スポンサーリンク

【MLBメモリアル】強かった90年代のブレーブス

現地2018年2月8日は特別に大きなニュースがありませんでした。

しかし、面白い動画がありましたので、ご紹介させていただきます。

今季からMLB tonightの解説に前ヤンキース監督のジョー・ジラルディ氏が加わったのですが、強かったブレーブスについて語っています。

ブレーブスは1991年から2005年にかけて15シーズン中、なんと14シーズンもナ・リーグ東地区のペナントを制しています。

そしてこの間にワールドシリーズに出場すること5度。

ただ意外にもこの間、ワールドシリーズ・チャンプとなったのは1995年のたった1度だけなんですね。もっと勝っているのかと思っていました。特に2002年からは2005年にかけては4年連続で地区シリーズで敗退しています。

しかし、1991年から1999年まではリーグ・チャンピオンシップ・シリーズまで残るか、ワールドシリーズまで行くかという成績ばかりで、異常な強さでしたね。

動画は一言でいうと、「まあ強かったね」という思い出話が中心で、周知の事実しか語っていないのですが、たとえば「マダックス、スモルツ、グラビンという後のサイ・ヤング賞投手がローテーションに3人もいたんだから、そりゃ強いよね。途中からはチッパーまで入ってきたんだから当然だよ」という内容。しかし、これはこれで結構盛り上がっています。

ちなみに1996年からは全盛期のアンドリュー・ジョーンズまでいたんですからね。強いです。

ブレーブスは前年(2017年)は過渡期ながらもなんとか3位をキープ。今年(2018年)のトップ・プロスペクトランキング100では8人もの選手が名を連ねている未来のチーム。ダンスビー・スワンソンも経験を積んでいます。強くなる前のたくましいゲーム展開が期待できるかもしれません。

ナ・リーグ東地区を盛り上げてくれそうですね。

2019年以降の話ですが、ひょっとしたら大物選手のFA流出が噂されるナッツと立場が入れ替わり、再びナ・リーグ東の王者になるかもしれません。期待したいですね。フィリーズにも頑張って欲しいです。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました