スポンサーリンク

【MLB2019】”フラストレイティッド”トレバー・バウアー、試合中に「いつもの」大遠投をやってしまう

超頭脳派もこんな日もあるさ

現地2019年7月28日、サンデー・デーゲームとなったインディアンス@ロイヤルズ戦。華氏89度(摂氏31度)の猛暑の中、行われました。

バウアーの謝罪動画

たまたま筆者が見たのが下記の動画。

何やらトレバー・バウアー(Trevor Bauer)がチームメイト、コーチングスタッフ、ファンに対して謝っています。そしてプロとして恥ずかしい、反省していますと言っているではないですか。

何事!?と思って事件を探って行ったらすぐに見つかりました。

怒りの大遠投

これか!という感じで見てしまいました。

謝罪会見の方ですが、バウアーは頭がいいので、マスコミのレンズを通して映る自分の姿が今後永遠に繰り返されるのがわかっていますから、謝罪の言葉は画面を見ている人をきちんと想定し、慎重にしかも全ての方面に配慮して行いました。

とくに誰もケガがなくてよかったということまで言及しているのはさすがでした。

怒りの表現が遠投とは!

筆者は大遠投の動画を見た時、たしかにけが人がでなくてよかったのが大前提ですが、「これを実行するとはなんとピッチャーらしい」とバウアーがますます好きになりました。

確かに感情に任せて衆目の前でやるのは「ガキ」以下。

ペナルティを課されるのではないか?と思います。バッターが三振を取られてバットをへし折るのと同じと言えば同じですが、人に当たるかどうか、しかもファンに当たるかもという点で厳しい処罰がくだされるかもしれません。

ただ、怒りの表し方が遠投!?というのがなんともピッチャーらしくて好きなのでした。「くそー、おらー」というのが聞こえてきそうです。そして、それが交代を告げにきたフランコーナ監督でなく自分自身に対するフラストレーションなのがよくわかりました。

なお、ボールの着地がどこであったのかは定かではありません。場外??

全てうまく行かずという日

この日はバウアーにとって全てうまく行かずという日でした。

まずは初回、カルロス・サンタナから3ランHRで3点をプレゼントしてもらったにもかかわらず、1失点。2塁打を2本打たれました。3回裏、ノーアウトからシングルと四球をきっかけにジェイク・バウアーズの大暴投などがあり2失点でゲームタイに。

味方が2点をリードして5−3で迎えた5回裏。シングル、ダブル、四球でノーアウト満塁でピッチャー前のボテボテの当たりをグラブトス失敗で5-4の1点差。

さらにチェスラー・カスバートにRF前シングルを浴び5−5のタイに。ババ・スターリンは三振に斬って取りようやく1アウト。しかしニッキー・ロペスに足元を抜かれCF前ヒットを浴び、5−7で逆転されてしまいます。運がよい日はバウアーのグラブに入っていたかもしれない当たりでしたし、余計に悔しかったのでしょう。

そして大遠投。

バウアーは4.1イニングで被安打9、自責点7、与四球4、奪三振6。

バウアーのルーティン

トレバー・バウアーはトレーニング・マニアでもあります。ゲーム前には数々のルーティンをこなしており、その中の一つが大遠投。英語ではLong tossと言っています。

下記はルーキーイヤーの2012年のシーンです。ゲーム前にもっとも長い距離を投げていた頃のものです。

7年が経過しており、おそらくルーティンも進化し、中身も変えているでしょう。遠投のシーンでもっともわかりやすい動画がこれでした。ファンの方の撮った動画だと横からのものがなく、遠投の距離感がわかりにくかったので、プロの撮影した横からのシーンが映った2012年のものを貼り付けました。

旧ブログでも貼っていたものです。

ちなみに下記はルーティンというよりトレーニング風景。やはりメニューが非常に興味深いです。興味深いと言っても自分がやる訳ではないですが、現役の人にはとても興味深いメニューだと思います。

頭脳派バウアーでもこのようにアツい闘争心をむき出しにする日もあるでしょう。

筆者は今日のバウアーを見て余計にファンになりました。

この暴挙で規律の厳しいヤンキースが諦めてくれればいいのですが、あとはインディアンスの懐勘定次第というところです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました