スポンサーリンク

【MLB2022FA】クリス・ブライアントはロッキーズと7年/182Mドルのメガディールで合意

KB、まさかのロッキーズ

 今オフのFAでロックアウト前から注目されていたクリス・ブライアント(Kris Bryant)ですが、現地2022年3月16日、大方の予想を裏切って、コロラド・ロッキーズとのディールが成立しました。

 ディール決定前からロッキーズがかなりプッシュしていたのは知っていたのですが、ブライアントのエージェントはスコット・ボラスだけにこのディールはないと踏んでいたのですが、ロッキーズが一押したようで、決まってしまいました。

ディール詳細

 まだオフィシャルではないのですが、ディールはこのようになっています。

  • 7年/$182M (2022-28)
    • フル・ノー・トレード条項あり
    • AAVで$26M/年

 ノートレード条項がフルで入っています。つまり、いかなるクラブともトレードには応じないという条項。但し、選手会に申請して撤回すれば、トレードは可能です。これは期間限定の可能性もあり、ファイナライズまで様子見したいと思います。

 おそらく、オプトアウトも入っていると思われますので。

ロッキーズのメガ・ディール

 ロッキーズは過去に、以下のメガ・ディールを成立させています。

ノーラン・アレナドと8年/260Mドル

 直近でもっとも目立つディールはノーラン・アレナドとサインした8年/$260M。AAV $32.5M。サイン当時は野手最高のAAVでした。

 ただし、結果どうなったか? カージナルスに渡しましたね。

 2022年もロッキーズは$5.57Mのサラリーを払うことになっています。

トロイ・トゥロウィツキーとの10年/157.75Mドル

 そしてもう1つ大きなのがありました。トロイ・トゥロウィツキーとのメガディール。こちらは2010年11月30日にサインした内容で、10年/$157.75M。今となってはノーラン・アレナドのディールに比べれば可愛いものですが、12年前には驚きをもって接した情報でした。

 こちらはどうなったか?2015年のトレードデッドラインでブルージェイズに渡しました。ホセ・レイエス、ジェフ・ホフマン、ミゲル・カストロ、ヘスス・ティノーコらがロッキーズに移籍してきたブロックバスタートレードでしたね。

 しかし、その後は足の怪我が続き、ブルージェイズは2018年12月にトゥロをリリース。翌年、ヤンキースが最低年俸でサインしたということがありました。そもそものディールは2021年まで続いていたのですが、これではあんまりと、帳簿上はサラリーを削る形に。詳細はわからないのですが、贅沢税上の意味もあってそうしたのか、実際は払っていたか、正確な情報はちょっと調べきれませんでした。

 企業会計なら、どうなんでしょう?貸倒引当金で処理してしまうかもしれませんね。

 結局、メガディールを成立させながら、放出しているのがロッキーズなんです。もちろん、需要があって、トレードしている訳なのですが、どうしてこのような派手なディールを決めてしまうのか今ひとつわからないところです。
 ロッキーズ側からすれば、メガディールを提示しないと選手が集まらないということなのかもしれないです。それくらいしか思い当たらないのです。

ストーリーはFAのまま

 なお、ブライアントにこのような大きなディールを提示しておきながら、生え抜きのトレバー・ストーリーは、FAのままです。

どうして残念に思ってしまうのか?

 ロッキーズ・ファンがいたら申し訳ないのですが、今ひとつスッキリしないディールですね。当事者でもないのにまったく余計なことではありますが・・・。

勝てない

 当のブライアント本人はコロラドに近いラスベガスの出身。わりと土地には合っているようです。風光明媚ですし、何より高地にスタジアムがあるため、ヒッターフレンドリーであることは有名ですね。

 ブライアントを満たすものがかなり揃っているクラブではあるのですが、いかんせん、肝心なものが欠けています。それはロッキーズではナ・リーグ西地区を勝ち抜けない、コンテンダーになり得ないというところです。こういう決めつけは本当によくないことで、ファンが余計なことを書いているのですが、スッキリしないのはやはりそこです。

 スター性もあるクリス・ブライアントには目立って欲しい。ゆえに、2016年のワールドシリーズで最後のアウトを獲ったときのようなああいった瞬間を味わって欲しい。そう願えば、願うほど、ちょっと残念に思えてなりません。

 ドジャース、パドレス、そしてジャイアンツとツワモノだらけの地区で、ロッキーズがどこまで食い下がるのか?2018年は面白いゲームをしましたが、アレナドとストーリーの2人が揃っていたからこそ出来たことです。ブライアントとブラックモンというなかなか強いコンビが誕生したとは言え、NL西地区は2018年とは違います。

新GMにも期待

 なお、ロッキーズは2021年10月にGMが替わりました。ビル・シュミッドさんは2021年5月に暫定GMとして就任。2021年10月に正式に4代目GMに就くことに。

 インディアンス、ヤンキース、レッズのスカウトなどを歴任してきた方です。過去のディールとは違うというふうな結果になればよいなと思います。

 とにかく、2015 ROY、2016MVP、通算914安打、167HRのクリス・ブライアントが再び、輝いてくれることを祈るばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました