スポンサーリンク

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り

Award満載のレジェンド6名がHOFに

 現地2021年12月5日、ベテランズ委員会による野球殿堂の投票が行われ、ギル・ホッジス(Gil Hodges)、ジム・カート(Jim Kaat)、ミニー・ミノーソ(Minnie Minoso,)、トニー・オリバ(Tony Oliva)、バック・オニール(Buck O’Neil)、バド・ファウラー(Bud Fowler)の6名のHOF(Hall of Fame「野球殿堂」)入りが決定いたしました。

 おめでとうございます。

 こういったレジェンド達が築いた礎の上に、現役のプレーヤー達もあるわけで、今回のロックアウトのおかげでレジェンド達の名に敬意を表する気分になりました。調べると本当にすごい選手ばかり。

BBWAAの投票で漏れた選手を再考 

 今回の投票は、BBWAA(全米野球記者協会)が投票したのではなく、ベテランズ委員会(ERA Comitteeとも言います)が投票した結果です。

 BBWAAの投票の対象は、10年以上プレーし、引退してから5年以上経過した選手。そういった選手達を最大10年持ち越しで投票します。

 その中には当然漏れる選手がいる訳で、たとえば得票が5%未満だった選手や、10年の繰越期間を経過しても選ばれなかった選手、そして引退してから21年以上経過した選手達です。そういった選手のHOF入りを再審査するのがベテランズ委員会。

【ベテランズ員会投票】4つの年代区分

 そしてベテランズ委員会は4つの時代に区分して監督・コーチ・審判・功労者の投票を行います。4つの時代区分とは以下の通り。今回、HOF入りとなったレジェンドは、GOLDEN AGEとEARLY BASEBALLの区分です。

  1. TODAY’S GAME (1988 TO PRESENT)
    • 頻度は5年に2度
  2. MODERN BASEBALL (1970-1987)
    • 頻度は5年に2度
  3. GOLDEN DAYS (1950-1969)
    • 頻度は5年に1度
    • 2020年はコロナパンデミックで投票がキャンセル
    • 今回HOF入りとなった4名はこの年代:ギル・ホッジス、ジム・カート、ミニー・ミノーソ、トニー・オリバ
  4. EARLY BASEBALL (PRIOR TO 1950)
    • 頻度は10年に1度
    • 2020年はコロナパンデミックで投票がキャンセル
    • 今回HOF入りとなった2名はこの年代:バック・オニール、バド・ファウラー

 このように3と4は投票の頻度が非常に限られています。どうしてもHOF入りしたいと思っていてもあまりに長いので、もう諦めて忘れていた頃に突如の吉報という、そんなサイクルです。

 今回の6名のうちご存命なのは、ジム・カートとトニー・オリバのお二人のみ。ともに83才で、かつて1962-73でツインズでチームメイトでした。

選手紹介

ギル・ホッジス

 1943年から1963年までMLBでプレー。途中、1944年と1945年は兵役によりブランクがあります。ブルックリン・ドジャースとロサンゼルス・ドジャースで計16年、ニューヨーク・メッツで2年プレー。1B&OF、右投げ右打ち。オールスター8度、ワールドシリーズ制覇2度、ゴールドグラブ賞3度。1921安打、370 HR。

ジム・カート

 ツインズの左腕ですね。1959年から1983年まで通算25シーズン。ワシントン・セネターズでメジャー・デビューを果たし、最も長く在籍したのはツインズの15シーズン。その他、カージナルスで4シーズン、ホワイトソックスで3シーズン、ヤンキースで2シーズンを過ごしました。

 通算283勝237敗、ERAは3.45。奪三振は2,461。1965年に41スタートで25勝13敗、304.2イニングを投げています。

 オールスター3度、1982年ワールドシリーズ制覇(STL)、ゴールドグラブ賞受賞はなんと16!!!

ミニー・ミノーソ

 キューバ出身の3B、OF。1948年から1980年までプレー。途中、ブランクもあります。通算2110安打、195HR、216盗塁。オールスター13回、1947ワールドシリーズ制覇(ニューヨーク・キューバンズ=ナショナル・ニグロ・ローグII)、ゴールドグラブ賞3度受賞。

トニー・オリバ

 オリバもキューバ出身。右投げ左打ちのOF。ツインズで15シーズン。通算1917安打、HR 220、通段打率が.302。1962年にはシーズン217安打、打率.323をマーク。1964年のROY受賞者。オールスターは8度出場、ゴールドグラブ賞1度、バッティング・タイトルは3度受賞。

バック・オニール

 ニグロ・リーグの1Bで1937年から1948年までプレー。主にカンザスシティ・モナークスに所属。

バド・ファウラー

 1878年から1895年までプレー。まさにアーリー・ベースボールの時代の選手で、投手と1B、2Bを守っていたという選手。

 以上の6名は2022年7月24日に、BBWAAで選出される選手とともにセレモニーに参加します。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました