スポンサーリンク

【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ

ルーキー・イヤーに156試合、OPS .757

 現地2023年1月17日、ミルウォーキー・ブルワーズがFA選手の獲得に動きました。

 マイアミ・マーリンズからノンテンダーFAとなっていたブライアン・アンダーソン(Brian Anderson)と合意です。

 現時点ではフィジカル・チェックの結果待ちで、契約詳細は後ほど。ブライアン・アンダーソンはルーキー・イヤーの2018年に156試合に出場し、打率.273、OBP .357、SLG .400、OPS .757をマークし、ROY投票で4位に入ったことのある選手。ちなみみ2018年のNL ROYはブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.が獲得していおります。

ブライアン・アンダーソンとは

 ブライアン・アンダーソンは1993年5月19日生まれの29才。シーズンが始まり、5月の誕生日が来ると、30才となります。

 アーカンソー大学から2014年のアマチュア・ドラフトでマーリンズの3巡目指名でプロ入り。なお、高卒時の2011年にはツインズからドラフト20巡目で指名されておりました。

2017年のフューチャー・ゲームのメンバー

 2016年にダブルAまで昇格したブライアン・アンダーソンは、2017年のフューチャー・ゲームにチームUSAの一員として選出。チームメイトにはリース・ホスキンス、ボー・ビシェットなど現在のMLBの中心選手ばかりが名を連ねました。ちなみに対戦相手のチームWORLDには、ラファエル・デバース、ヨルダン・アルバレス、ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.、ロナルド・アクーニャ・Jr.、エロイ・ヒメネスなどが名を連ねました。

 なお、ゲームは7-6でチームUSAが勝ったのですが、最終回の守備でブライアン・アンダーソンは1Bへ送球が逸れてしまい、サヨナラのランナーを出すところでしたが、1Bのライアン・マクマホンが落ち着いてバッターランナーのマウリシオ・デュボンにタッチし、ゲームエンド。事なきを得ました。

【MLB.com】2017 Future Game (FULL 2時間25分)

メジャー・デビュー(2017)

ブライアン・アンダーソンはは2017年9月1日にメジャー・デビュー。セプテンバー・コールアップですね。この年は25試合のみの出場で、84 AB で22安打を放っています。ルーキー・ステータスは130 AB未満ですので、ルーキー資格を有したままシーズン終了となりました。

 そして上述した通り、2018年のROY4位に入る活躍を見せ、これからの活躍が大いに期待されました。

 2019年は怪我で8月にシーズンが終了したものの、126試合で、20 HR、66 RBI、OPS .811 をマーク。非常に生産性の高いシーズンを過ごしたのでした。

 短縮シーズンとなった2020年は11HRをマーク。もしもフル・シーズンならかなりすごいHR数をマークしていたかもしれません。2020年9月18日のナショナルズとのダブルヘッダーのGame2では、1試合3HRをマークしています。

怪我で直近2年は振るわず

 ブライアン・アンダーソンは2021年5月後半に左肩亜脱臼による手術で、1ヶ月以上離脱。また9月にはダイビング・ストップを試みてまたもや左肩を傷めて離脱。2021年は67試合のみの出場で、打率.249と苦しみました。

 2022年は死球で小指を骨折するなどまたしても怪我に泣かされ、98試合の出場で、打率.222、OBP .311、SLG .346とキャリア最低の数字に。

 主に怪我が原因ではあるものの、直近2年の数字が悪いことから、マーリンズは2022年秋にノンテンダーを出し、このオフFAとなっていたのでした。

ブルワーズでOFか

 マーリンズでは3BとRFの2つのポジションをほぼ均等に守っていたブライアン・アンダーソン。

 ブルワーズはおそらくOFとして彼を起用すると思われます。ルイス ・ ウリアスは2Bと3Bの双方で候補ですが、おそらく3Bに落ち着くと思われます。2Bにはトレードで獲得したエイブラハム・トロほか、ヒウラ、ブロソーなどの面々も。 

 OFはLFにクリスチャン・イェリッチ、CFにギャレット ・ ミッチェルあるいはタイロン ・ テイラーという布陣だったので、このままブライアン・アンダーソンがRFに起用される可能性が高いです。

 怪我がなければ、相当な活躍をする選手です。

 2023年にルーキー時代の活躍を見せてくれればと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました