スポンサーリンク

【2018プレーヤーズ・チョイス】POYにJ.D.マルチネス、MOYにグランディーが選ばれる

2018 プレーヤーズ・チョイス・アウォードの発表

わりと楽しみにしていたのですが、現地2018年11月27日、MLB選手会による”Player Choice Award 2018”が発表されました。

プレーヤーズ・チョイス・アウォードとは?

MVP、サイ・ヤング賞、ルーキー・オブ・ザ・イヤーがBBWAA(全米野球記者協会)に所属する記者によって行われるに対し、現場の選手の投票によって決められるのがこのプレーヤーズ・チョイス・アウォードになります。

選手が選ぶことに価値あり

つまり選手が選ぶ新人王、サイヤング賞、MVP、カムバック賞。1992年から始まって徐々に受賞する賞が増えていき、2018年で27回め。

2018年は9月18日から19日かけて投票が行われました。よって記者が選ぶ上記の賞によって左右されるものではありません。

決定項目は、各リーグのアウトスタンディング・ルーキー, アウトスタンディング・プレーヤー、アウトスタンディング・ピッチャー、カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー。

そしてそしてリーグをまたいで、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを1人、マービン・ミラー・マン・オブ・イヤーを一人選びます。これはフィールドやコミュニティーにおいて、リーダーシップを発揮して他の選手をインスパイアーし、もっとも尊敬できる選手に与えられる賞です。

なお、妙な不正がおこならないように一応、監査会社のKPMGが入って公平性が保たれております。とは言え、現場の選手なので人情が入るのは致し方ないところです。

マービン・ミラーとは

マン・オブ・ザ・イヤーの頭についているマービン・ミラーとは、メジャー・リーグ選手会(MLBPA)の元会長のお名前。2012年に亡くなっています。

選手会には1966年から1982年まで在籍し、会長を務めました。時代的にかなり急進的なことをしたのはおわかりになると思います。上のTOPPSのカードはやや悪意がありますね。

FA導入、ストライキ決行

元々は自動車産業や鉄鋼産業の労組を経験していた人物です。よって、労組の親玉みたいな人ではあります。とは言え、アメリカは割り切っておりますから、元々はオーナー側が選手を使い捨てる風潮にありました。

それを現在の強い立場まで引き上げたのはこの人で、やはりすごい手腕であると言えるでしょう。

フリーエージェントの導入もこの人が会長の時で1976年のことです。1981年のストライキもそうです。さ派たか派(適当に漢字を当てはめて読んでいただけるとありがたいです)。

2018年の受賞者

受賞者は以下の選手たち。

プレーヤー・オブ・ザ・イヤー

J.D. マルチネス (BOS)

マン・オブ・ザ・イヤー

カーティス・グランダーソン (MIL)

【アメリカン・リーグ】

アウトスタンディング・プレーヤー: ムーキー・ベッツ (BOS)
アウトスタンディング・ピッチャー: ブレイク・スネル (TB)
アウトスタンディング・ルーキー:ミゲル・アンドゥハー (NYY)
カムバック・プレーヤー: マイケル・ブラントリー (CLE)

【ナショナル・リーグ】

アウトスタンディング・プレーヤー: クリスチャン・イェリッチ (MIL)
アウトスタンディング・ピッチャー: ジェイコブ・デグロム (NYM)
アウトスタンディング・ルーキー:ロナルド・アクーニャ・Jr. (ATL)
カムバック・プレーヤー: マット・ケンプ(LAD)

Congratulations!

今季の記者選出の各賞の過去記事です↓

過去のプレヤーズ・チョイス各賞の受賞者一覧はこちらです↓

MLB.com | The Official Site of Major League Baseball
Coverage includes audio and video clips, interviews, statistics, sched...

ファイナリストも

Statsは記者選出のAwardのところで書いておりますので、誰が残ったか、各賞のファイナリスだけ見ておきたいと思います。

Player of the Year:

ムーキー・ベッツ、J.D.マルチネス、クリスチャン・イェリッチ

Man of the Year:

カーティス・グランダーソン、ポール・ゴールドシュミット、マイク・トラウト

AL Outstanding Player: 

ムーキー・ベッツ、J.D.マルチネス、ホセ・ラミレス

NL Outstanding Player: 

ハビアー・バイエス、トレバー・ストーリー、クリスチャン・イェリッチ

AL Outstanding Pitcher:

クリス・セール、ブレイク・スネル、ジャスティン・バーランダー

NL Outstanding Pitcher:

ジェイコブ・デグロム、アーロン・ノラ、マックス・シャーザー

AL Outstanding Rookie: 

ミゲル・アンドゥハー、大谷翔平、グレイバー・トーレス

NL Outstanding Rookie: 

ロナルド・アクーニャ・Jr. 、ジャック・フラハーティ、フアン・ソト

AL Comeback Player:

マイケル・ブラントリー、デービッド・プライス、エドウィン・ジャクソン

NL Comeback Player:

クレイ・バックホルツ、マイルズ・マイコラス、マット・ケンプ

グランダーソンの活躍

最後に、マン・オブ・ザ・イヤーに輝いたグランダーソンの活躍の動画を。

大谷投手が選ばれず

ALのルーキーに関しては、記者は大谷選手に入れるだろうと予想してアンドゥハーに入れた選手が多かったのではないか?と推測します。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました