スポンサーリンク

【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙

キャッチャー最多HRへ

 ロイヤルズのサルバドール・ペレスの勢いが止まりません!

 現地2021年9月16日、地元カウフマン・スタジアムにてアスレチックスを迎えての3ゲームシリーズの3戦目。同シリーズではワイルドカード2枠目を必死に手繰り寄せようとするアスレチックスに気合い負けして2連敗となっていたのですが、一矢報いるべく、サルバドール・ペレスが牙をむきました。

DHで出場

 この日、ロイヤルズの先発投手は、左腕のダニエル・リンチ(Daniel Lynch)。

 そのダニエル・リンチは、アスレチックスのリードオフで、今季蘇ったジョシュ・ハリソンにシングル、つづくスターリン・マルテには死球を与え、ランナー2人を背負うピンチを迎えます。しかし、マット・オルソンをダブルプレーに、そしてマーク・カナを三振に仕留め、無失点で切り抜けます。

 この日のロイヤルズの先発マスクは、セバスチャン・リベロ(Sebastian Rivero)。22才の今季デビューのプロスペクトです。

 この辺は、長期契約をしたペレスをメイン捕手に、なおかつ次世代も育てるという戦略のもとの起用ですね。

初回に45号の2ランHR

 1回裏、アスレチックスのマウンドにはポール・ブラックバーン(Paul Blackburn)。ファストボールはLow-90mphほどですが、カット、シンカーとボールを動かしてくる投手。投げ方は非常にきれいな投手です。

 ロイヤルズは、リードオフのウィット・メリフィールドが三球三振。しかし、2番のニッキー・ロペスが四球を選び、出塁。ここでバッターはサルバドール・ペレス。

 ペレスの勝負は早かったです。2球目。カットボールがアウトコースの甘めに入ったのを見逃さず、強振。これが左中間スタンドのカウフマンおなじみの滝の近くに入る2ランHRに。

 サルバドール・ペレスのこのHRは今季、45号HRとなり、HRランキングトップのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.に並びました。

 カットボールが2球、同じところに行けば、今のペレスにはやらてしまいますね。

 サルバドール・ペレスのHRで先制したロイヤルズでしたが、3回表にダニエル・リンチがコントロールを乱し、2番手のジョエル・パヤンブスと2人で4失点。さらに9回表には3点を追加され、7-2で敗れました。アスレチックスはシリーズ・スイープで、辛うじてワイルドカード2枠目に望みをつなげています。

ジョニー・ベンチとタイに

 45号を放ったサルバドール・ペレスですが、大記録に並んでいます。

 捕手としてシングルシーズン最多HRを記録しているジョニー・ベンチの45号に並びました。

1. ジョニー・ベンチ: 45 (1970)
1. サルバドール・ペレス: 45 (2021)
3. ハビー・ロペス: 43 (2003)
4. トッド・ハンドリー: 41 (1996)
4. ロイ・キャンパネルラ(Roy Campanella): 41 (1953)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1999)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1997)
6. ジョニー・ベンチ: 40 (1972)

 すでにア・リーグの捕手最多記録であるカールトン・フィスクの37号を超えております。残り16試合。この勢いなら、シングルシーズンの捕手最多HR記録を更新ですね。

サルバドール・ペレス2冠!

 さらに、現地2021年9月16日終了時点でのサルバドール・ペレスの今季のスタッツはご覧の通り。

  • HR : 45(ALトップタイ)
  • RBI:112 (MLB トップ)
  • SLG: .553 (AL 4位)

投手と捕手でHR争い!

 なお、ア・リーグは今季、投手の大谷選手と、捕手のサルバドール・ペレスがHRトップを争っているという今しか見られない貴重な光景を提供してくれています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました