スポンサーリンク

【MLB2024FA】注目リリーバーのヘクター・ネリスはカブスとサイン!

カブスがブルペンを補強

 現地2024年1月27日、アストロズからFAとなっていてその動向が注目されていたヘクター・ネリス(Hector Nerris )のディールが決定。

 シカゴ・カブスが獲得することとなりました。現時点ではまだオフィシャルではなく、数日後に詳細が明らかになる見込みです。

契約内容

 マルチイヤー・ディールを望んでいたとされるヘクター・ネリスですが、下記の通り、やや変形したマルチイヤー・ディールの可能性ある内容でサインすることになりそうです。

  • 1年/$9M (2024) + 2025 クラブ・オプション
    • 2025年は、2024年に60試合に登板すればプレーヤー・オプションに変更可
    • その他、インセンティブ

 原則、2025年はクラブ・オプションなのですが、2024年に60試合に登板すれば、プレーヤー・オプションに変更可という内容です。60試合というのはちょっとハードルが高く、結構、クラブ側もそうならないように調整することが多いので、マルチイヤーにはならないかもしれないのですが、可能性は残されています。

 ヘクター・ネリスは2023年は71試合に登板しています。 

カブスはそれなりの誠意

 2023、ワイルドカードへの切符をあと少しのところで逃したカブスは、9月の成績は12勝16敗で、その大きな要因はブルペンでした。9月のサヨナラ負けはなんと5試合を数えます。シーズン終盤にサヨナラ勝ちならチームに勢いをもたらしますが、その逆が多いとかなりしんどい戦いを強いられます。もし、このサヨナラ負けの5試合が無ければ17勝11敗となり、ワイルドカードにすすめていました。

 ゆえにブルペン補強がカブスの今オフの大きな課題でありましたが、カブスは過去の経験、特にキンブレルと大型契約を結んで、成果が得られなかったことから、ブルペンに大枚を使うのは消極的で、なんとか内部から適性を見出して起用してきました。

 しかし、今オフはそうも言っていられないということで、機会を探っており、ヘクター・ネリスにはブルペンの投手としてキンブレルに投じて以来の$10M近い投資を決断したことから、それなりの誠意を示しているとは思います。なお、ライバルはアストロズ、カージナルス、メッツ、レンジャーズ、ヤンキースだったと言われています。

ネリスは元フィリーズのCL

 ヘクター・ネリスと言えば、フィリーズでゲーム終盤を任せられていた投手。2014年のデビューから2021年までフィリーズに在籍し、8シーズンでゲーム・フィニッシュは197試合を数え、このうちセーブは84。

アストロズでさらに進化

 2021年11月にFAとなったネリスはアストロズと2 年/$17M (2022-23)でサイン。アストロズ移籍後の2022年は70試合に登板し、ERA 3.72をマーク(セーブは3)。

 とりわけすごかったのが2023年で、71試合、68.1 IPでERはたったの13で、ERAは1.71。登板数といい、品質といい、2023年のリリーバーでトップランクの成績を残しました。

1年契約のワケ

 FAイヤーということもあり、ヘクター・ネリスは2023年はとりわけ頑張ったと思うのですが、やや気になる点も出てきております。それはベロシティーの若干のダウン。2022年にシンカーのアベレージが94.5mph、4シームのアベレージが94.3mphを記録していたのが、2023年はシンカーが92.0mph、4シームが93.0mphと落ちています。

 2024年6月の誕生日で35歳になるネリス。2016年のMLB3年目からブルペンとしてはフル稼働の状態が続いていました。

YearAgeTmGIP
201425PHI11.0
201526PHI3240.1
201627PHI7980.1
201728PHI7474.2
201829PHI5347.2
201930PHI6867.2
202031PHI2421.2
202132PHI7474.1
202233HOU7065.1
202334HOU7168.1
ヘクター・ネリスの登板数

 ご覧のようにMLB稼働10年で70試合以上が5シーズンもあり、しかも直近3シーズンがいずれも70試合超えという鬼のような登板数です。

 このような過去の疲労の蓄積や年齢的な要素もあり、2年契約にすんなりとYESをもらえなかったという背景だったと思います。

カブスではセットアップ・ロールか

 カブスはおそらく2024年もクローザーはアドバート・アルゾレイ(Adbert Alzolay)を起用すると思われます。2023年に22セーブを記録しました。

 よって、ヘクター・ネリスはイエンシー・アルモンテとともにセットアップ・ロールに収まると思われます。ヘクター・ネリスがヘルシーであればこんな頼もしいことはありませんね。

カブス、大型契約分は空いている

 さて、カブスのペイロールですが、現時点で今永投手のAAV $11.6Mや、ダンスビー・スワンソンの$25.28Mなどを加えてざっと$205M。2024年の贅沢税のしきい値は$237Mですから、まだ余裕はあります。果たしてコディー・ベリンジャーと再契約するのか?微妙に空いたペイロールのスペースをどう使うのかに注目しています。

 とりあえず、あと1人ほど、$2-3Mのレンジでリリーバーは補強すると思われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました