スポンサーリンク

【MLB】ダルビッシュ投手、歴代最速で1500Kに到達!

ドジャース戦で11K

 現地2021年6月21日(月)、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が、ドジャース戦に登板。6回を被安打2、失点1、与四球1、7者連続を含む11奪三振で、シーズン7勝目、MLBキャリア通算78勝目を上げました。

 なお、ダルビッシュ投手はこの日の11奪三振で通算1500奪三振に到達。これだけでもすごいことですが、なんとMLBキャリア通算197試合での1500奪三振達成は、MLB歴代最速のベンチマークとなりました。

 Congratulations!

 それにしてもすごい記録です。

ダルビッシュ投手の1500K

 もうすでに話題となっているダルビッシュ投手の歴代最速の1500K到達の大金字塔ですが、もう少し詳細を見て行くと、以下の通りとなります。

 まず、ダルビッシュ投手は、MLB通算197試合目で1500奪三振に到達。MLB9シーズン目のことでです。ちなみに2015年のトミージョン手術後のリハビリイヤーはカウントに入れず。

ランディー・ジョンソンを抜く

 それまでの1500奪三振到達の歴代最速トップは、ランディー・ジョンソンの206試合でした。ダルビッシュ投手の今回の197試合目での到達はそれを9試合ほど早く更新したことになります。

 そして、現ヤンキースのゲリット・コールの212試合と続きます。

 なお、ランディー・ジョンソンは1995年7月20日のブルワーズ戦でそれを達成したのですが、その前の登板の7月15日のトロント戦では16Kをマークしています。

ノーラン・ライアンでさえ219試合目

 この記録のすごいところは、通算奪三振数NO.1のノーラン・ライアン(5,714K)よりも早く1500奪三振に到達していることです。ノーラン・ライアンの1500奪三振は、219試合目での達成。メジャー8シーズン目、1974年 8月25日のヤンキース戦でのことでした。

N・ライアンはリリーフでも登板

 なお、ノーラン・ライアンの場合は、時代が時代ですから、時にリリーフもこなしました。全てが先発登板だったなら、やはりもう少し早い記録になっていたかもしれません。

マックス・シャーザーでも229試合目

 そして現役投手の奪三振といえば、ジャスティン・バーランダーとマックス・シャーザーですが、マックス・シャーザーの場合、229試合目での達成でした。これはMLB通算8シーズン目の2015年8月4日のDバックス戦での達成です。

 錚々たる名前が並ぶ中で、すごいことをやってくれましたね。

ドジャース戦、7者連続三振

 さて、この日のドジャース戦ですが、ダルビッシュ投手は初回から気合全開という感じの投球を披露。初回、ムーキー・ベッツを3Bゴロ、2番のギャビン・ラックスに四球。圧巻はここからでした。ジャスティン・ターナー、ウィル・スミスを連続三振で乗り切った後、2回はマット・ビーティー、クリス・テイラー、ザック・マッキンストリーを3者連続三振。さらに3回に入り、8番、9番も2連続三振。これで7者連続三振を達成。

 その直後、ムーキー・ベッツの2巡目でHRを打たれ、1点を奪われましたが、失点はこの1点のみでした。 

 4回、5回は三者凡退。6回はエラーとシングルでピンチを迎えましたが、しっかりと後続を抑え、無失点。結局、上記の通り、6回2ヒッター、1失点、11奪三振で7勝目をマークしたのでした。

パドレス、初回に4得点

 また、この日は初回から打線も援護。ドジャース先発のフリオ・ウリアスが1アウトを奪う前にジェイク・クロネンワースのタイムリー2塁打、マニー・マチャードの3ランHRで4得点。

 パドレスはダルビッシュ投手の好投もあり、その後も流れをドジャースに渡しませんでした。

タティス・Jrが出場 

 なお、左肩を傷めていたフェルナンド・タティス・Jrですが、この日も2番SSでフル出場。3打数2安打を放っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました