スポンサーリンク

【MLB移籍2021】パドレス、3チームトレードでパイレーツからジョー・マスグローブを獲得

パドレス、メッツ&パイレーツ間で

 現地2021年1月18日、パドレスがまたしても動きましたね。パイレーツとメッツが絡む3チームトレードでパイレーツのエースを獲得しました。

 このトレードの後、メッツのGMの疑惑が噴出。大きな騒ぎとなったというのはまた別のお話です。

トレード概要

 このトレードによって動く選手達の詳細です。

パドレスGet

  • 【FROM パイレーツ】
    • ジョー・マスグローブ(Joe Musgrove /28才)RHP 

メッツGet

  • 【FROM パドレス】

パイレーツGet

  • 【FROM パドレス】
    • ハドソン・ヘッド(Hudson Head/19才)OF/左投げ左打ち
    • デービッド・べドナー(David Bednar/26才) RHP
    • オマール・クルーズ(Omar Cruz/21才)LHP
    • ドレイク・フェローズ(Drake Fellows/ 23才)RHP
  • 【FROM メッツ】
    • エンディー・ロドリゲス(Endy Rodriguez/20才)OF/右投げスイッチ

 ご覧のように計7名が動くブロックバスター・トレードとなりました。

パイレーツ、大丈夫か?

 このトレードで真っ先に気になったのがパイレーツのローテーション。2020シーズンは19勝41敗と壊滅的な成績で、2年連続でナ・リーグ中地区最下位に沈みました。

 そのパイレーツがエース級のジョー・マスグローブを放出しては、2021シーズンを戦えるのだろうか?といささか心配になったからです。一応、2018シーズンは4位に位置づけ、82勝79敗と勝率も.500を上回りましたが、それ以降は上がる気配が見えないのです。

 GMには元レッドソックスGMのベン・チェリントンがいるのでなんとかするのでしょうが、それにしてもすでに打者ではジョシュ・ベルも出していますし、戦力ダウンが甚だしいです。

パイレーツのローテーション

 ジョー・マスグローブが移籍した後、残っているローテーション候補は以下の投手達です。

  • チャド・クール:11試合登板(2020)
  • コディー・ポンス:5試合登板(2020)
  • J.T. ブルベイカー:11試合登板(2020)
  • ジェイムソン・タイヨン:2020は登板なし
  • ミッチ・ケラー: 5試合登板(2020)
  • スティーブン・ブロルト: LHP 11試合登板(2020) ※国歌斉唱で歌うほど歌はうまい。

 先発候補の人数はまあまあなので、1年間、ローテーションは回せるのでしょうが、まさかジョー・マスグローブをトレードにとは考えられませんでした。

選手の紹介

 では簡単に選手のプロフィールを記載させていただきます。

【パドレス】ジョー・マスグローブ

 ジョー・マスグローブは1992年12月4日生まれの28才。右腕です。2011年アマチュア・ドラフトでブルージェイズから1巡目指名(全体46位)を受けてプロ入り。

 2012年7月のトレードデッドラインで、アストロズに移籍。

 デビューは2016年8月で23才の時です。

 さらに2018年1月にアストロズがゲリット・コールを獲得したトレードでパイレーツに移籍しました。

 メジャー4シーズンで29勝38敗、ERA 4.33。2020年の成績は8試合先発で、1勝5敗、ERA3.86。

 【メッツ】ジョーイ・ルケイシー

 ジョーイ・ルケイシーは1993年6月6日生まれの27才。2016年アマチュア・ドラフトのパドレス4巡目指名で、プロ入り。

 デビューは2018年。26試合に先発し、8勝9敗、ERA 4.08。2年めの2019年は30試合に先発し、10勝10敗、ERA4.18。

 2020年は3試合に登板。0勝1敗、ERA7.94。

【パイレーツ】ハドソン・ヘッド

 ハドソン・ヘッドは2001年4月8日生まれの19才。2019アマチュア・ドラフトでパドレスから3巡目指名を受け、プロ入り。左投げ左打ちのOFで、パドレス内プロスペクトランク7位の選手です。

【パイレーツ】デービッド・べドナー

 デービッド・べドナーは26才の右腕。2016年アマチュアドラフトで、パドレスから35巡目指名を受け、プロ入り。すでにデビュー済みで、2019年に13試合に登板。2020年は4試合に登板。いずれにリリーフです。パドレス内プロスペクトランク20位。

【パイレーツ】オマール・クルーズ

 オマール・クルーズは1999年1月26日生まれの21才。まもなく22才になります。メキシコ出身の左腕投手で、パドレス内プロスペクト・ランク17位。

【パイレーツ】ドレイク・フェローズ

 ドレイク・フェローズは1998年3月6日生まれの22才の右腕。2019年アマチュア・ドラフトでパドレスから6巡目指名を受けプロ入り。パドレス内のランクでは30位以内には入っていません。

【パイレーツ】エンディー・ロドリゲス

 メッツから獲得したエンディー・ロドリゲスはドミニカ共和国出身の20才のOF。右投げスイッチ。メッツ内のプロスペクトランクにはまだ入っていませんでした。

パドレスのローテーション

 今回、パドレスがジョー・マスグローブを獲得したことで、2021年のパドレスのローテーションはご覧のメンバーに。

  • ダルビッシュ投手
  • ブレイク・スネル(L)
  • ディネルソン・ラメット
  • クリス・パダック
  • ジョー・マスグローブ
  • エイドリアン・モレホン(L)
  • ライアン・ウェザーズ
  • マイク・クレビンジャー(トミー・ジョン手術)

ラメットに不安があるのか?

 これはあくまでも筆者の推察です。事実ではありません。マスグローブ獲得前であってもプロスペクトを入れれば、すでにいいローテーションが完成していたにも関わらず、今回獲得に着手したのは、ディネルソン・ラメットの回復に疑問を持っているのではないか?と訝しんでしまいます。

 ラメットはUCL損傷につき、PRP治療中。回復の報道があまり出ないのも気になる要素です。

  なお、パドレスはまだ投手獲得に走る模様です。

マッケンジー・ゴアのスペースも

 そしてパドレス内NO.1プロスペクト、マッケンジー・ゴアがデビューするスペースもぜひとも作ってもらいたいですね。もう出るスキがないくらいに充実しているローテーションです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました