スポンサーリンク

【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露

2022 野球殿堂のセレモニー

 現地2022年7月24日、ニューヨーク州のクーパーズタウンで野球殿堂入りのセレモニーが行われました。

 野球殿堂入りを祝福されたのは元レッドソックスのデービッド・オルティズ。オルティズは去る2022年1月25日に行われた2022年のHall of Fame(HOF:野球殿堂)の投票で1度目の投票資格で見事に殿堂入りとなり、今回はそのセレモニーです。毎年、1月に投票、そして7月にこのようにセレモニーが行われます。

オルティズはDHで初めて1度目の投票で殿堂入り!

 デービッド・オルティスは、DH(指名打者)として1度目の投票で殿堂入りを果たした初の選手です。その点で非常にレアな殿堂入りでもあります。

 また、ドミニカ共和国出身としては、ペドロ・マルティネス、フアン・マリシャル、ウラディミール・ゲレロと並び4人目の殿堂入り選手です。

 ドミニカ共和国出身はもっと多いのかと思いきや、オルティズを含め4人なのですね。

フアン・マリシャルとは?

 ペドロ・マルチネス、ヴラディーミル・ゲレロはもうおなじみですね。筆者は幸運にもゲレロ父をアナハイムで見たことがあります。ゲーム前のキャッチボールが異次元の遠投でした(笑)。

 フアン・マリシャルは余り存じていない方も多いので簡単に書きますと、1960年から1975年まで活躍した右腕で、ジャイアンツで14シーズン、レッドソックスで1シーズン、ドジャースで1シーズンを過ごしました。誕生日は1937年10月20日。現時点で84才です。

 通算243勝、ERA 2.89、シーズン20勝を6度達成。1963年には25勝、1968年には26勝をマーク。オールスターに10度出場。1983年にHOF入りしております。

パワフルで感謝に満ちたスピーチを披露

 この日、お嬢さんのアレクサンドラが国歌を斉唱。

 スピーチの演壇に立つ前には「パピ!」のチャントが鳴り響きました。

 オルティズは、英語とスペイン語を交互に使い、ファンに対してパワフルで感謝に満ちた言葉を紡ぎました。

牧師様のような名言を連発

 以下、とても敬虔な言葉を紡ぎ続けたオルティズのスピーチの一部をご紹介します。ほぼ名言レベルです。

「(英語省略)今日ここにいる機会を与えられていること、この道を歩む喜びを与えてられたこと、そして願わくば皆が自分を信じるよう神に感謝したい」

 さらに、このようにも。

 「(英語省略)もし、私の話が皆さんに何かを思い出させるのであれば、あなたが誰かを信じるとき、あなたはその人の世界を変えることができるということを思い出させてくれるでしょう。あなたは彼らの未来を変えることができるのです。私を信じてくれた多くの人たちのようにね。」

 そして、次のような言葉も。

you have the whole planet, the whole nation watching you, and you want to deliver a positive message — especially the way life is going nowadays — so people understand that we need to stay together. We need to be more humble. We need to share more love because that’s what we need.

「地球全体、国民全体があなたを見ているのですから、ポジティブなメッセージを伝えたいと思うでしょう。特に今日のような日においては。私たちはもっと謙虚でなければならないし、もっと愛を分かち合う必要があるのです。なぜなら私達はそうすることが必要だから」

 これはダメ押し。

A lot of bad things are happening nowadays, we need to step up and make things different.

「悪いことがたくさん起こっている今、私たちは歩み寄って、物事を変えていかなければならないのです」。

 現役時代、冗談でバット・ボーイを威嚇したり、時にはベンチとブルペンをつなぐ電話をバットで破壊したことがあるオルティズの言葉です・・・。

銃撃で人生観が変わったか?

 現地2019年6月9日にデービッド・オルティズは故郷ドミニカ共和国で銃で撃たれ、病院に緊急搬送されるという事件が発生しました。3年前のことです。

 オルティズはかなり危なかったのです。死を目の前につきつけられて、オルティズの中で何かが変わったのでしょうか!?

 上記の言葉はややスピリチュアルな要素が入っている感もありますが、ただ「謙虚でいること、感謝すること」は人として間違いないところかと思いますし、普通に素晴らしい言葉でしたので記載しました。

【YOUTUBE】David Ortiz Gets Inducted Into Baseball Hall of Fame

オルティズの功績

 デービッド・オルティズは、最初の6シーズンはツインズに在籍。2002年のシーズン終了後にツインズから解雇されました。2003年に27歳でレッドソックスと契約。そして2004年にはレッドソックスの1918年以来のワールドシリーズ制覇に貢献。

 2004年のワールドシリーズ制覇に至るALCSはMLB史上に残る大逆転劇でした。ヤンキースに3連敗し、しかもGame3では19失点を喫した後からのカムバック。3連敗後に延長を2度制し、4連勝。オルティズのこの軌跡のALCSでMVPを獲得。レッドソックスはその勢いでワールドシリーズではカージナルスに4連勝して見事に呪いを打ち砕きました。

 オルティズは2004年のWS制覇を皮切りに、2007年、2013年と3度のワールドシリーズを制覇を敬虔。2013年にはワールドシリーズMVPに選出されました。レッドソックスではオールスターに10回出場し、シルバースラッガー賞は7回受賞。

 2007年には54HR。20シーズンで計541HRを放ち、RBIは1768。通算で打率.286、OBP .380、SLG .552、OPS .931をマーク。間違いなく、この時代のレッドソックスの最強打者でありました。

 また、フィールド外でもその気さくな正確からとても人気のある人物でもあります。

その他、今回のHOFにはバド・ファウラー、ギル・ホッジス、ジム・カーツ、ミニー・ミノーソ、トニー・オリバ、バック・オニールも選出されています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました