スポンサーリンク

【MLB2019】大谷選手、イチロー選手も成し遂げていない日本人初のサイクル安打を達成!

MLB 記録と賞

またしてもファンの度肝を抜く偉業

もうニュースが駆け巡っていますが、今後のアーカイブのためにも記載しておきます。

現地2019年6月13日、エンゼルスの大谷選手がトロピカーナ・フィールドで行われたレイズ戦で史上308度目、今季2度目、そして日本人初のサイクルヒットを達成しました!

Congratulations!

左腕ライアン・ヤーブローから

この日のレイズの先発はライアン・ヤーブロー(Ryan Yarbrough)。今季途中、レイズの投手事情からオープナー時のロングリリーフの2番手からスターターへ転向しています。また戻るかもしれませんが。

その間、先発としての力をつけたとも言えますね。

2018年はヤーブローを打てず

大谷選手とヤーブローの対戦は2018年は3打数0安打、2三振。完全に封じられていました。

やはり左腕のサイド気味から角度のあるスライダーを投じられると大谷選手と言えどもさすがに打ちづらいですね。

対策はバッチリ

しかし、この日は違いました。何か研究した後が見えたように思います。低めの遅いカーブをことごとく見切っていましたので。

そして初回からぶっ飛ばしましたね。

HR→2B→3B→Single

初回、エンゼルスはヤーブローの立ち上がりを攻め、ラステラが2Bで出塁。つづくトラウトが死球で、ノーアウトランナー1・2塁で3番大谷選手に打席が回ってきました。

大谷選手は3球目のアウトコース気味のシンカーを逆らわずフルスイング。左中間スタンドに飛び込む今季8号が3ランとなり、エンゼルスを勢いづかせました。

3回に回ってきた第二打席では初球のカットボールをまたしても左中間に放ち、これが二塁打に。この時点で実況はサイクルの可能性を口にしましたね。

5回に回ってきた第三打席。投手はまだヤーブローです。

2アウト後、フルカウントまで追い込まれましたが、最後は遅いカーブに対応し、これがライト線に転がる打球に。ここぞとばかり俊足を飛ばしてこれが三塁打に。

サイクルヒット達成には三塁打が出るかどうかがポイントですが、結構あっさり打ちましたね。エンゼルスは大谷選手のこのヒットをきっかけに2点を追加。

迎えた7回、レイズは右腕のハンター・ウッドがマウンドに。フルカウントまで取られますが、2球ファウルで粘った後の8球目、スライダーに対応し、これがセンター前のヒットに。

足を活かして二塁打にするのでは??とヒヤヒヤしましたが、シングルヒットとなりました。

見事サイクル安打達成です。

本当にファンを驚かせてくれますね。

サイクル安打達成者

大谷選手の今回のサイクル達成はMLB史上通算308度目。今季は4月4日にツインズのホルヘ・ポランコが達成しています。

多いようで実は非常にレアな記録で、エンゼルス内で前回達成したのはマイク・トラウトで2013年5月21日のことで6年前です。

間が空いている点で行けば、カブスの選手が最後に達成したのは1993年5月9日のマーク・グレイスまでさかのぼります。

また、ロイヤルズに至っては1990年7月25日のジョージ・ブレットまで遡ります。

なお、歴史の浅いマーリンズには達成者がまだおりません。

0.14%

MLBのゲームが現地2019年6月12日の時点で、218,092試合行われたうちの308回ですから、0.14%の達成確率ですね。

2度達成している現役は?

そんな達成困難なサイクル安打を2度達成している現役選手がいます。

一人はレッドソックスのブロック・ホルトです。

ブロック・ホルト

ホルトは2018年ポストシーズンのALDS Game3(10月8日)でポストシーズン史上初のサイクル安打を達成。

さらに、4年前の2015年6月16日にも達成しています。

そしてもうひとりも記憶に新しいです。

クリスチャン・イェリッチ

鬼のように打ちまくった2018シーズン後半に1回めの達成からひと月の間を空けずに達成しています。

エンゼルスは3連勝

ゲームの方に話を戻しますが、大谷選手の活躍もあり、エンゼルスは強敵レイズを5-3で下し、これで3連勝です。

Angels vs. Rays | 06/13/19
The Official Site of Major League Baseball

2019年6月13日時点で順位としては4位ですが、3位のアスレチックスとは1勝差、2位のレンジャーズとは2勝差にまで迫ってきました。

(現地2019年6月13日時点のア・リーグ西地区順位)

  1. アストロズ:46-23
  2. レンジャーズ:36-32
  3. アスレチックス: 35-34
  4. エンゼルス:34-35
  5. マリナーズ:29-43

レンジャーズを抜けば、ワイルド・カードの芽もぐんと増えますから、このレイズ戦は非常に大事かと思います。

(現地2019年6月13日時点でのWC順位)

  1. レイズ: 41−26(AL東)
  2. レンジャーズ:36-31 (AL西)
  3. インディアンス:34−34(AL中)

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
【MLB2021】ジャレン・デュランがメジャー初HR!
【MLB契約延長】ランス・リンがホワイトソックスとラグジュアリー・エクステンション
【MLB2021】大谷選手がローボールを34号!ブランドン・マーシュがデビューするもエンゼルスはシリーズを負け越し
【MLB Injury2021】ジェイコブ・デグロム、前腕部ハリで離脱!NLイーストに影響も
【MLB 2021】パドレス@ナショナルズ戦が球場外の銃声で大騒動となりサスペンデッドに
【MLB2021】ジェイク・クロネンワースがサイクル安打を達成!パドレスは24得点
タイトルとURLをコピーしました