スポンサーリンク

【MLB2017】マイク・トラウトが6シーズン連続で25HRを達成!

MLB 記録と賞

マイク・トラウトが素晴らしい記録を達成

現地2017年8月19日、熾烈なワイルドカード・レースに参戦しているエンゼルスは、カムデン・ヤーズでオリオールズと対戦。

トラウトが2HR

オリオールズ先発はエース級のケビン・ゴーズマンだったのですが、マイク・トラウトはケビン・ゴーズマンから1回と3回に今季25号と26号の2本のHRを放ち、勝利に貢献。

チームは5−1で勝利し、この時点でワイルドカード2位のツインズと同率に並びました。エンゼルス、ここにきて調子が上がってきました! 

M・トラウトが達成した記録

今回、記録を達成したマイク・トラウトですが、どのような記録かといいますと、26才になる前に、6年連続で25HRを達成したのはMLB史上3人めという記録。

色々と修飾語が続くのですが、若いのに6年連続25HR以上の達成というのはすごいということになるかと思います。

残り2人はと言いますと、エディー・マシューズフランク・ロビンソン

エディー・マシューズとは?

エディー・マシューズは1952年から1968年まで活躍した左打ちの内野手で、ボストン・ブレーブス、ミルウォーキー・ブレーブス、アトランタ・ブレーブス、ヒューストン・アストロズ、デトロイト・タイガースで活躍したホール・オブ・フェイムに入っている人です。

1952年に20才でデビューして以来、1963年の31才のシーズンに23本のHRとなるまで、11シーズン連続で25HR以上を達成したすごい選手です。

25本→47本→40本→41本→37本→32本→31本→46本→39本→32本→29本という流れで、通算で512本のHRを放っています。

フランク・ロビンソンとは

フランク・ロビンソンは1956年から1976年までシンシナティ・レッズ、ボルチモア・オリオールズ、ロサンゼルス・ドジャース、カリフォルニア・エンゼルス、クリーブランド・インディアンスで活躍した外野手でこの選手もホール・オブ・フェイマー。

1956年、20才のときに、38HRを放って以来、1957年に29本(21才)、1958年に31本(22才)、1959年に36本(23才)、1960年に31本(24才)、1961年に37本(25才)、1962年に39本(26才)と7年連続で25HR以上を達成しています。通算HRは586本。

トラウトのスタッツ

そしてマイク・トラウトはご覧の輝かしい成績。

YearAgeGHRRBIBAAwards
20111940516.220
2012201393083.326AS,MVP-2,RoY-1,SS
2013211572797.323AS,MVP-2,SS
20142215736111.287AS,MVP-1,SS
2015231594190.299AS,MVP-2,SS
20162415929100.315AS,MVP-1,SS
201725772659.339AS
現地2017年8月19日時点

トラウトも20才からHRを量産し始めています。

2017年に関して悔やまれるのはは5月28日のゲームでヘッドスライディングの際、左手の親指を捻挫したこと。結局、手術しました。

7月に復帰するまでのこの怪我の期間がなければ今年は今頃ヤンキースのアーロン・ジャッジとHR王争いをしているかもしれません。

それを差し引いても26HRはさすがですね。40本狙えるでしょうか!?

注目です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました