スポンサーリンク

【MLB2022HOF】デービッド・オルティズが野球殿堂入り!ボンズ、クレメンスは退けられる

2022年野球殿堂(HOF: Hall of Fame)結果

 現地2022年1月25日、2022年のHall of Fame(HOF:野球殿堂)の投票が行われ、元レッドソックスのデービッド・オルティズが1度目の投票資格で見事に殿堂入りとなりました。

 2022年の投票で殿堂入りとなったのはデービッド・オルティズのみ。2021年は誰も殿堂入りとならなかったので、選ばれたのは2年ぶりということになります。

資格選手、投票方法

 野球殿堂の投票はBBWAA(全米野球記者協会)に所属する記者によって投票され、現役を10年以上重ね、引退後5年が経過した選手が対象。

 殿堂入りとなるには、

  • 得票率が75%以上を得た選手が晴れて殿堂入りとなる
  • この際、得票率5%未満だった選手はその年限りで殿堂入りの機会は無くなる
  • 得票率が5%から74%の間で、その年に選ばれなかった候補者は次年度の審査・選考に持ち越される。
  • 持ち越しは最大10年(2014年にルール改正。それまでは15年だった)。11年目からはリストに名前がなくなる。

 詳細は下記の記事をご覧ください。

投票結果

 投票結果はご覧の通りです。

Name 得票数得票率 %投票回数
デービッド・オルティズ(David Ortiz)30777.91
バリー・ボンズ(Barry Bonds)26066.010
ロジャー・クレメンス(Roger Clemens)25765.210
スコット・ローレン(Scott Rolen)24963.25
カート・シリング(Curt Schilling)23158.610
トッド・ヘルトン(Todd Helton)20552.04
ビリー・ワグナー(Billy Wagner)20151.07
アンドリュー・ジョーンズ(Andruw Jones)16341.15
ゲイリー・シェフィールド(Gary Sheffield)16040.68
アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)13534.31
ジェフ・ケント(Jeff Kent)12932.79
マニー・ラミレス(Manny Ramirez)11428.96
オマール・ビスケル(Omar Vizquel)9423.95
サミー・ソーサ(Sammy Sosa)7318.510
アンディー・ペティット(Andy Pettitte)4210.74
ジミー・ロリンズ(Jimmy Rollins)379.41
ボビー・アブレイユ(Bobby Abreu)348.63
マーク・バーリー(Mark Buehrle)235.82
トリイ・ハンター(Torii Hunter)215.32
ジョー・ネイサン(Joe Nathan)174.31
ティム・ハドソン(Tim Hudson)123.02
ティム・リンスカム(Tim Lincecum)92.31
ライアン・ハワード(Ryan Howard)82.01
マーク・テイシェイラ(Mark Teixeira)61.51
ジャスティン・モーノー(Justin Morneau)51.31
ジョナサン・パペルボン(Jonathan Papelbon)51.31
プリンス・フィルダー(Prince Fielder)20.51
A.J. ピアジンスキー(A.J. Pierzynski)20.51
カール・クロフォード(Carl Crawford)001
ジェイク・ピービー(Jake Peavy)001
2022 HOF Result

デービッド・オルティズのスタッツ

 殿堂入りとなったデービッド・オルティズが達成したスタッツや獲得したアウォードはこちら。

David Ortiz Stats | Baseball-Reference.com
Career: 541 HR (17th), .286 BA, 1768 RBI (23rd), DH/1B, HOF in 2022, 10xAllStar, RedSox/Twins 1997-2016, b:L/t:L, 3x RBI Leader, born in Dominican Republic. 197...
  • オールスター出場:10度 (2004-2008, 2010-2013, 2016)
  • 2004 ALCS MVP
  • 2013 World Series MVP
  • シルバースラッガー賞受賞:7度 (2004-2007, 2011, 2013 & 2016/DH)
  • AL OBP1位:1度 (2007)
  • AL SLG1位:1度 (2016)
  • AL OPS 1位:1度 (2016)
  • AL 二塁打数1位:1度 (2016)
  • AL TB1位:1度 (2006)
  • AL ホームラン1位:1度 (2006)
  • AL RBI 1位:3度 (2005, 2006, 2016)
  • AL BB1位:2度(2006 & 2007)
  • 20HR以上のシーズン: 15シーズン (2002-2016)
  • 30HR以上のシーズン: 10シーズン (2003-2007, 2010 & 2013-2016)
  • 40HR以上のシーズン: 3シーズン (2004-2006)
  • 50HR以上のシーズン: 1シーズン (2006)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 10シーズン (2003-2007, 2010, 2013-2016)
  • 100 Runs Scored 以上のシーズン: 3シーズン (2005-2007)
  • ワールドシリーズ制覇:3度( Boston Red Sox :2004, 2007 & 2013)
  • 通算安打数:2,472
  • 通算HR:541
  • 通算RBI :1,768
  • 通算 打率.286、OBP .380、SLG .552、OBP:.931
  • 通算rWAR: 55.3

 1997年にツインズでMLBのキャリアをスタートさせたデービッド・オルティズの成績がグンと伸びたのは2003年にレッドソックスに移籍してから。それ以降はほぼ毎年のようになんらかのアウォードやタイトルを受賞しており、キャリアの終焉に近づくほど凄みを増したところがあります。

 とは言え、ピークは2004年から2007年の4シーズンと言えるでしょう。4年連続でSS賞を受賞し、MVPもトップ4に入り続けました。

 そしてレッドソックスの2004、2007、2013年のワールドシリーズ制覇はデービッド・オルティズのキャリアのピークと重なっていたことは紛れもない事実ですね。

 殿堂入りおめでとうございます。

ボンズ、クレメンス、ソーサは殿堂入りならず

 今回の投票でもう1つの注目はバリー・ボンズとロジャー・クレメンスが10度目の最後の投票イヤーになったことです。

 薬物使用疑惑があったため、彼らはずっと退けられてきました。たぶん、このまま10度目でゴールインだろうなと思っていたのですが、今回も退けられる結果となりました。

 そして色々と物議をかもしているカート・シリングも殿堂入りを退けられました。

 彼らの殿堂入りは将来、ベテランズ委員会での審議されることになりそうです。

ティム・リンスカムも殿堂入りならず

 5%未満は次年度以降の資格対象者で無くなるのですが、ティム・リンスカム、ライアン・ハワードらがその対象となってしまいました。 

 リンスカムは太く短くというようなキャリアでしたが、メジャーリーグの人気に大きく貢献した投手でしたね。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました