スポンサーリンク

【MLB】ダルビッシュ投手、歴代最速で1500Kに到達!

ドジャース戦で11K

 現地2021年6月21日(月)、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が、ドジャース戦に登板。6回を被安打2、失点1、与四球1、7者連続を含む11奪三振で、シーズン7勝目、MLBキャリア通算78勝目を上げました。

 なお、ダルビッシュ投手はこの日の11奪三振で通算1500奪三振に到達。これだけでもすごいことですが、なんとMLBキャリア通算197試合での1500奪三振達成は、MLB歴代最速のベンチマークとなりました。

 Congratulations!

 それにしてもすごい記録です。

ダルビッシュ投手の1500K

 もうすでに話題となっているダルビッシュ投手の歴代最速の1500K到達の大金字塔ですが、もう少し詳細を見て行くと、以下の通りとなります。

 まず、ダルビッシュ投手は、MLB通算197試合目で1500奪三振に到達。MLB9シーズン目のことでです。ちなみに2015年のトミージョン手術後のリハビリイヤーはカウントに入れず。

ランディー・ジョンソンを抜く

 それまでの1500奪三振到達の歴代最速トップは、ランディー・ジョンソンの206試合でした。ダルビッシュ投手の今回の197試合目での到達はそれを9試合ほど早く更新したことになります。

 そして、現ヤンキースのゲリット・コールの212試合と続きます。

 なお、ランディー・ジョンソンは1995年7月20日のブルワーズ戦でそれを達成したのですが、その前の登板の7月15日のトロント戦では16Kをマークしています。

ノーラン・ライアンでさえ219試合目

 この記録のすごいところは、通算奪三振数NO.1のノーラン・ライアン(5,714K)よりも早く1500奪三振に到達していることです。ノーラン・ライアンの1500奪三振は、219試合目での達成。メジャー8シーズン目、1974年 8月25日のヤンキース戦でのことでした。

N・ライアンはリリーフでも登板

 なお、ノーラン・ライアンの場合は、時代が時代ですから、時にリリーフもこなしました。全てが先発登板だったなら、やはりもう少し早い記録になっていたかもしれません。

マックス・シャーザーでも229試合目

 そして現役投手の奪三振といえば、ジャスティン・バーランダーとマックス・シャーザーですが、マックス・シャーザーの場合、229試合目での達成でした。これはMLB通算8シーズン目の2015年8月4日のDバックス戦での達成です。

 錚々たる名前が並ぶ中で、すごいことをやってくれましたね。

ドジャース戦、7者連続三振

 さて、この日のドジャース戦ですが、ダルビッシュ投手は初回から気合全開という感じの投球を披露。初回、ムーキー・ベッツを3Bゴロ、2番のギャビン・ラックスに四球。圧巻はここからでした。ジャスティン・ターナー、ウィル・スミスを連続三振で乗り切った後、2回はマット・ビーティー、クリス・テイラー、ザック・マッキンストリーを3者連続三振。さらに3回に入り、8番、9番も2連続三振。これで7者連続三振を達成。

 その直後、ムーキー・ベッツの2巡目でHRを打たれ、1点を奪われましたが、失点はこの1点のみでした。 

 4回、5回は三者凡退。6回はエラーとシングルでピンチを迎えましたが、しっかりと後続を抑え、無失点。結局、上記の通り、6回2ヒッター、1失点、11奪三振で7勝目をマークしたのでした。

パドレス、初回に4得点

 また、この日は初回から打線も援護。ドジャース先発のフリオ・ウリアスが1アウトを奪う前にジェイク・クロネンワースのタイムリー2塁打、マニー・マチャードの3ランHRで4得点。

 パドレスはダルビッシュ投手の好投もあり、その後も流れをドジャースに渡しませんでした。

タティス・Jrが出場 

 なお、左肩を傷めていたフェルナンド・タティス・Jrですが、この日も2番SSでフル出場。3打数2安打を放っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました