スポンサーリンク

【MLB RIP】通算311勝、サイヤング賞3度受賞のトム・シーバーが亡くなる

レジェンドが75才でお亡くなりに

 訃報です。現地2020年9月3日、ホール・オブ・フェイマーで、通算311勝、サイヤング賞3度受賞のトム・シーバーがお亡くなりになりました。享年75才。

 トム・シーバーは数年来アルツハイマー型認知症を患っており、もはや社会的な活動を行えない状態でした。ご家族がそのことを公表したのは2019年3月のこと。2019シーズン、MLBファンから励ましのボードが球場で掲げられたりしたことがありました。それから約1年と5ヶ月後、COVID-19との合併症を患い、息を引き取りました。お亡くなりになったのは8月31日のことでした。

 非常に愛された選手で、観客にお辞儀をして感謝を表明するほどの人でした。

現役時代

 トム・シーバーがメジャーに在籍したのは1967年から1986年の20年間。時代的にもノーラン・ライアンとほぼ同じです。メジャーリーグの選手の知名度としても、ノーラン・ライアン同様に高い人でした。

プロ入り時の混乱

 カリフォルニアの出身で1966年1月のアマチュアドラフトでブレーブスから1巡目指名を受けたものの、ブレーブスが大学の規則を破ったとして契約は破談に。ブレーブスと同じ条件なら特別な抽選でピックできることに。1966年4月、複数が競合する中、メッツがアマチュアFAとしてサインしました。実はちょっと異常な状態でのプロのキャリアをスタートさせたのです。

数々のタイトルとAward

 プロ入り後、獲得した主なタイトルやAwardは以下の通りです。

  • 1967 NL ROY
  • オールスター出場: 12回 (1967-1973, 1975-1978 & 1981)
  • NL サイヤング賞:3度 (1969, 1973 & 1975)
  • NL ERA リーダー:3度 (1970, 1971 & 1973)
  • NL 最多勝:3度 (1969, 1975 & 1981)
  • NL 勝率1位 (1981)
  • NL 奪三振タイトル:5度 (1970, 1971, 1973, 1975 & 1976)
  • NL 完投数1位 (1973)
  • NL 奪三振1位:2度 (1977 & 1979)
  • 15 勝以上のシーズン: 14度 (1967-1973, 1975, 1977-1979, 1984 & 1985)
  • 20勝以上のシーズン: 5度 (1969, 1971, 1972, 1975 & 1977)
  • 25勝シーズン:1度 (1969)
  • 200 イニング登板: 16度 (1967-1979 & 1983-1985)
  • 200 奪三振以上のシーズン: 10度 (1968-1976 & 1978)
  • ワールドシリーズ優勝:1度(メッツ- 1969)
  • 野球殿堂入り: 1992年
  • 311勝205敗、ERA2.86 !!
  • 3640奪三振
  • 「41」番がメッツの永久欠番に:1988年

メッツのアイコニック

 1969年、メッツが初めてワールドシリーズを制した時のエースがトム・シーバー。よって、メッツにとってアイコニック(象徴的なもしくはメッツと言えばすぐ結びつく)な選手です。

沈み込むフォーム

 1970年代、80年代のメジャーリーグにおいてほとんどが重心の高い投手だった時代に、非常に珍しいタイプの沈み込むフォームで、日本の野球ファンからも好かれていました。

 蹴り足である右膝に土がつくというくらいに沈み込みました。このフォームは実に美しかったですね。

追記

 現地2020年9月3日、メッツのプレーヤーは国歌斉唱の際、トム・シーバーをトリビュートする形で右膝に土をつけて臨みました。

1978年に来日

 レッズ時代の1978年に日米野球で来日。なんと17試合もこなしました。成績はレッズの14勝2敗1分け。

 勇姿を見せていただき、ありがとうございましたと言いたいです。

 RIP

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました