【MLB2012】トレバー・バウアーのメジャーデビュー戦

ScreenHunter_01 Jun. 29 15.17

こんにちは(^^)

さて、リンスカムの再来とも期待されている注目の若手、ダイヤモンドバックスのトレバー・バウアー(Bauer)が、現地時間2012年06月28日、アトランタのターナー・フィールドで、ついにメジャー・デビューしました!!

トレバー・バウアーの略歴

トレバー・バウアーは、2012年TOP PROSPECTS(若手有望株)の第9位の投手で、1991年1月17日カリフォルニア生まれの現在21才。

UCLA(University of California, Los Angels)出身で、アマチュア時代から速いボールと、リンスカムを彷彿とさせる大胆な投球フォームに注目が集まっていました。

2012 トップ・プロスペクト100 こんにちは!昨日も書かせていただいた、若手有望株をチェックしよう!というMLB Top 100...

UCLAではゲリット・コール(現:パイレーツ・マイナー)と2枚看板を組んでいて、ドラフト指名では、コールは全体1位、バウアーは全体3位で指名されました。

バウアーの持ち球は、91から96マイル(146.5~154.5km)のファストボール、カーブ、スライダー、チェンジアップ、スプリットなどの変化球があります。

変化球では特にカーブの定評が高いです。いわゆる三振の取れる投手です!

トレーニング・マニア

マニアと言ったらちょっと失礼かもしれませんね。バウアーはRon Wolforth’s Texas Baseball Ranchというアメリカン版野球塾とも呼べる投球のメカニズムやトレーニング方法を教える私塾の出身で、そのスクールで仕込まれた投手にとって必要な様々なトレーニングを知っているのです。

バウアーのトレーニングには、あのCJ・ウィルソンも一目置くほど!特に、ルーティン化しているゴムトレ、柔軟、遠投はMLBの中では有名です。

今日のデビュー戦

アトランタ・ブレーブスとの対戦となったデビュー戦、記念すべき初球は93マイルの真ん中低めのファストボールでした。

キャッチャーのミゲル・モンテロ(Montero)がそのまま返球したので、記念すべきファーストボールをそのまま受け取ったバウアー。

記念用に取っておくことを指示されたのを、ボール交換と間違え、アトランタ・ベンチのある1塁ベンチへボールを返してしまうというかわいい部分も披露してくれました(^^)

緊張していたんでしょうね。

今日のデビュー戦は4回を投げ、5安打、2失点、3四球、3奪三振という内容でした。

バウアーのウォームアップ

バウアーのメジャーデビュー戦の動画です。見所は、ウォームアップ風景(変わったトレーニングです)。

器具、ゴムを使ったトレーニングから、ポール間の遠投、そして、マウンドに上がっての投球練習の1球目をステップしながら、思いっきり投げ込むところまで。

キャッチャーのモンテロは、下がって取ってます(^^)

↑Bauer’s warmup routine(2012/06/28)

投球内容はコチラの動画で。上のルーティンの動画とちょっとかぶってます。

ブライス・ハーパーに続いて、面白い素材がメジャーに上がりましたよ!!トレバー・バウアー、注目してください。

ダイヤモンドバックスは、ナ・リーグ西地区ですので、同じ地区のジャイアンツ、リンスカムとの投げ合いも楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク