スポンサーリンク

【AL2018 個人タイトル 】B・スネルは2冠!J・Dは1冠 ! NLとイェリッチは?

MLB 記録と賞

現地2018年9月30日、ついにレギュラー・シーズンが終了しました。

そして2018シーズンの個人タイトルが明らかになりました!

ただし、30日終了時点はア・リーグのみです。まずは見ていきましょう。

ア・リーグ ピッチャー

【ERA】

Starter Only

  1. ブレイク・スネル(TBR)1.89
  2. トレバー・バウアー(CLE)2.26
  3. ジャスティン・バーランダー(HOU)2.52
【Win】
  1. ブレイク・スネル(TBR)21
  2. コーリー・クルーバー(CLE)20
  3. ルイス・セベリーノ(NYY)19
【Strike Outs】
  1. ジャスティン・バーランダー(HOU)290
  2. ゲリット・コール(HOU)276
  3. クリス・セール(BOS)237
【Saves/ERA】
  1. エドウィン・ディアス (SEA) 57 / 1.96
  2. クレイグ・キンブレル(BOS)42 / 2.74
  3. ブレイク・トライネン(OAK)38 / 0.78
【WHIP】
  1. ジャスティン・バーランダー(HOU)0.90
  2. ブレイク・スネル(TBR)0.97
  3. コーリー・クルーバー(CLE)0.99

今季のア・リーグの投手部門はブレイク・スネルの活躍のインパクトがすごかったですね。主要の勝利数とERAの2冠を獲得です。バーランダーもよかったんですが、特に前半は抜群の勝率を誇っていたのですが、中盤以降ペースが落ちました。それに代わるようにスネルが台頭したという感じですね。

あとは筆者は個人的にはブレイク・トライネンのERA0.78はかなり評価に値する仕事ではないかと思っています。

ア・リーグ バッター

次はバッターです。

【Batting Average】
  1. ムーキー・ベッツ(BOS) .346
  2. J・D・マルチネス(BOS).330
  3. ホセ・アルトゥーベ(HOU).315
【HR】
  1. クリス・デービス(OAK)48
  2. J・D・マルチネス(BOS)43
  3. ジョーイ・ギャロ(TEX)40
【RBI】
  1. J・D・マルチネス(BOS)130
  2. クリス・デービス(OAK)123
  3. エドウィン・エンカーナシオン(CLE)105
【OPS】
  1. マイク・トラウト(LAA)1.088
  2. ムーキー・ベッツ(BOS)1.078
  3. J・D・マルチネス(BOS)1.031
【Stolen Base】
  1. ウィット・メリフィールド(KCR)45
  2. マレックス・スミス(TBR)40
  3. ホゼ・ラミレス(CLE)34

注目していたJ・D・マルチネスのトリプル・クラウンは残念ながら達成ならず。まず打率から離されていき、HRは終盤のクリス・デービスのラッシュに追いつけませんでした。

打率はそもそも難しいかと思っていたのですが、HRに関しては獲れると思っておりました。なぜならJ・Dがヒッターズ・パークのフェンウェイでのゲームがかなり残っていたのに対し、クリス・デービスはピッチャー・フレンドリーの西海岸のゲームが多く残っていたからです。

しかし、その条件でも5本の差をつけてタイトルを獲ったクリス・デービスは価値がありますね。

あと、盗塁部門はわりと新鮮な名前が登場しています。

そしてここであらためて、どうしてレギュラーシーズンが終了したのにア・リーグだけかと申し上げますと、実はこういうことなんです。

朗報:163試合目もRSとしてカウントされる

レギュラーシーズン最終日の9月30日に地区優勝が決まらなかったナ・リーグ中地区と西地区は現地2018年10月1日、タイブレーカーが行われます(詳細はホーム画面ご参照)。

筆者は当初、このタイブレーカーでの成績はポストシーズン扱いで独自の記録として残るのかと思っておりました。

ところが、調べてみますとルール上はタイブレーカーもレギュラーシーズン扱いとなるんですね。したがって、この1試合の成績もレギュラーシーズンの成績としてカウントされます。

根拠を出しておきます。記事の引用になりますが、これです。

Brewers-Cubs: Lineups, matchups, more
One thing will be certain when the Brewers and Cubs are meeting right now at Wrigley Field for one game to decide the National League Central and the NL's No. 1...

Do the stats count? 
Yes, it’s a regular-season game, so the stats count. And teams will also have access to the expanded 40-man rosters they’ve had all September.This means the NL Triple Crown is still in play for Brewers MVP candidate Christian Yelich.

ちなみに、2009年にツインズとタイガースの間でタイブレーカーが行われました。筆者はこの時、結構興奮したのを覚えております。下記の順位表は2009年のア・リーグ中地区の順位表なのですが、上位2チームだけ試合数が87+76、あるいは86+76で計163になっております。過去にも163試合でカウントしていたことが言いたかったのです。はい。

2009 Spring Training Standings
The official 2009 Spring Training, Cactus and Grapefruit league standings for Major League Baseball.

イェリッチは3冠にあと1チャンス

最終戦の成績が四球→三振→三振→敬遠四球でHRも打点も出なかったイェリッチですが、上記のような理由から3冠のチャンスがまだあと1日残っています。

しかし、最終戦にノーラン・アレナドが2HRを放って37HRとなったため、HRに関しては36本のイェリッチは1本ビハインドに。36本はイェリッチ、マット・カーペンター、トレバー・ストーリー。ロッキーズは30日に打ちまくりましたね(COL 12-0  WSH)。そして打点に関してはハビアー・バイエスが111、イェリッチとアレナドが109で並んでいます。

ちょっと厳しいかもしれませんが、果敢にチャレンジして欲しいですね。

かつて大当たりのブライス・ハーパーをシーズン序盤にもかかわらず敬遠漬けにしたカブスのジョー・マッドン監督の采配が心配であり、四球が多くなるとは思うのですが、頑張ってほしいですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました