スポンサーリンク

C・イェリッチがなんとシーズン2度めのサイクル達成!同一チーム相手は史上初

イェリッチが偉業

現地2018年9月17日のMLBですが、激しいペナント争いの最中、素晴らしい記録が生まれました。

ブルワーズのクリスチャン・イェリッチ(Christian Yelich)がシーズン2度めのサイクル安打を達成しました! Congratulations!

イェリッチの活躍はシーズンMVP候補へ名前を連ねる大きなインパクトを残しています!

地元ミラー・パークでのレッズ戦に臨んだブルワーズはカブスとの直接対決が終了。残り12試合となった今、1試合1試合が非常に大事な負けられない戦いです。そんな中、クリスチャン・イェリッチは2番LFで出場。レッズの先発は今季7勝の右腕、アンソニー・デスカルフィー二。

サイクル安打

イェリッチは第一打席にCF前クリーンヒットを放ち、まずはシングルを達成。

3回の第二打席には1塁ライン際を抜く2塁打。これでダブルも達成で「おや!」というざわついた状況になります。同時にこの2塁打は先制点のきっかけをつくりました。

5回裏の第三打席ではライトへ大きな2ランHRを放ち、これでホームランも達成。この回は先頭のドミンゴ・サンタナにもHRが出ており、ブルワーズは4−0とゲームを優位に進めます。

6回裏、ブルワーズはオーランド・アルシアの2塁打をきっかけにチャンスメイク。ワイルド・ピッチとフィルダース・チョイスで1点を奪ったあと、1番のカーティス・グランダーソンが四球で出塁。そして、クリスチャン・イェリッチが打席に。

イェリッチは4球目のチェンジアップを強振。これが右中間を破る3塁打となり、見事シーズン2度めのサイクル安打を達成したのでした!

イチロー選手の技術も入ってますよね!

イチロー選手のことが大好きなクリスチャン・イェリッチ。マリナーズ時代のイチロー選手のユニフォームをサイン入りで持っているくらいです。自身も日本人の血が1/4入っておられます。母方の祖父が日本人です。

なぜイチロー選手のことを書いたかと言いますと、このシーズン2度目のサイクル達成に、イチロー選手の技術をうまく自身の中で消化した姿を見たように思ったからです。

特に1打席目のシングル、2打席目の1塁横を抜く2塁打のバットコントロールはなにかイチロー選手の打席を彷彿とさせるものがありました。

3塁打のときの走塁なども、どこかイチロー選手に似ていないでしょうか。イェリッチの方がストライドは大きいのは確かですが、きれいなフォームは似ていると思うんですね。

ちなみにイェリッチのスピードに関してですが、イェリッチが2015年のマーリンズ時代(23才時)に記録したホームから三塁までのタイムは10.95秒でした。Statcastの計測が開始された2015年以降、現ブルワーズのメンバーでこれより速かったのはキーオン・ブロクストンが2016年6月30日に記録した10.89秒のみ。ブルワーズで2番めに足が速いと思っていいかと思います。

セットされていたような運も

以上のような打撃、走塁の実力でサイクルを達成したクリスチャン・イェリッチですが、今回の達成は運の要素も大きかったと思うんです。そもそもゲーム中盤の6回にしかも4打席ですんなり決めたところも驚くべきことです。しかも4打席目に一番むずかしい3塁打が残っていて、それをあっさりと決めたのですから驚きでした。そのほかにもよい運だったなと思う要素がありました。

1つ目は2塁打となった1塁横の当たりです。ベースに当たる角度が悪ければ二塁打にはなっていなかったと思います。

2つ目は、三塁打の打席についてですが、直前のC・グランダーソンが四球を選んでいたこと。最後の3塁打はその打球方向、速さ、レッズのCFがビリー・ハミルトンであることを考えれば通常は2塁打コースです。しかし、グランディーがランナーに出ていて1塁から長駆ホームインをしたことで返球がホームに向かいました。これがもし3塁への返球ならタイミング的にどうだったかと思います。

データづくしの今回のサイクル達成

今回のシーズン2度めのサイクル安打達成は色々なデータがでてきました。

  • 1シーズンで2度のサイクル安打達成は史上5人目。(直近は2012年のDバックスのアーロン・ヒル。そのほかの3名は戦前の達成です)
  • 1シーズンで2度のサイクル安打を同じ対戦相手から達成したのは史上初
  • MLBで1908年以来、キャリア2度の達成は25人目。現役ではTEXのA・ベルトレ、元MILで現TBのカルロス・ゴメスがいる。
  • ブルワーズ内でキャリア2度のサイクル達成はクリスチャン・イェリッチのみ。※フランチャイズ史上では9度の達成。

などなど色々とありました。

少年にお礼

3打席目のHRボールを「大事な記録だから」と返却しに来たブルワーズ・ファンの少年。選手にとっても気持ちがありがたいですね。イェリッチは返却のお礼に、サイン入りのバットをプレゼントしました。いいお話です。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました