スポンサーリンク

【サイ・ヤング賞2019】NLはデグロムが2年連続、ALはコールを抑えバーランダーが2度目の受賞

2019 サイ・ヤング賞

 BBWAA(全米野球記者協会)によるMLB2019シーズン・アウォードもいよいよ佳境に入ってきました。この日行われたサイ・ヤング賞の発表、そして翌日行われるMVPの発表でラストです。その後はプレーヤーズ・チョイスに(訂正します。プレーヤーズ・チョイスは10月24日発表となっておりました。見逃してました。すみません>>記事)。

 現地2019年11月13日、2019年サイ・ヤング賞の受賞者が発表され、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム(Jacob deGrom)が2年連続2度目の受賞、ア・リーグは本命と言われていたゲリット・コールを抑え、アストロズのジャスティン・バーランダー(Justin Verlander)が24勝を上げた2011年以来2度めの受賞となりました!

 Congratulations!

投票方法

 サイヤング賞の投票は30人の記者が行うところまではこれまでのROY、MOYと同じなのですが、それらが1位から3位までの記載だったのに対し、サイ・ヤング賞に関しては5位まで記載します。獲得ポイントは1位から5位へ5、4、3、2、1です。

 ちなみにMVPの場合は10位までの記載で1位には14ポイント、2位には9ポイント、3位には8ポイントが与えられ、以下4位から10位までは7、6、5、4、3、2、1というふうに割り振られます。

 まずは2年連続の受賞となったナ・リーグから見ていきたいと思います。

2019 NL CY YOUNG

ファイナリスト

 まずファイナリストはご覧の通りで、勝利数で飛び抜けた投手はおらず。これは2018年同様に非常に評価の難しいレースでした。評価基準を何に置くか、今までの最多勝利数でローテーション・キングにという傾向ではなくなってきているという傾向があります。

GmIPWLERASOWHIPWAR
デグロム32204.11182.432550.9717.9
リュウ29182.21452.321631.0075.3
シャーザー27172.11172.922431.0275.8

NL Winnerはジェイコブ・デグロム

 ナ・リーグのサイヤング賞はジェイコブ・デグロムがほぼ満票に近いかたちで受賞しました。

2年連続は11人目

 今回、ジェイコブ・デグロムは2年連続となった訳ですが、これは両リーグ合わせて史上11人目。

【連続受賞】11名

  • ALで2度:ロジャー・クレメンス (AL 1986-87; 1997-98)
  • 4年連続:
    • ランディー・ジョンソン (1999-2002) 、
    • グレッグ・マダックス(1992-95)
  • 2年連続:
    • サンディ・コーファックス(1965-66)
    • ジム・パルマー(AL 1975-76)
    • ペドロ・マルチネス(AL 1999-2000) 
    • クレイトン・カーショウ(2013-14)
    • マックス・シャーザー (2016-17)
    • ダニー・マクレイン (AL 1968-69)
    • ティム・リンスカム(2008-09)
    • ジェイコブ・デグロム(2018-19)

 上のリストをご覧になっておわかりの通り、クレメンスに至ってはア・リーグで連続受賞を2度達成しています。そしてランディー・ジョンソンとグレッグ・マダックスは4年連続受賞という圧巻のレコードを持っています。

複数回受賞は21人に

 また複数回の受賞者は今回のNLのデグロム、ALのジャスティン・バーランダーを含めて計21人となりました。クレメンスが持っている7度という記録は無双状態のシーズンがいかに多かったかが伺えます。

【複数回受賞者】21名

メッツでは7度目

 さらにメッツのサイ・ヤング賞受賞はフランチャイズ史上7度目。トム・シーバー(1969,73,75)、ドワイト・グッデン(1985)、R.A. ディッキー(2012)そしてジェイコブ・デグロム(2018-19)です。

 ROYとともにサイ・ヤング賞を複数回受賞しているのはメッツではトム・シーバーに次ぎ、2人目。デグロムは2014年のROYです。そして後述するバーランダーを入れるとこの日で計3人の達成となりました。

NL 投票結果

 投票ですが、いざ蓋を開けてみるとデグロムの圧勝でした。それぞれの記者の投票理由まではわかっていませんが、結果だけから推測すると、ERA、WHIP、WARなどかけがえのなさで決まった様相が伺いしれます。もっともWAR自体がかけがえのなさを示す指標ではあるのですが。

Name1位2位3位4位5位P
1. デグロム(NYM)291000207
2.リュウ(LAD)11087388
3.シャーザー (WSH)0886472
4. フラハーティー(STL)05116469
5. ストラスバーグ(WSH)0619853
6.ソロカ(ATL)001069
7. グレイ(CIN)000044
8. カーショウ(LAD)001003
9. ビューラー(LAD)000102
9. イェーツ(SDP)000102
11. コービン(WSH)000011

各記者の投票状況

他の投手の得票

 例えウィナーになれなくとも、どの投手に得票が入ったのかは興味深いです。サイ・ヤング賞にランキングされることは投手にとって栄誉です。レースの上位に位置すれば業績給が増える契約をしている投手も多数おります。

 3位のマックス・シャーザーは怪我の期間がありましたので今季はフル稼働ではありませんでしたが、それでもよく票が集まったと思います。

ストラスバーグ

 そしてファイナリストには入りませんでしたが、やはりシーズン18勝を上げたストラスバーグにもかなりの票が集まりました。

 33試合、209.0イニング、18勝6敗、ERA 3.32、奪三振251、WAR 6.5を上げてどうしてファイナリストに入っていないのかがそもそも不思議なくらいではあったのですが。ERAが重視されたような結果でした。

 次にア・リーグを見たいと思います。

AL CY YOUNG

ファイナリスト

 ア・リーグのファイナリストですが、別記事で下記のような記載をさせていただいていました。

 いみじくもアストロズ由来の3名が選ばれました。ゲリット・コール一択かと思っていましたが、ジャスティン・バーランダーの働きぶりがすごいです。この二人の争いになりそうに思います。

 被本塁打はコールが29、モートンが15、バーランダーが36。ゲリット・コールはERAと奪三振で1位、バーランダーはERA、奪三振が2位、WIN、WHIP、IPでトップです。

https://www.mlb4journal.com/2019-bbwaa-award-finalists-were-unveiled/#AL-2
GmIPWLERASOWHIPWAR
コール33212.12052.503260.8956.8
モートン33194.21663.052401.0845.0
J.V.34223.02162.583000.8037.8

Winnerはジャスティン・バーランダー 

 そして受賞者は僅差でジャスティン・バーランダーとなりました。

 数字がその業績を物語っていたと思います。ERA信仰ならゲリット・コールなのでしょうが、総合的にたかい数字を残しており、ERAもさほど離されておらず、WARの数字の良さも決め手になったのかなとも思います。

自身2度目

 バーランダーの受賞は上述した通り、24勝5敗の成績だった2011年以来2度めです。元タイガースのチームメイトであったマックス・シャーザーがすでに3度受賞していることを考えると、意外にも少ないと思ったのですが、それもそのはずでバーランダーは過去に2位となったシーズンが3度もあったのでした。

【バーランダーのサイ・ヤング賞ランキング2位のシーズン】

  • 2012:1位 デービッド・プライス(TBR)
  • 2016:1位 リック・ポーセロ(BOS)
  • 2018:1位 ブレイク・スネル (TBR)
同一クラブで1-2フィニッシュは史上4回目

 今回はバーランダーとゲリット・コールで1−2位となりましたが、チームメイト同士で1−2位を占めたのはMLB史上4度目のことです。いずれもナ・リーグでの達成です。

  • D-Backs: 1. ランディー・ジョンソン- 2. カート・シリング(2001)
  • D-Backs: 1. ランディー・ジョンソン- 2. カート・シリング (2002)
  • Dodgers: 1. ドン・ニューカム-2. サル・マグリー (1956)
  • Dodgers: 1. マイク・マーシャル-2. アンディ・メサースミス (1974)

投票結果

 投票はご覧の通りの大接戦でした。

Name1位2位3位4位5位P
1. バーランダー(HOU)1713000171
2.コール(HOU)1317000159
3.モートン (TBR)001810175
4.ビーバー(CLE)001113564
5.リン(TEX)00031218
6.ロドリゲス(BOS)000328
6.ジオリト(CWS)000088
8.マイナー(TEX)001127

各記者の投票状況

他の投手の得票

 上位2人のマッチレースとなったわけですが、評価して欲しいと思っていたシェーン・ビーバー、ルーカス・ジオリトにも票が入り嬉しい限りです。またレッドソックスのE・ロッド、レンジャーズのランス・リン、マイク・マイナーにも票が入ったのはサプライズ的で良かったと思います。

 以上、2019年のサイ・ヤング賞の発表についてでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

MLB Most Valuable Player MVP Award Winners | Baseball-Reference.com
2017 AL MVP:Jose Altuve, 1999 AL MVP:Ivan Rodriguez, 1997 NL MVP:Larry Walker, 1980 NL MVP:Mike Schmidt, 1965 AL MVP:Zoilo Versalles, 1912 AL MVP:Tris Speaker,

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました