スポンサーリンク

【MLB2019】レンジャーズのジョーイ・ギャロが達成したMLB史上初の珍しい記録とは?

MLB 記録と賞

HRしか狙っていないジョーイ・ギャロ

現地2019年4月4日、ア・リーグ西地区ではレンジャーズ@エンゼルスが対戦。

同地区で対戦回数も多いこのカードですが、珍しい記録が生まれました。

ジョーイ・ギャロのMLB史上初の記録とは?

レンジャーズはエンゼルス先発のマット・ハービーを相手に初回から強烈なパンチを浴びせました。

ランナーを2人置いて4番LFのジョーイ・ギャロが、初球の93マイルの4シームを叩き、先制の3ラン。

さらにロナルド・グズマンにも2ランHRが飛び出し、いきなり5点を上げる猛攻。もうゲームの趨勢を決めてしまったような初回の攻撃でした。

そのジョーイ・ギャロが放ったHRは今季2本目、キャリア通算90号。

実はこの90本目のHRが非常に珍しい記録を生みました。

なんとジョーイ・ギャロは、通算100本以上のヒットを放っている選手の中で、MLB史上唯一、シングルヒットの数よりもHRの数の方が多いとうレコードを達成したのでした。

ジョーイ・ギャロのキャリア・スタッツ

ジョーイ・ギャロのキャリア・スタッツを簡単にまとめるとこのような数字になります。

Joey Gallo Stats | Baseball-Reference.com
2020: 10 HR, .181 BA, 26 RBI,Career: 120 HR, .208 BA, 262 RBI, OF/1B/3B, AllStar, GG, Rangers 2015-2020, b:L/t:R, born in NV 1993, Joe Joe

【ギャロの通算スタッツ】現地2019年4月4日時点

通算225安打の内訳:

シングルHR2B3B
8490465

もうHRしか狙っていないのがこの数字にもよく現れています。

実は1993年生まれの選手の中でのHR数1位はリンドーア

ジョーイ・ギャロは2019年がMLB5年めの26才。

同じ1993年生まれの選手でトップのHR数を誇るのはギャロではなく、実はフランシスコ・リンドーア。今季は怪我の影響でまだゲームには出ておりませんが、キャリア通算98HRを放っています。

2位が90HRのジョーイ・ギャロ、3位が84HRのミゲル・サノ。

仕事の価値とは

まあ、フランシスコ・リンドーアの方が価値のある仕事をしているのは揺るぎない事実ですが、それでも「もうHRしか狙わない」と言わんばかりのこの成績は、ある意味とてもすがすがしい感じがします。

投手はやはり一発のあるバッターの方が怖いですから、武器であることは間違いないです。

データ利用が盛んなMLBでは、ギャロの弱点は十二分に研究されているはずですが、結果を出しているのは素晴らしいと思います。

頑なに自身の強みにこだわっているのがいいですね。

ゲームの方は11−4でレンジャーズが勝利しました。

トラウトにいいプレーが出ているのですが、後日好プレーの中でご紹介したいと思います。

2017年に41HRを放ったギャロのVTRです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】ゲームオーバー一転! 大谷選手が土壇場で逆転2 ランHR!
【MLB 移籍 2021】ドジャース、プホルズと筒香選手を獲得
【MLB 2021】大谷選手&イグレシアスが躍動も、ダルベックの逆転HRでレッドソックスが勝利
【MLB2021】”0 Walk & 58 K!” コービン・バーンズ、無四球期間中の奪三振記録を樹立
【MLB 2021】マリナーズのローガン・ギルバートとジャレッド・ケル二ックがデビューへ(追記あり)
【MLB 2021】投手&打者→RF!大谷選手、今季最高の投球
【MLB2021】レイズ、筒香選手をDFAに
【MLB】2021シーズン、開幕時の贅沢税上のサラリーの状況
【MLB契約2021】ブレーブス、シェーン・グリーンとサイン
【MLB 2021】”ドニー・スティーブンソン”と”ラット or ラクーン”騒動を経て、メッツが上昇機運の予感
【MLB 2021】レッズ、ウェイド・マイリーがノーヒットノーランを達成
【MLB 2021】エンゼルス、プホルズをDFAに(追記あり)
【死球明け】大谷選手、投手オンリーで6イニング1ヒッター
 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター
【MLB契約2021】ホワイトソックス、OFにブライアン・グッドウィンを補強。マイナー契約でサイン。
【MLB2021】「痛すぎる」!ドジャース、ダスティン・メイのトミー・ジョン手術で投手陣再構築へ
【MLB 2021】CWS、ルイス・ロバート、右股関節屈筋断裂で12-16週離脱へ
【MLB2021】好調、リース・ホスキンスにとって「勉強の日」
【MLB 2021】今度はカブス@レッズ戦でポストシーズン・ゲーム
【MLB2021】レッズのアミール・ギャレット、危うくまたベンチ直行(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました