スポンサーリンク

【MLB訃報2019】ビル・バックナーさんが69才の若さで亡くなる!伝説のトンネル以上のすごい打撃成績

レビー小体型認知症と戦い、永眠

現地2019年5月27日早朝、元レッドソックスの1塁手で、巧打者のビル・バックナーさんが家族に見守られ、息を引取しました。69才。

早すぎる死を迎えたビル・バックナーさんが抱えていた病気は、日本でも3大認知症の一つと言われているレビー小型認知症(レビーしょうたいがたにんちしょう)。

レビー小体とは神経細胞の中にあらわれるもので、アルファ-シヌクレインという特殊なたんぱく質からなり、これが増えると物忘れがひどくなり、さらに悪化すると震えや歩行障害も伴うという病気です。

外部リンク

ミラクルメッツを後押しした伝説のトンネル

ビル・バックナーさんと言えば、どうしても書かざるを得ないのですが、1986年ワールドシリーズのGame6の伝説のトンネル。

(以下、過去記事から引用)

レッドソックス3勝2敗で迎えた第6戦(シェー・スタジアム)、延長にもつれ10回表に2点を勝ち越し5‐3とし、68年ぶりワールドチャンプまであと一人となったレッドソックス。

しかし、2アウトから2連打、そしてタイムリーでまず1点で5−4に。

ムーキー・ウィルソンが粘る間にワイルドピッチで1点を追加し、5‐5の同点。

そして粘ったウィルソンが10球目に放った当たりは、バウンドの高いファーストゴロ。しかし、一塁手ビル・バックナーの手前でバウンドが変わり後逸。

大きく逸れたボール追う間に2塁走者が生還し、6‐5でメッツがサヨナラ勝ちをしたのでした。

続く第7戦も勝利したメッツが、ワールドシリーズチャンプとなったのでした。

レッドソックスファンにとっては「バンビーノの呪い」の力(4度目)を再認識せざるを得なかったゲームでした。

どうしてもこのたった1つのエラーがクローズアップされがちなのですが、バックナーさんは打者としてすごい人でした。

通算安打2,715本

ビル・バックナーは1949年12月生まれで、1968年のアマチュアドラフトでドジャースから2巡目で指名されてプロ入り。

メジャーデビューは翌年の1969年9月21日。

ドジャース(1969-76)、カブス (1977-84)、レッドソックス (1984-87, 1990), エンゼルス (1987-88)、 ロイヤルルズ(1988-89)でプレー。

キャリア通算の成績が打率.289、OBP .321、SLG .408、 2,715安打、174 HR。

1981にオールスターに出場。MVP投票のリストにも入りました (1974、 1978、 1980-82)。

Bill Buckner Stats | Baseball-Reference.com
Career: 174 HR, .289 BA, 1208 RBI, 1B/LF, AllStar, Cubs/Dodgers/... 1969-1990, b:L/t:L, 1x BA Leader, born in CA 1949, died 2019, Billy Buck

とにかく三振が少ない

キャリア通算の三振数が453個。打席数で10,037を数え、打数が9,397の選手の三振数です。

その少なさのたとえですが、1試合3三振を喫したことがないとのツイートも。イチロー選手でも22試合あるにもかかわらず!

さらに辛辣な例えが、ジョーイ・ギャロの2017年の成績との比較。

1万以上の打席数で453個しか三振がないバックナーに対し、ジョーイ・ギャロの2017年は1305打席で470個の三振。

誰もが思った「もし、バックナーの立場なら」

誇れるような打撃を残しても、たった一つの重大なエラーで何年もあらゆるところで大きな非難にさらされ続けたビル・バックナー。

厳しい言葉を浴びせる人もたくさんいたと思いますが、一方でこう思った人も多かったと思います。

「もし自分がバックナーの立場なら」

そういう思いやりのある人も大勢いたせいでしょうか。

1990年にレッドソックスに再び戻ってきたときはバックナーはファンからスタンディング・オベーションで迎えられました。

十字架を背負った彼をファンが暖かく出迎えたという点で、これはよいお話だと思います。

なお、レッドソックスは2008年にファーストピッチで彼を呼び、涙ながらの始球式となりました。

大選手なのに、厳しい数十年を過ごしたビル・バックナーさんに心から敬意を評すとともに、安からにお眠りいただきたいと思います。

最後は家族に見守られて永眠したというのはその情報を目にした我々も救われた思いがしました。

RIP

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました