スポンサーリンク

【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)

ザック・ギャレン、出れば勝利という状態

 今季のナ・リーグ西地区と言えば、やはりドジャースとパドレスが目立ってしまい、ドジャースの牙城をなんとか崩そうと執念を見せ、大補強も実施したパドレスでしたが、今のところ、大きな差をつけられております。ただ、パドレスもポストシーズン進出は堅いところにおります。

 そんな中、実はヒタヒタと地味に勝利を積み上げているのが、アリゾナ・ダイヤモンドバックス。現地2022年9月4日終了時点で64勝69敗とまだ借金がある状態で、正直、ポストシーズン進出が狙える位置にいるわけではありませんが、同じく借金を抱える3位のジャイアンツが64勝68敗で、もう背中を掴んでいる状態です。

 そのダイヤモンドバックス(以下Dバックス)の勝利の積み上げに大きく貢献しているのが、右腕のザック・ギャレン(Zac Gallen)です。ザック・ギャレンは7月後半以降は、出れば勝つような状態のピッチングを披露し続けています。細かく見て行きます。

ザック・ギャレン、スコアレスイニングを41.1に伸ばす

 そのザック・ギャレンが現地2022年9月4日にチェイス・フィールドで行われたブルワーズ戦に登板。7イニング、103球を投げ、被安打2、スコアレス、BB1、SO7で勝利投手となり、今季11勝目(11勝2敗、ERA 2.42)をマーク。そして、スコアレス・イニングを41.1イニングに伸ばしました。

危ないシーンもチームメイトがバックアップ

 このゲームではザック・ギャレン自身も「記録は終わった」と思ったシーンがありました。それが2回表というゲームの序盤にあったのです。

 ギャレンは先頭のケストン・ヒウラを四球で歩かせたものの、ルイス・ウリアス、オマール・ナルバエスを打ち取り2アウトを奪っていました。

 そしてタイロン・テイラーを迎えたその初球。カット・ボールが真ん中高めに入る失投で、これを右中間深くへ運ばれます。「もう、ヒウラが還って1点」と思った瞬間、RFのドールトン・バーショ(Daulton Varsho)が打球に対し、素晴らしいチャージを見せ、フェンス際で好捕。走路の選択も良かったので、最後は少し余裕があるほどのキャッチでした。

 大きな記録が生まれる背景には必ず、このような素晴らしいプレーがあります。バーショのキャッチはギャレンを救いました。

ザック・ギャレンのスコアレス・イニング・ストリーク

 ザック・ギャレンのスコアレス・ストリークは現地2022年8月8日のパイレーツ戦からスタート。そこから現地2022年9月4日のブルワーズ戦まで6試合連続でスコアレス投球を継続。記録はまだ継続中です。

DateVSGm結果イニング勝/敗IPHRERBBSO
Aug 8PITW,3-0GS-7W(7-2)7.030028
Aug 13COLW,6-0GS-7W(8-2)7.020016
Aug 18SFGW,5-0GS-8W(9-2)7.1400012
Aug 24KCRL,3-5GS-66.030036
Aug 30PHIW,12-3GS-7W(10-2)7.020017
Sep 4MILW,5-1GS-7W(11-2)7.020017
ザック・ギャレンのスコアレス・ストリーク

 なお、この一覧の前の8月2日のガーディアンズ戦でもザック・ギャレンは勝利投手になっているのですが、そのゲームでは5.2イニングを投げて3失点。その3失点目は降板した6回裏に奪われた1点だったので、スコアレス・イニングのスタートは上記の8月8日のパイレーツ戦からになります。

無失点イニングのカウント方法

 なお、記録を認定する機関でもあるエリアス・スポーツ・ビューロー(the Elias Sports Bureau)は、スコアレス・イニング・ストリークの計上を1998年に再定義。投手が失点したイニングのアウトはカウントしないことになりました。つまり、そのイニングの失点がER(自責点)であるか否かを問わず、とにかく失点すれば、そのイニングのアウトはカウントに入れずということになっています。

 細かいですが、ザック・ギャレンの記録に1/3がついています。これは8月18日のジャイアンツ戦でザック・ギャレンは8回1アウトで降板したものの、そのイニングは結果、ジャイアンツは無得点だったので、ギャレンが投げた1アウト分はむしろ計上されているということです。

6試合連続先発の無失点はメジャー・タイ

 なお、ザック・ギャレンはこの日で先発6試合連続無失点となりましたが、これはメジャー・タイ記録です。

スコアレスIPのメジャー最長はハーシュハイザー

 なお、スコアレス・イニングのメジャー記録はご覧のようになっています。

  1. オーレル・ハーシュハイザー(LAD): 59 IP (1988)
  2. ドン・ドライスデール(Don Drysdale/LAD) : 58 IP (1968)
  3. ボブ・ギブソン(STL): 47 IP (1968)
  4. ザック・グレイキ(LAD) : 45.2 IP (2015)
  5. カール・ハッベル( Carl Hubbell/SFG) : 45.1 IP (1933)
  6. サル・マグリー(Sal Maglie/SFG) : 45 IP (1950)
  7. ザック・ギャレン(ARI): 44.1 IP (2022)  
  8. ブランドン・ウェブ(ARI) : 42 IP (2007)
  9. クレイトン・カーショウ(LAD) : 41 IP (2014)
    テッド・ライオンズ(Ted Lyons/CWS) : 41 IP (1926)
    ルイス・ティアント(Luis Tiant/CLE) : 41 IP (1968)

Live Ball EraとDead Ball Era

 なお、上記の記録はLive Ball Eraでの区分です。Live Ball Era(ライブ・ボール・エラ)とは、1920年以降のこと。反対にPre1920の時代をDead Ball Eraと言います。

 この違いは、ボールが見やすくなったきっかけが1920年で、実際、それ以降は打撃力が上昇しているおり、野球の質が変わったことから境を設けております。

 どうして1920年にルールが変わったのかというと、1920年シーズンにクリーブランドのレイ・チャップマンという選手が、ヤンキース戦でデッドボールを受け死亡したことがきっかけでそうなりました。

 夕刻のかなり薄暗い中で、サブマリン投手の投げたボールが見えにくかったがゆえに起こったということで、以降はきれいなボールを使用することが義務付けられております。

 なお、Dead Ball Eraの記録を含めたリストは下記です。それでもハーシュハイザーの1位は変わりません。水色の文字がDead Ball Eraの選手で、サイ・ヤングも入っています。

  1. オーレル・ハーシュハイザー(LAD): 59 IP (1988)
  2. ドン・ドライスデール(Don Drysdale/LAD) : 58 IP (1968)
  3. ウォルター・ジョンソン(セネターズ): 55.2 (1913)
  4. ジャック・クームス(Jack Coombs/アスレチックス): 53IP (1910)
  5. ボブ・ギブソン(STL): 47 IP (1968)
  6. ザック・グレイキ(LAD) : 45.2 IP (2015)
  7. カール・ハッベル( Carl Hubbell/SFG) : 45.1 IP (1933)
  8. サイ・ヤング(BOS) : 45 IP (1904)
    ドク・ホワイト(Doc White): 45 IP (1904)

    サル・マグリー(Sal Maglie/SFG) : 45 IP (1950)

 ザック・ギャレン、あとアウト2つでDバックスOBのブランドン・ウェブと並びます。また、ザック・ギャレンは2022年8月のNL ピッチャー・オブ・ザ・マンスに選ばれました。

追記:44.1でストップ

 ザック・ギャレンは現地2022年9月11日のロッキーズ戦に登板。1回から3回まではパーフェクト。

 しかし、4回表、先頭からシングルを3連打され、ついに失点。打ったのはC.J.クロンでした。

 これにより、ザック・ギャレンのスコアレス・イニング・ストリークは44.1イニングで終わりました。これでLive Ball Eraでは7位にランクインしております。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました