスでの成績は非常によく、打率.321、OBP .356、SLG .646、HR 16、RBI 36を記録しました。

 また2019シーズンは年間を通じて二塁打を58本も放っているというフィールドで暴れまわるタイプの外野手です。

秋山選手は大丈夫か?

 レッズは1月8日に秋山選手とディールを成立させていましたが、それでもまだ外野手の補強はやめないことを明言。カステヤーノスとマーセル・オズーナを狙っていたのですが、マーセル・オズーナがブレーブスと合意に至ったがゆえに、カステヤーノスにターゲットを絞りました。

アトランタ・ブレーブスがマーセル・オズーナを獲得しました。1年M。

 ゆえに秋山選手はライバルが増えることは想定済みだったと思われます。

秋山、カステヤーノスを優先

 レッズは秋山選手とカステヤーノスを優先的に起用していくと思われます。

  • LF:ジェシー・ウィンカー、秋山翔吾、フィリップ・アービン
  • CF:ニック・センゼル、秋山翔吾、マイケル・ローレンツェン(二刀流)
  • RF:ニコラス・カステヤーノス、アリスティデス・アキーノ

 打線を考えるとCFに秋山選手、LFにニコラス・カステヤーノス、RFにアリスティです・アキーノというのが安定感が出そうです。アキーノがLFでも対応できるならもっと選択肢が広がりそうです。

現地2019年8月10日、アリスティデス・アキーノが3HRを放ちました。

 ここで問題になるのがニック・センゼル。期待の若手です。

レッズ、センゼルでリンドール獲得?

 そのニック・センゼルを外野手の若手もう一人とパッケージにしてレッズが狙うのはインディアンスのフランシスコ・リンドール。外野手が余っている状況とニック・センゼルという大きな価値をもつ若手とフランシスコ・リンドールとのトレードの画策。

現地2019年5月4日、レッズのプロスペクト、ニック・センゼルがメジャー初HRを放ったのですが、実は1本目となるはずだったHRはSFGの名手、ケビン・ピラーの攻守に阻まれました。その詳細と今季のNL ROYについても触れています。

 レッズにはフレディー・ガルビスがいますが、どうやらこのリンドールの獲得は相当熱が高いようです。

 レッズのこれからの動きにまだ目が離せませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク