スポンサーリンク

【MLB2022HOF】デービッド・オルティズが野球殿堂入り!ボンズ、クレメンスは退けられる

2022年野球殿堂(HOF: Hall of Fame)結果

 現地2022年1月25日、2022年のHall of Fame(HOF:野球殿堂)の投票が行われ、元レッドソックスのデービッド・オルティズが1度目の投票資格で見事に殿堂入りとなりました。

 2022年の投票で殿堂入りとなったのはデービッド・オルティズのみ。2021年は誰も殿堂入りとならなかったので、選ばれたのは2年ぶりということになります。

資格選手、投票方法

 野球殿堂の投票はBBWAA(全米野球記者協会)に所属する記者によって投票され、現役を10年以上重ね、引退後5年が経過した選手が対象。

 殿堂入りとなるには、

  • 得票率が75%以上を得た選手が晴れて殿堂入りとなる
  • この際、得票率5%未満だった選手はその年限りで殿堂入りの機会は無くなる
  • 得票率が5%から74%の間で、その年に選ばれなかった候補者は次年度の審査・選考に持ち越される。
  • 持ち越しは最大10年(2014年にルール改正。それまでは15年だった)。11年目からはリストに名前がなくなる。

 詳細は下記の記事をご覧ください。

投票結果

 投票結果はご覧の通りです。

Name 得票数得票率 %投票回数
デービッド・オルティズ(David Ortiz)30777.91
バリー・ボンズ(Barry Bonds)26066.010
ロジャー・クレメンス(Roger Clemens)25765.210
スコット・ローレン(Scott Rolen)24963.25
カート・シリング(Curt Schilling)23158.610
トッド・ヘルトン(Todd Helton)20552.04
ビリー・ワグナー(Billy Wagner)20151.07
アンドリュー・ジョーンズ(Andruw Jones)16341.15
ゲイリー・シェフィールド(Gary Sheffield)16040.68
アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)13534.31
ジェフ・ケント(Jeff Kent)12932.79
マニー・ラミレス(Manny Ramirez)11428.96
オマール・ビスケル(Omar Vizquel)9423.95
サミー・ソーサ(Sammy Sosa)7318.510
アンディー・ペティット(Andy Pettitte)4210.74
ジミー・ロリンズ(Jimmy Rollins)379.41
ボビー・アブレイユ(Bobby Abreu)348.63
マーク・バーリー(Mark Buehrle)235.82
トリイ・ハンター(Torii Hunter)215.32
ジョー・ネイサン(Joe Nathan)174.31
ティム・ハドソン(Tim Hudson)123.02
ティム・リンスカム(Tim Lincecum)92.31
ライアン・ハワード(Ryan Howard)82.01
マーク・テイシェイラ(Mark Teixeira)61.51
ジャスティン・モーノー(Justin Morneau)51.31
ジョナサン・パペルボン(Jonathan Papelbon)51.31
プリンス・フィルダー(Prince Fielder)20.51
A.J. ピアジンスキー(A.J. Pierzynski)20.51
カール・クロフォード(Carl Crawford)001
ジェイク・ピービー(Jake Peavy)001
2022 HOF Result

デービッド・オルティズのスタッツ

 殿堂入りとなったデービッド・オルティズが達成したスタッツや獲得したアウォードはこちら。

David Ortiz Stats | Baseball-Reference.com
Career: 541 HR (17th), .286 BA, 1768 RBI (23rd), DH/1B, HOF in 2022, 10xAllStar, RedSox/Twins 1997-2016, b:L/t:L, 3x RBI Leader, born in Dominican Republic. 197...
  • オールスター出場:10度 (2004-2008, 2010-2013, 2016)
  • 2004 ALCS MVP
  • 2013 World Series MVP
  • シルバースラッガー賞受賞:7度 (2004-2007, 2011, 2013 & 2016/DH)
  • AL OBP1位:1度 (2007)
  • AL SLG1位:1度 (2016)
  • AL OPS 1位:1度 (2016)
  • AL 二塁打数1位:1度 (2016)
  • AL TB1位:1度 (2006)
  • AL ホームラン1位:1度 (2006)
  • AL RBI 1位:3度 (2005, 2006, 2016)
  • AL BB1位:2度(2006 & 2007)
  • 20HR以上のシーズン: 15シーズン (2002-2016)
  • 30HR以上のシーズン: 10シーズン (2003-2007, 2010 & 2013-2016)
  • 40HR以上のシーズン: 3シーズン (2004-2006)
  • 50HR以上のシーズン: 1シーズン (2006)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 10シーズン (2003-2007, 2010, 2013-2016)
  • 100 Runs Scored 以上のシーズン: 3シーズン (2005-2007)
  • ワールドシリーズ制覇:3度( Boston Red Sox :2004, 2007 & 2013)
  • 通算安打数:2,472
  • 通算HR:541
  • 通算RBI :1,768
  • 通算 打率.286、OBP .380、SLG .552、OBP:.931
  • 通算rWAR: 55.3

 1997年にツインズでMLBのキャリアをスタートさせたデービッド・オルティズの成績がグンと伸びたのは2003年にレッドソックスに移籍してから。それ以降はほぼ毎年のようになんらかのアウォードやタイトルを受賞しており、キャリアの終焉に近づくほど凄みを増したところがあります。

 とは言え、ピークは2004年から2007年の4シーズンと言えるでしょう。4年連続でSS賞を受賞し、MVPもトップ4に入り続けました。

 そしてレッドソックスの2004、2007、2013年のワールドシリーズ制覇はデービッド・オルティズのキャリアのピークと重なっていたことは紛れもない事実ですね。

 殿堂入りおめでとうございます。

ボンズ、クレメンス、ソーサは殿堂入りならず

 今回の投票でもう1つの注目はバリー・ボンズとロジャー・クレメンスが10度目の最後の投票イヤーになったことです。

 薬物使用疑惑があったため、彼らはずっと退けられてきました。たぶん、このまま10度目でゴールインだろうなと思っていたのですが、今回も退けられる結果となりました。

 そして色々と物議をかもしているカート・シリングも殿堂入りを退けられました。

 彼らの殿堂入りは将来、ベテランズ委員会での審議されることになりそうです。

ティム・リンスカムも殿堂入りならず

 5%未満は次年度以降の資格対象者で無くなるのですが、ティム・リンスカム、ライアン・ハワードらがその対象となってしまいました。 

 リンスカムは太く短くというようなキャリアでしたが、メジャーリーグの人気に大きく貢献した投手でしたね。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました