【MLB2020FA】コール・カルフーンはDバックスと2年で合意

エンゼルスは$14MのOPTを拒否→FA

 現地2019年12月24日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスがエンゼルスからFAとなっていたコール・カルフーン(Kole Calhoun)を獲得。2年で合意です。2017年にエンゼルスと3年$26Mでサインしていたカルフーンは、今オフ$14Mのクラブオプションでしたが、エンゼルスは行使を拒否。FAとなっていました。

契約は2年 $16M保証

 Dバックスとコール・カルフーンの契約詳細ですが、以下のような内容になっています。

  • 2年/$16M保証
    • 2020年: $6M、2021年: $8M
    • 2023年: クラブオプション: $9M($2Mバイアウト)

コール・カルフーンとは?

 コール・カルフーンについて簡単に記載します。1987年10月14日生まれ。2020シーズンは32才です。

 2010アマチュア・ドラフトでエンゼルスから8巡目指名を受けてプロ入り。デビューは2012年です。

 アウォードとしては、2015年にゴールドグラブ賞を受賞。RFの守備には定評があります。打撃は2014年から6年連続100安打以上を記録。安打数のキャリアハイは2015年と16年のそれぞれで放った166安打。メジャー8年で打率.249、OBP .322、SLG .424、HR 140、RBI 451、OPS+105。

 2019シーズンは152試合に出場し、打率.232、OBP .325、SLG .467、HR 33、RBI 74、OPS+ 108、WAR 2.3。

 スイングも速いですし、攻撃に活気をもたらすことのできる選手です。

DバックスがOFを獲得した背景 

 2019年にDバックスのOFの一翼を担ったアダム・ジョーンズが2020年にNPBでプレーするのはすでにご承知の通りです。

現地2019年12月9日、アダム・ジョーンズがオリックスとマルチイヤーディールで合意間近です。

  2020年のOFの今のところの配置はご覧の通りです。

  • LF: デービッド・ペラルタ、ジョシュ・ロハス、ティム・ロカストロ
  • CF: ケーテル・マルテ(おそらくCFにコンバート)
  • RF:ジョシュ・ロハス

 デービッド・ペラルタは決まり、CFはほぼケーテル・マルテで決定という中、RFだけが弱かったと言えました。よって、今回は守備力と長打力が魅力のカルフーンに白羽の矢が立ったということかと思います。

 Dバックスはマディソン・バンガーナーも獲得できましたし、それにまだまだプロスペクトの宝庫でもあります。

マディソン・バンガーナーのDバックスとの5年85Mドルの契約とキャリアプロフィールについて簡単に書いています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク