スポンサーリンク

【MLB HOF (野球殿堂)】2021年は、殿堂入りなしの結果に

レアな結果に

 現地2021年1月27日、2021年のHOF(Hall of Fame「野球殿堂」)の投票が行われました。殿堂入りなるか?と思われていたカート・シリングをはじめ、25名の候補者がいた訳ですが、今回は75%の得票率をクリアーした選手が表れず、殿堂入りは見送りとなりました。

 殿堂入りが出なかったのは1936年に投票が始まって以来、7回目のことで、前回は1960年まで遡ります。

 なお、候補者の資格、投票のルールなどはこちら。

投票結果

 投票結果はご覧の通り。

  1. カート・シリング(Curt Schilling): 285 (71.1%) — 9回目
  2. バリー・ボンズ(Barry Bonds): 248 (61.8%) –9回目
  3. ロジャー・クレメンス(Roger Clemens): 247 (61.6%) — 9回目
  4. スコット・ローレン(Scott Rolen): 212 (52.9%) — 4回目
  5. オマール・ビスケル(Omar Vizquel): 197 (46.4%) — 4回目
  6. ビリー・ワグナー(Billy Wagner): 186 (31.7%) — 6回目
  7. トッド・ヘルトン(Todd Helton): 180 (29.2%) — 3回目
  8. ゲイリー・シェフィールド(Gary Sheffield): 163 (40.6%) — 7回目
  9. アンドリュー・ジョーンズ(Andruw Jones): 136 (33.9%) — 4回目
  10. ジェフ・ケント(Jeff Kent): 130 (32.4%) — 8回目
  11. マニー・ラミレス(Manny Ramirez): 113 (28.2%) — 5回目
  12. サミー・ソーサ(Sammy Sosa): 68 (17.0%) — 9回目
  13. アンディー・ペティット(Andy Pettitte): 55 (13.7%) — 3回目
  14. マーク・バーリー( Mark Buehrle):44 (11.0%)— 1回目
  15. トリイ・ハンター(Torii Hunter): 38 (9.5%)— 1回目
  16. ボビー・アブレイユ(Bobby Abreu): 35 (8.7%) — 2回目
  17. ティム・ハドソン(Tim Hudson):21 (5.2%)— 1回目
  18. アラミス・ラミレス(Aramis Ramirez): 4 (1.0%)— 1回目
  19. ラトロイ・ホーキンス(LaTroy Hawkins):2 (0.5%)— 1回目
  20. バリー・ジト(Barry Zito):1(0.2%)— 1回目
  21. A.J. バーネット(A.J. Burnett):0 (0.0%)— 1回目
  22. シェーン・ビクトリーノ(Shane Victorino):0 (0.0%)— 1回目
  23. ダン・ヘイレン(Dan Haren):0 (0.0%)— 1回目
  24. マイケル・カダイアー(Michael Cuddyer):0 (0.0%)— 1回目
  25. ニック・スウィッシャー(Nick Swisher):0 (0.0%)— 1回目

17名が2022年へ持ち越し

 投票の結果、1位から17位までの選手は次年度へ繰越となりました。シリング、ボンズ、クレメンスは2022年の投票がラスト・イヤーとなります。

 また、18位以下の選手は得票率が5%以下なので、今回で投票は終了となります。HOF入りとはなりませんでしたが、10年間もプレー続けてきたことには敬意を表します。

シリング、10度目の投票を拒否

 9回目も叶わずとなったカート・シリングは投票後、「10度目の投票はリストからは削除して欲しい」という意思を文書にしたためて、公表しました。

 シリングの希望は元選手で構成されるベテランズ委員会で討議して欲しいというものでした。これまでの投票はBBWAAの記者による投票。

 どうしてベテランズ委員会に委ねたいかというと、以下です。

ベテランズ委員会とは

  • BBWAAの選考から漏れた選手の殿堂入りを審議する団体
  • 構成員は元選手など

 5%未満だった選手や、10年繰越期間を経過しても選ばれなかった選手、つまり現役を引退してから21年以上の選手はベテランズ委員会で再審査されるというルールがあるからです。

 なお、そのほかにもベテランズ委員会が検討の対象とするのは、以下。

  • 不適格リストに含まれなくて、10年以上プレーし、且つ現役引退から21年以上を経過した選手:投票は2年に1度
  • 10年以上務めて、引退から5年以上経過した監督・コーチ・審判:投票は2年に1度
  • 引退してから5年以上経過した発展貢献者:投票は4年に1度

 なお、カート・シリングはフィールドではアツすぎる選手でしたが、フィールド外では叩かれるケースが多いです。2015年にイスラム教徒を誤解させるようなツイートをしてみたり、トランスジェンダーに関する差別的な発言などがそれです。いずれも、記者たちが忌み嫌うキーワードの対象ばかり。これが75%をなかなか超えられない要因でもあります。 

ビスケルも今後は難しい

 なお、名手のほまれ高いオマール・ビスケルですが、2020年12月に元妻への暴力が発覚。これで勢いを失いました。2022年も資格者ですが、よほどのことがない限り、このまま地位を失いそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました