スポンサーリンク

2018MVPが決定!ALはWSチャンプのベッツ、NLはあわや3冠のイェリッチに!

MLB 記録と賞

2018 MVP

現地2018年11月15日、Awardのクライマックスとも言える両リーグのMVPの発表が行われ、ア・リーグはレッドソックスのムーキー・ベッツ(Mookie Betts 26才)、ナ・リーグはブルワーズのクリスチャン・イェリッチ( Christian Yelich 26才)にそれぞれ決まりました!

2人とも初受賞です。Congratulations!

MVPの投票方法

MVPの投票はサイ・ヤング賞、ROY、MOY同様に30名の記者によって行われます。ただ、MVPに限っては1位から10位まで記載(サイヤングは5位まで、ROY/MOYは3位まで)。

他の賞と同じくポイント制で、1位には14ポイント2位には9ポイント3位には8ポイント与えられ、以下4位から10位までは7、6、5、4、3、2、1と付与されるルールです。

選ばれるのはすべての選手が対象で、ポストシーズンへの出場は問われませんし、打者に限らず、投手ももちろん対象です。

今年は両リーグともに打者が受賞したので、スペースの都合上、打者のスタッツの比較で見てみたいとおもいます。まずはア・リーグからです。

ア・リーグはベッツが圧勝

2018 シーズン打撃ランク

今季のALのバッティング・チャンプは以下の選手達でした。J.D.マルチネスにトリプルクラウンが見えた時期もあったのですが、主要3部門は3人に分かれました。

【AVG
  1. ムーキー・ベッツ(BOS) .346
  2. J・D・マルチネス(BOS).330
  3. ホセ・アルトゥーベ(HOU).315
【HR】
  1. クリス・デービス(OAK)48
  2. J・D・マルチネス(BOS)43
  3. ジョーイ・ギャロ(TEX)40
【RBI】
  1. J・D・マルチネス(BOS)130
  2. クリス・デービス(OAK)123
  3. E・エンカーナシオン(CLE)105
【OPS】
  1. マイク・トラウト(LAA)1.088
  2. ムーキー・ベッツ(BOS)1.078
  3. J・D・マルチネス(BOS)1.031
【SB】
  1. W・メリフィールド(KCR)45
  2. マレックス・スミス(TBR)40
  3. ホゼ・ラミレス(CLE)34

では投票結果です。

【2018 AL MVP Vote】

気になる上位候補者のみ記載させていただきます。

投票のフルの結果をご覧になりたい方はこちらです→ https://bbwaa.com/18-al-mvp/

どの記者が誰に投票したのかはこちらです→ https://bbwaa.com/18-al-mvp-ballots/

  1. ベッツ(BOS):1st→2nd  (28-2) =Total 410 pts
  2. トラウト(LAA): 1st→5th  (1-24-2-1-2) =  265 pts
  3. J・ラミレス(CLE): 1st→8th (0-1-1-10-11-3-4-1)= 208 pts
  4. J.D. マルチネス(BOS) : 1st→8th (1-2-8-5-5-2-6-1) =198 pts
  5. ブレグマン(HOU):2nd→7th (-1-4-10-9-3-3) =192 pts
  6. リンドーア(CLE):3rd→8th (–4-3-7-11-4-1)=169 pts
  7. M・チャップマン(OAK):略=169 pts

ベッツ、トラウト、J.D.マルチネスがファイナリストになったAL MVPは意外にもベッツの圧勝となりました。記者は結構OPSが好きな傾向がありますので、ベッツの対抗馬はJ.D.よりもOPS1位のマイク・トラウトか?と思っていました。

しかし、ベッツを1位に推す票が28票も集まり、圧勝となりました。

ムーキー・ベッツはいわゆる固め打ち(マルチヒットと思っていいと思います)が得意なタイプで、今季は3安打以上が18試合。このうち4安打を放ったのは7試合、8月9日のブルージェイズ戦ではサイクル安打も達成しています。打点の方も1試合に3打点以上上げた試合が10試合、このうち、5打点上げた試合が2試合あります。

ベッツは1946年にテッド・ウィリアムスが受賞して以来、レッドソックス史上11人目のMVP受賞者となりました。直近では10年前の2008年のペドロイア以来の受賞となります。

2018のベッツの受賞ラッシュ

そして今季のベッツですごいのが、数々の1位や受賞ラッシュ。

  • WSチャンプ、
  • AVG チャンプ、
  • AL MVP、
  • ゴールドグラブ賞、
  • WILSONディフェンス賞、
  • シルバースラッガー賞、
  • WAR1位(10.9)、
  • RUN1位(129)、
  • SLG1位(.640)、
  • RUNS CREATED 1位(156)、
  • Extra Base Hit(2B+3B+HR)1位 (84)、
  • オールスター出場
  • プライベートでは赤ちゃんも誕生

よいシーズンでしたね!

ナ・リーグのイェリッチも圧勝!

2018 NL打撃ランク

今季のナ・リーグのバッティングのスタッツです。9月のイェリッチはもう無双状態で、3冠を獲りそうだったのですが、最後の最後でロッキーズのアレナドとストーリーの2人がPS進出がかかっていていたこともあり、必死で食らいついてきた、そんな争いでした。

【AVG】
  1. クリスチャン・イェリッチ(MIL).326
  2. スクーター・ジェネット(CIN).310
  3. フレディー・フリーマン(ATL).309
【HR】
  1. ノーラン・アレナド(COL)38
  2. トレバー・ストーリー(COL)37
  3. マット・カーペンター(STL)36
  4. クリスチャン・イェリッチ(MIL)36
【RBI】
  1. ハビアー・バイエス(CHC)111
  2. ノーラン・アレナド(COL)110
  3. クリスチャン・イェリッチ(MIL)110
  4. ヘスス・アギラル(MIL)108
  5. トレバー・ストーリー(COL)108
【OPS】
  1. クリスチャン・イェリッチ(MIL)1.000
  2. ノーラン・アレナド(COL) 0.935
  3. ポール・ゴールドシュミット(ARI)0.932
【SB】
  1. トリー・ターナー(WSH)43
  2. ビリー・ハミルトン(CIN)34
  3. スターリン・マルテ(PIT)33

投票を見てみます。

【2018 NL MVP Vote】

ALと同じく、気になる上位候補者のみ記載させていただきます。

投票のフルの結果をご覧になりたい方はこちらです→ https://bbwaa.com/18-nl-mvp/

どの記者が誰に投票したのかはこちらです→ https://bbwaa.com/18-nl-mvp-ballots/

  1. イェリッチ(MIL):1st→2nd  (29-1) =Total 415 pts
  2. バイエス(CHC): 1st→5th  (0-19-4-5-2) = 250 pts
  3. アレナド(COL): 1st→9th (0-3-8-9-5-2-1-1-1)= 203 pts
  4. フリーマン(ATL): 3rd→10th (–8-8-3-2-4-2-1-2) =174 pts
  5. デグロム(NYM):1st→9th (1-7-1-1-4-1-2-2-3)= 203 pts
  6. ゴールドシュミット (ARI):略 = 115 pts
  7. L・ケイン(MIL): 略 = 109 pts
  8. T・ストーリー(COL) :  略 =108 pts
  9. M・カーペンター(STL): 略 =105 pts

イェリッチのMVPは間違いないと思っていたので、せり合うとしたらロッキーズのアレナドかと思っていたのですが、バイエスが2位に入りました。

イェリッチの受賞はもう文句のないところですね。今季はシーズン2度のサイクル安打達成、SLG1位(.598)、その他のセイバーメトリクスの指標でも1位を多く獲っております。

C・イェリッチがなんとシーズン2度めのサイクル達成!同一チーム相手は史上初
現地2018年9月17日のMLBですが、激しいペナント争いの最中、素晴らしい記録が生まれました。ブルワーズのクリスチャン・イェリッ...

イェリッチの喜びの声

ブルワーズのMVP受賞は2011年のライアン・ブラウン以来。フランチャイズ史上では5人目のことです。

https://twitter.com/travis_shaw21/status/1063211377093955590

マーリンズOBが2年連続MVP

2017年のNL MVPはジャンカルロ・スタントン、そして今季がクリスチャン・イェリッチ。マイアミ・マーリンズを出た2人が2年連続でMVPを獲るというマーリンズにとっては皮肉以外のなにものでもない出来事が起こっております。

ただ、当の経営陣はなんとも思っていないでしょうね。「2人ともおめでとう」くらいでしょうか?彼らなりの再建のプランを着々と実行しているようです。

ベッツ、イェリッチ、あらためてMVP受賞おめでとうございます!

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました