スポンサーリンク

【MLB】ダルビッシュ投手、歴代最速で1500Kに到達!

ドジャース戦で11K

 現地2021年6月21日(月)、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が、ドジャース戦に登板。6回を被安打2、失点1、与四球1、7者連続を含む11奪三振で、シーズン7勝目、MLBキャリア通算78勝目を上げました。

 なお、ダルビッシュ投手はこの日の11奪三振で通算1500奪三振に到達。これだけでもすごいことですが、なんとMLBキャリア通算197試合での1500奪三振達成は、MLB歴代最速のベンチマークとなりました。

 Congratulations!

 それにしてもすごい記録です。

ダルビッシュ投手の1500K

 もうすでに話題となっているダルビッシュ投手の歴代最速の1500K到達の大金字塔ですが、もう少し詳細を見て行くと、以下の通りとなります。

 まず、ダルビッシュ投手は、MLB通算197試合目で1500奪三振に到達。MLB9シーズン目のことでです。ちなみに2015年のトミージョン手術後のリハビリイヤーはカウントに入れず。

ランディー・ジョンソンを抜く

 それまでの1500奪三振到達の歴代最速トップは、ランディー・ジョンソンの206試合でした。ダルビッシュ投手の今回の197試合目での到達はそれを9試合ほど早く更新したことになります。

 そして、現ヤンキースのゲリット・コールの212試合と続きます。

 なお、ランディー・ジョンソンは1995年7月20日のブルワーズ戦でそれを達成したのですが、その前の登板の7月15日のトロント戦では16Kをマークしています。

ノーラン・ライアンでさえ219試合目

 この記録のすごいところは、通算奪三振数NO.1のノーラン・ライアン(5,714K)よりも早く1500奪三振に到達していることです。ノーラン・ライアンの1500奪三振は、219試合目での達成。メジャー8シーズン目、1974年 8月25日のヤンキース戦でのことでした。

N・ライアンはリリーフでも登板

 なお、ノーラン・ライアンの場合は、時代が時代ですから、時にリリーフもこなしました。全てが先発登板だったなら、やはりもう少し早い記録になっていたかもしれません。

マックス・シャーザーでも229試合目

 そして現役投手の奪三振といえば、ジャスティン・バーランダーとマックス・シャーザーですが、マックス・シャーザーの場合、229試合目での達成でした。これはMLB通算8シーズン目の2015年8月4日のDバックス戦での達成です。

 錚々たる名前が並ぶ中で、すごいことをやってくれましたね。

ドジャース戦、7者連続三振

 さて、この日のドジャース戦ですが、ダルビッシュ投手は初回から気合全開という感じの投球を披露。初回、ムーキー・ベッツを3Bゴロ、2番のギャビン・ラックスに四球。圧巻はここからでした。ジャスティン・ターナー、ウィル・スミスを連続三振で乗り切った後、2回はマット・ビーティー、クリス・テイラー、ザック・マッキンストリーを3者連続三振。さらに3回に入り、8番、9番も2連続三振。これで7者連続三振を達成。

 その直後、ムーキー・ベッツの2巡目でHRを打たれ、1点を奪われましたが、失点はこの1点のみでした。 

 4回、5回は三者凡退。6回はエラーとシングルでピンチを迎えましたが、しっかりと後続を抑え、無失点。結局、上記の通り、6回2ヒッター、1失点、11奪三振で7勝目をマークしたのでした。

パドレス、初回に4得点

 また、この日は初回から打線も援護。ドジャース先発のフリオ・ウリアスが1アウトを奪う前にジェイク・クロネンワースのタイムリー2塁打、マニー・マチャードの3ランHRで4得点。

 パドレスはダルビッシュ投手の好投もあり、その後も流れをドジャースに渡しませんでした。

タティス・Jrが出場 

 なお、左肩を傷めていたフェルナンド・タティス・Jrですが、この日も2番SSでフル出場。3打数2安打を放っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ロナルド・アクーニャ・Jr.が右膝半月板に炎症を抱える!2023年にNL MVP、40HR/70 SBの快挙
【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
タイトルとURLをコピーしました