スポンサーリンク

【MLB HOF (野球殿堂)】2021年は、殿堂入りなしの結果に

レアな結果に

 現地2021年1月27日、2021年のHOF(Hall of Fame「野球殿堂」)の投票が行われました。殿堂入りなるか?と思われていたカート・シリングをはじめ、25名の候補者がいた訳ですが、今回は75%の得票率をクリアーした選手が表れず、殿堂入りは見送りとなりました。

 殿堂入りが出なかったのは1936年に投票が始まって以来、7回目のことで、前回は1960年まで遡ります。

 なお、候補者の資格、投票のルールなどはこちら。

投票結果

 投票結果はご覧の通り。

  1. カート・シリング(Curt Schilling): 285 (71.1%) — 9回目
  2. バリー・ボンズ(Barry Bonds): 248 (61.8%) –9回目
  3. ロジャー・クレメンス(Roger Clemens): 247 (61.6%) — 9回目
  4. スコット・ローレン(Scott Rolen): 212 (52.9%) — 4回目
  5. オマール・ビスケル(Omar Vizquel): 197 (46.4%) — 4回目
  6. ビリー・ワグナー(Billy Wagner): 186 (31.7%) — 6回目
  7. トッド・ヘルトン(Todd Helton): 180 (29.2%) — 3回目
  8. ゲイリー・シェフィールド(Gary Sheffield): 163 (40.6%) — 7回目
  9. アンドリュー・ジョーンズ(Andruw Jones): 136 (33.9%) — 4回目
  10. ジェフ・ケント(Jeff Kent): 130 (32.4%) — 8回目
  11. マニー・ラミレス(Manny Ramirez): 113 (28.2%) — 5回目
  12. サミー・ソーサ(Sammy Sosa): 68 (17.0%) — 9回目
  13. アンディー・ペティット(Andy Pettitte): 55 (13.7%) — 3回目
  14. マーク・バーリー( Mark Buehrle):44 (11.0%)— 1回目
  15. トリイ・ハンター(Torii Hunter): 38 (9.5%)— 1回目
  16. ボビー・アブレイユ(Bobby Abreu): 35 (8.7%) — 2回目
  17. ティム・ハドソン(Tim Hudson):21 (5.2%)— 1回目
  18. アラミス・ラミレス(Aramis Ramirez): 4 (1.0%)— 1回目
  19. ラトロイ・ホーキンス(LaTroy Hawkins):2 (0.5%)— 1回目
  20. バリー・ジト(Barry Zito):1(0.2%)— 1回目
  21. A.J. バーネット(A.J. Burnett):0 (0.0%)— 1回目
  22. シェーン・ビクトリーノ(Shane Victorino):0 (0.0%)— 1回目
  23. ダン・ヘイレン(Dan Haren):0 (0.0%)— 1回目
  24. マイケル・カダイアー(Michael Cuddyer):0 (0.0%)— 1回目
  25. ニック・スウィッシャー(Nick Swisher):0 (0.0%)— 1回目

17名が2022年へ持ち越し

 投票の結果、1位から17位までの選手は次年度へ繰越となりました。シリング、ボンズ、クレメンスは2022年の投票がラスト・イヤーとなります。

 また、18位以下の選手は得票率が5%以下なので、今回で投票は終了となります。HOF入りとはなりませんでしたが、10年間もプレー続けてきたことには敬意を表します。

シリング、10度目の投票を拒否

 9回目も叶わずとなったカート・シリングは投票後、「10度目の投票はリストからは削除して欲しい」という意思を文書にしたためて、公表しました。

 シリングの希望は元選手で構成されるベテランズ委員会で討議して欲しいというものでした。これまでの投票はBBWAAの記者による投票。

 どうしてベテランズ委員会に委ねたいかというと、以下です。

ベテランズ委員会とは

  • BBWAAの選考から漏れた選手の殿堂入りを審議する団体
  • 構成員は元選手など

 5%未満だった選手や、10年繰越期間を経過しても選ばれなかった選手、つまり現役を引退してから21年以上の選手はベテランズ委員会で再審査されるというルールがあるからです。

 なお、そのほかにもベテランズ委員会が検討の対象とするのは、以下。

  • 不適格リストに含まれなくて、10年以上プレーし、且つ現役引退から21年以上を経過した選手:投票は2年に1度
  • 10年以上務めて、引退から5年以上経過した監督・コーチ・審判:投票は2年に1度
  • 引退してから5年以上経過した発展貢献者:投票は4年に1度

 なお、カート・シリングはフィールドではアツすぎる選手でしたが、フィールド外では叩かれるケースが多いです。2015年にイスラム教徒を誤解させるようなツイートをしてみたり、トランスジェンダーに関する差別的な発言などがそれです。いずれも、記者たちが忌み嫌うキーワードの対象ばかり。これが75%をなかなか超えられない要因でもあります。 

ビスケルも今後は難しい

 なお、名手のほまれ高いオマール・ビスケルですが、2020年12月に元妻への暴力が発覚。これで勢いを失いました。2022年も資格者ですが、よほどのことがない限り、このまま地位を失いそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました