スポンサーリンク

【MLB2024】マイアミのエドワード・カブレラがショルダー・イシューを発症

開幕ILは濃厚

 現地2024年3月11日、マイアミ・マーリンズのローテーション右腕のエドワード・カブレラ(Edward Cabrera)が右肩を負傷。開幕ILがかなり濃厚といった状況となりました。現地2024年3月28日の開幕まで残り2週間強となった段階での発症。マイアミにとっては緊急事態となりました。

MRIの結果、インピンジメント症候群

 エドワード・カブレラは、現地2024年3月10日のグレープフルーツ・リーグのカージナルス戦に登板。しかし、投球練習をしたところで右肩に張りを訴えてそのまま退場。怪我であることは明白でした。翌日に通院しMRIを撮影。その診断が出たのは12日のことで、結果は右肩インピンジメント症候群と診断されました。

 インピンジメント症候群とは、投球動作に不可欠な肩の回旋運動ができない状態のことで、肩を上げていくときに痛みや引っかかりを感じ、一定角度以上にに挙上できなくなる症状の総称。

S・マクラナハンもかつて発症

 このインピンジメント症候群は「肩痛」と言えば、ローテーターカフか、このインピンジメント症候群かというくらいに投手にとって頻繁に直面する怪我でもあります。

 現在、トミー・ジョン手術のリハビリ中のレイズのシェーン・マクラナハンも2022年にこの症状を発症。シェーン・マクラナハンは9月までに12勝8敗をマークしましたが、このインピンジメント症候群により2週間離脱。もし、それがなければ2022年もサイ・ヤング賞候補に名を連ねていたたであろうと言われています。

 そしてシェーン・マクラナハンが離脱したのは2022年9月1日から9月14日までのちょうど2週間。その後は、10月1日の最終登板まで5試合に登板し、いずれも5.0イニングを投げきっています。

 症状には個人差がありますが、肩のひっかかりが解消してドクターからOKが出るようなら、場合によっては開幕シリーズに間に合うかもしれません。

 ただし、少し期間を置けば治まる症状なら、ここで無理をする必要はなく、むしろ不安を解消してから復帰する方が将来的にも良いでは?とも思います。 

 エドワード・カブレラは引き続き、慎重に症状を見ていくことになっています。

エドワード・カブレラとは、

 エドワード・カブレラは、1998年4月13日生まれで2024年の開幕後に26才となります。ドミニカ共和国の出身で、2015年7月にアマチュアFAとしてマイアミ・マーリンズとサイン。デビューは2021年で23才のシーズンでした。

 2022年に14試合に登板し、71.2 IPで6勝4敗、ERA3.01をマーク。2023年は22試合中、20試合に先発し、99.2 イニングで7勝7敗、ERA 4.24をマーク。

BBが多い

 非常に強いボールを投げるエドワード・カブレラですが、問題はコントロール。キャリアを通じたBB9は5.4で2023年は6.0。先発とは言え、ちょっとBBの数が多いのです。

マイアミのローテーション

 エドワード・カブレラが抜ける可能性の高いマイアミですが、現時点でエースのサンディー・アルカンタラがトミー・ジョン手術のリハビリで離脱中。さらに、左腕のブラクストン・ギャレットもこのスプリング・トレーニングで左肩を傷めており、彼も開幕は微妙です。

 よって、ヘスス・ロザルドがローテーションの軸となり、左腕のトレバー・ロジャース、20才のエウリー・ペレスがそれに続きそう。さらにA.J.パックもローテーションに入らざるを得なくなる見込みで、後は左腕のライアン・ウェザーズがローテーションの最後の枠を勝ち取れるかどうかというところです。

 エドワード・カブレラはまずは肩をしっかり治してもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました