スポンサーリンク

【MLB引退2018】”愛され度NO.1”エイドリアン・ベルトレが引退を表明

現地2018年11月20日、テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(Adrian Beltre)が現役引退を表明しました。

通算21年。楽しいシーンをたくさん見せてくれて、「お疲れ様でした」と言いたいです。

2018年でレンジャーズとの契約が切れたことでその去就が注目されていましたが、残念ながら、40才を前に引退となりました。

ベルトレのキャリア

エイドリアン・ベルトレは1979年4月7日生まれ、ドミニカ共和国出身。メジャーデビューは1998年6月24日のANA(アナハイム・エンゼルス)戦。

あらためてエイドリアン・ベルトレのキャリアを見てみますと、やはりすごい数字が並びます。数字は2018年11月21日現在のものです。

キャリア概要

  • 通算安打: 3,166(現役1位、歴代16位)
  • 通算HR:477 (現役2位、歴代30位)
  • 通算打点: 1,707(現役2位、歴代24位)
  • オールスター 4度
  • シルバースラッガー賞 4度
  • ゴールドグラブ賞 5度(プラチナ・グラブ賞2度)
  • 2012 ウィルソン・ディフェンシブ・プレーヤー(3B)
  • WAR position player:  95.7 (現役2位、歴代 26 位)

現役で2位になっているのは、1位にプホルズがいるからです。安打数はイチロー選手の3,089を抜いて1位です。

通算スタッツ

Adrian Beltre Career Stats
Year Age Tm G AB R H 2B 3B HR RBI SB BA OBP OPS Awards
1998 19 LAD 77 195 18 42 9 0 7 22 3 .215 .278 .648
1999 20 LAD 152 538 84 148 27 5 15 67 18 .275 .352 .780
2000 21 LAD 138 510 71 148 30 2 20 85 12 .290 .360 .835
2001 22 LAD 126 475 59 126 22 4 13 60 13 .265 .310 .720
2002 23 LAD 159 587 70 151 26 5 21 75 7 .257 .303 .729
2003 24 LAD 158 559 50 134 30 2 23 80 2 .240 .290 .714
2004 25 LAD 156 598 104 200 32 0 48 121 7 .334 .388 1.017 MVP-2,SS
2005 26 SEA 156 603 69 154 36 1 19 87 3 .255 .303 .716
2006 27 SEA 156 620 88 166 39 4 25 89 11 .268 .328 .792
2007 28 SEA 149 595 87 164 41 2 26 99 14 .276 .319 .802 GG
2008 29 SEA 143 556 74 148 29 1 25 77 8 .266 .327 .784 GG
2009 30 SEA 111 449 54 119 27 0 8 44 13 .265 .304 .683
2010 31 BOS 154 589 84 189 49 2 28 102 2 .321 .365 .919 AS,MVP-9,SS
2011 32 TEX 124 487 82 144 33 0 32 105 1 .296 .331 .892 AS,MVP-15,GG,SS
2012 33 TEX 156 604 95 194 33 2 36 102 1 .321 .359 .921 AS,MVP-3,GG
2013 34 TEX 161 631 88 199 32 0 30 92 1 .315 .371 .880 MVP-7
2014 35 TEX 148 549 79 178 33 1 19 77 1 .324 .388 .879 AS,MVP-15,SS
2015 36 TEX 143 567 83 163 32 4 18 83 1 .287 .334 .788 MVP-7
2016 37 TEX 153 583 89 175 31 1 32 104 1 .300 .358 .879 MVP-7,GG
2017 38 TEX 94 340 47 106 22 1 17 71 1 .312 .383 .915
2018 39 TEX 119 433 49 118 23 1 15 65 1 .273 .328 .763
21 Y 21 Y 21 Y 2933 11068 1524 3166 636 38 477 1707 121 .286 .339 .819
162 162 162 162 611 84 175 35 2 26 94 7 .286 .339 .819
G AB R H 2B 3B HR RBI SB BA OBP OPS Awards
TEX TEX TEX 1098 4194 612 1277 239 10 199 699 8 .304 .357 .865
LAD LAD LAD 966 3462 456 949 176 18 147 510 62 .274 .332 .794
SEA SEA SEA 715 2823 372 751 172 8 103 396 49 .266 .317 .759
BOS BOS BOS 154 589 84 189 49 2 28 102 2 .321 .365 .919
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 11/21/2018.

愛された数々のシーン

フェリックスと

強打者で、好守備を誇るベルトレですが、やはり”Funny”なシーンも上げないわけにいきません。マリナーズのフェリックスとは1番の親友関係でもあり、ライバルでした。2人だからこそ出来る絶妙のやりとりは見ていて楽しかったです。

アンドラスと

そしてSSアンドラスとはもはやコンビ芸とも言える域でした。下の動画には他の選手との絡みもあります。

良い立ち位置

筆者はベルトレのお笑いシーンを見ながら、「これが会社内であったら、かなり絶妙なポジションだな」などと思いながら見ていました(笑)。

仕事が出来て支配するタイプは昨今ではもっとも嫌われるタイプのリーダーですが、仕事が出来て道化役にもなれるリーダーは「ある意味最強だな」などと思って見ていました。

ベルトレには後輩に対する「圧」がなく、常にいじられる立場を貫いていたように見えました。

仕事が出来たからなめられなかったのでしょうね(笑)。

社内での人間関係とMLBについてはまた追って記事にしたいと思います。

膝をつくフォロー

ベルトレと言えば、膝をつくこのポーズが有名です。

当初は「またこんなことして、大げさな」と思っていたのですが、実は結構、理にかなっているようなのです。

重心を下げる

昨今のMLBはスイングの時というか、インパクの直後、前足(右打者なら左足)の膝を少し折るのが流行っているようです。なぜそれをやっているかというと、後ろの軸足が腰の捻りととともに前に行ってしまうと、インパクトの力が弱まる、差し込まれるなどの難点がある。しかし、前側の膝を少し曲げてスイングのあと重心を下げるような形にすれば、後ろの軸足が動かず、地面をしっかり掴んで、強いインパクトを実現する、そういう理屈だそうです。

さすがに、ベルトレのように膝をつける必要はありませんが、結構そういう動きの選手が多いので注意深く見ると面白いかもしれません。

セイバーメトリクスの弊害

昨今のセイバーメトリクスは、選手の実力を花開かせる機会を与えている点では素晴らしく、くすぶっていた選手が蘇生する様は見ていてとても共感できる点がたくさんあるのですが、そもそもは年俸を抑えるためのものであるのも事実です。

セイバーメトリクス重視により、ベルトレのような40才前後の魅力あるベテランがグランドから姿を消して行っているという事実もある面では正当な見方ではないかと思います。選手の年俸高騰がそもそも悪いというのももちろん正解なのですが、セイバーメトリクスの意外な面も知っておく必要があるのではないかと思いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク