スポンサーリンク

【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙

キャッチャー最多HRへ

 ロイヤルズのサルバドール・ペレスの勢いが止まりません!

 現地2021年9月16日、地元カウフマン・スタジアムにてアスレチックスを迎えての3ゲームシリーズの3戦目。同シリーズではワイルドカード2枠目を必死に手繰り寄せようとするアスレチックスに気合い負けして2連敗となっていたのですが、一矢報いるべく、サルバドール・ペレスが牙をむきました。

DHで出場

 この日、ロイヤルズの先発投手は、左腕のダニエル・リンチ(Daniel Lynch)。

 そのダニエル・リンチは、アスレチックスのリードオフで、今季蘇ったジョシュ・ハリソンにシングル、つづくスターリン・マルテには死球を与え、ランナー2人を背負うピンチを迎えます。しかし、マット・オルソンをダブルプレーに、そしてマーク・カナを三振に仕留め、無失点で切り抜けます。

 この日のロイヤルズの先発マスクは、セバスチャン・リベロ(Sebastian Rivero)。22才の今季デビューのプロスペクトです。

 この辺は、長期契約をしたペレスをメイン捕手に、なおかつ次世代も育てるという戦略のもとの起用ですね。

初回に45号の2ランHR

 1回裏、アスレチックスのマウンドにはポール・ブラックバーン(Paul Blackburn)。ファストボールはLow-90mphほどですが、カット、シンカーとボールを動かしてくる投手。投げ方は非常にきれいな投手です。

 ロイヤルズは、リードオフのウィット・メリフィールドが三球三振。しかし、2番のニッキー・ロペスが四球を選び、出塁。ここでバッターはサルバドール・ペレス。

 ペレスの勝負は早かったです。2球目。カットボールがアウトコースの甘めに入ったのを見逃さず、強振。これが左中間スタンドのカウフマンおなじみの滝の近くに入る2ランHRに。

 サルバドール・ペレスのこのHRは今季、45号HRとなり、HRランキングトップのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.に並びました。

 カットボールが2球、同じところに行けば、今のペレスにはやらてしまいますね。

 サルバドール・ペレスのHRで先制したロイヤルズでしたが、3回表にダニエル・リンチがコントロールを乱し、2番手のジョエル・パヤンブスと2人で4失点。さらに9回表には3点を追加され、7-2で敗れました。アスレチックスはシリーズ・スイープで、辛うじてワイルドカード2枠目に望みをつなげています。

ジョニー・ベンチとタイに

 45号を放ったサルバドール・ペレスですが、大記録に並んでいます。

 捕手としてシングルシーズン最多HRを記録しているジョニー・ベンチの45号に並びました。

1. ジョニー・ベンチ: 45 (1970)
1. サルバドール・ペレス: 45 (2021)
3. ハビー・ロペス: 43 (2003)
4. トッド・ハンドリー: 41 (1996)
4. ロイ・キャンパネルラ(Roy Campanella): 41 (1953)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1999)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1997)
6. ジョニー・ベンチ: 40 (1972)

 すでにア・リーグの捕手最多記録であるカールトン・フィスクの37号を超えております。残り16試合。この勢いなら、シングルシーズンの捕手最多HR記録を更新ですね。

サルバドール・ペレス2冠!

 さらに、現地2021年9月16日終了時点でのサルバドール・ペレスの今季のスタッツはご覧の通り。

  • HR : 45(ALトップタイ)
  • RBI:112 (MLB トップ)
  • SLG: .553 (AL 4位)

投手と捕手でHR争い!

 なお、ア・リーグは今季、投手の大谷選手と、捕手のサルバドール・ペレスがHRトップを争っているという今しか見られない貴重な光景を提供してくれています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました