スポンサーリンク

【MLB2019】”フラストレイティッド”トレバー・バウアー、試合中に「いつもの」大遠投をやってしまう

超頭脳派もこんな日もあるさ

現地2019年7月28日、サンデー・デーゲームとなったインディアンス@ロイヤルズ戦。華氏89度(摂氏31度)の猛暑の中、行われました。

バウアーの謝罪動画

たまたま筆者が見たのが下記の動画。

何やらトレバー・バウアー(Trevor Bauer)がチームメイト、コーチングスタッフ、ファンに対して謝っています。そしてプロとして恥ずかしい、反省していますと言っているではないですか。

何事!?と思って事件を探って行ったらすぐに見つかりました。

怒りの大遠投

これか!という感じで見てしまいました。

謝罪会見の方ですが、バウアーは頭がいいので、マスコミのレンズを通して映る自分の姿が今後永遠に繰り返されるのがわかっていますから、謝罪の言葉は画面を見ている人をきちんと想定し、慎重にしかも全ての方面に配慮して行いました。

とくに誰もケガがなくてよかったということまで言及しているのはさすがでした。

怒りの表現が遠投とは!

筆者は大遠投の動画を見た時、たしかにけが人がでなくてよかったのが大前提ですが、「これを実行するとはなんとピッチャーらしい」とバウアーがますます好きになりました。

確かに感情に任せて衆目の前でやるのは「ガキ」以下。

ペナルティを課されるのではないか?と思います。バッターが三振を取られてバットをへし折るのと同じと言えば同じですが、人に当たるかどうか、しかもファンに当たるかもという点で厳しい処罰がくだされるかもしれません。

ただ、怒りの表し方が遠投!?というのがなんともピッチャーらしくて好きなのでした。「くそー、おらー」というのが聞こえてきそうです。そして、それが交代を告げにきたフランコーナ監督でなく自分自身に対するフラストレーションなのがよくわかりました。

なお、ボールの着地がどこであったのかは定かではありません。場外??

全てうまく行かずという日

この日はバウアーにとって全てうまく行かずという日でした。

まずは初回、カルロス・サンタナから3ランHRで3点をプレゼントしてもらったにもかかわらず、1失点。2塁打を2本打たれました。3回裏、ノーアウトからシングルと四球をきっかけにジェイク・バウアーズの大暴投などがあり2失点でゲームタイに。

味方が2点をリードして5−3で迎えた5回裏。シングル、ダブル、四球でノーアウト満塁でピッチャー前のボテボテの当たりをグラブトス失敗で5-4の1点差。

さらにチェスラー・カスバートにRF前シングルを浴び5−5のタイに。ババ・スターリンは三振に斬って取りようやく1アウト。しかしニッキー・ロペスに足元を抜かれCF前ヒットを浴び、5−7で逆転されてしまいます。運がよい日はバウアーのグラブに入っていたかもしれない当たりでしたし、余計に悔しかったのでしょう。

そして大遠投。

バウアーは4.1イニングで被安打9、自責点7、与四球4、奪三振6。

バウアーのルーティン

トレバー・バウアーはトレーニング・マニアでもあります。ゲーム前には数々のルーティンをこなしており、その中の一つが大遠投。英語ではLong tossと言っています。

下記はルーキーイヤーの2012年のシーンです。ゲーム前にもっとも長い距離を投げていた頃のものです。

7年が経過しており、おそらくルーティンも進化し、中身も変えているでしょう。遠投のシーンでもっともわかりやすい動画がこれでした。ファンの方の撮った動画だと横からのものがなく、遠投の距離感がわかりにくかったので、プロの撮影した横からのシーンが映った2012年のものを貼り付けました。

旧ブログでも貼っていたものです。

ちなみに下記はルーティンというよりトレーニング風景。やはりメニューが非常に興味深いです。興味深いと言っても自分がやる訳ではないですが、現役の人にはとても興味深いメニューだと思います。

頭脳派バウアーでもこのようにアツい闘争心をむき出しにする日もあるでしょう。

筆者は今日のバウアーを見て余計にファンになりました。

この暴挙で規律の厳しいヤンキースが諦めてくれればいいのですが、あとはインディアンスの懐勘定次第というところです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました