スポンサーリンク

【移籍For2019】プロファーがアスレチックスへ。TEX-OAK-TBRで三角トレード成立

TEX-OAK-TBRの三角トレード

現地2018年12月21日、レンジャーズ、アスレチックス、レイズ間で三角トレードが成立しております。

トレード詳細

ジュリクソン・プロファーのアスレチックスへの移籍とともに4人のマイナー・リーガーが動きます。

アスレチックスGet

  • ジュリクソン・プロファー(from レンジャーズ)

レンジャーズGet

  • ブロック・バーク LHP (from レイズ)
  • カイル・バード LHP (from レイズ)
  • ヨエル・エスピナル RHP (from レイズ)ダブルA
  • イーライ・ホワイト INF (from アスレチックス)
  • 75万ドル分の枠のインターナショナル・スロット・プール(from アスレチックス)

レイズGet

  • エミリオ・パガン RHP (from アスレチックス)
  • ローリー・レイシー RHP (fromレンジャーズ)
  • 全体38位のドラフト指名権 Round A Comp. Balance Pick (fromアスレチックス)

背景とそれぞれのメリット

アスレチックス

まず、アスレチックスはFAのジェド・ラウリーの穴を埋める必要があったため、ジュリクソン・プロファーの獲得に踏み切りました。プロファーはアスレチックスでは2Bで出場します。

レンジャーズ

レンジャーズは当初、プロファーを引退したエイドリアン・ベルトレの穴を埋めるべく3Bで使うつもりでおりましたが、プロスペクトの内野手の獲得やドラフト指名権などの条件を得て、手放すことに。

レイズ

レイズからアスレチックスへという取引はありませんが、レイズはアスレチックスがプロファーを獲得できるようにレンジャーズへプロスペクトを送って間接的にアシストしたような形となっています。プロスペクトを出したので、アスレチックスからはドラフト指名権をもらう。

3者はそのような位置づけで動いております。

プロファーが成長するかどうか

2019年2月に26才になるジュリクソン・プロファーはオランダ領キュラソー島出身。WBCでもオランダ代表として活躍しました。

ジュリクソン・プロファーと言えば、デビュー時はファンを大いに魅了してくれましたね。とんでもないプロスペクトがいると。

2012年、19才でデビュー。この年は9試合のみの出場で、17打数3安打、1HR。

度重なるケガ

2013年から本格的な活躍が期待されましたが、83試合に出場にとどまり、打率.234、HR6。

デビュー時はそれこそHRが20本前後打てて、とにかく二塁打の多いアベレージヒッターかとなるぞと期待していたのですが、伸びませんでしたね。メジャー通算5年で打率.240、HRは32本。

2014年と2015年は肩の故障があり、MLBのゲームには出場できておらず。これから伸びるぞという時の欠場でしたので、ちょっと痛かったです。

2018年はキャリアハイ

しかし、2018年は146試合に出場し、打率.254、HR20本とキャリア・ハイの成績を残しています。

ラウリーの穴を埋められるか

ここ2年で連続して150試合以上に出場し、2年トータルでHRが37本(14本/23本)、168打点を記録しているジェド・ラウリー(Jed Lowrie)と比べるとプロファーはたくましさに欠けると言わざるを得ないです。

故障次第のところがあるのですが、プロファーはここで一皮むけるかどうかで30才以降のキャリアが変わってきそうです。いいチャンスなので、伸びていってもらいたい。

選手プロフィール

【OAK】ジュリクソン・プロファー

プロファーは上述の通りです。アスレチックスで羽ばたいてもらいたいです。

【TEX】ブロック・バーク

ブロック・バーグ(Brock Burke )は2019年8月で23才となるスターター・レフティー。2014年のドラフトでレイズから3巡目指名を受けプロ入り。2018年はダブルAまで上がっております。

【TEX】カイル・バード

カイル・バード(Kyle Bird )は左腕のリリーフピッチャー。2014ドラフトの35巡目。2019 年4月で26才になります。未デビューの投手で2018年はトリプルAで投げておりました。チェンジアップが得意そうな投げ方です。

【TEX】ヨエル・エスピナル

ヨエル・エスピナル(Yoel Espinal )は11月に26才になったばかりの右腕。ドミニカ共和国出身で2018年はダブルAで登板が多かった投手。

【TEX】イーライ・ホワイト

イーライ・ホワイト(Eli White)は右投げ右打ちの内野手。6月で25才になります。2016年アマチュア・ドラフト11巡目でアスレチックスが指名。2018年はダブルAでプレー。細いので小さい選手に見えますが、188cmあります。

【TBR】エミリオ・パガン

エミリオ・パガン(Emilio Pagan)は5月で28才になるリリーバー右腕。2017年5月にマリナーズでデビュー済み。2017年11月にアスレチックスにトレード。2年間で89試合、112.1イニング、5勝4敗、ERA 3.85。

いい投手です。オープナーのレイズにうってつけ。

【TBR】ローリー・レイシー

ローリー・レイシー(Rollie Lacy)は7月で24才になる右腕。2017年アマチュア・ドラフトでカブスから11巡目指名を受けプロ入り。2018年はシングルAプラスで投げています。2018年途中にコール・ハメルズのトレードに巻きまれてレンジャーズ傘下へ。今季、マイナーでコンバインド・ノーヒッターをやっています。レイズが好きそうなタイプです。

思うのは、とにかくプロファーがもう一皮向けて欲しいということとケガには注意してくださいということですかね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました