スポンサーリンク

【AL2018 個人タイトル 】B・スネルは2冠!J・Dは1冠 ! NLとイェリッチは?

現地2018年9月30日、ついにレギュラー・シーズンが終了しました。

そして2018シーズンの個人タイトルが明らかになりました!

ただし、30日終了時点はア・リーグのみです。まずは見ていきましょう。

ア・リーグ ピッチャー

【ERA】

Starter Only

  1. ブレイク・スネル(TBR)1.89
  2. トレバー・バウアー(CLE)2.26
  3. ジャスティン・バーランダー(HOU)2.52
【Win】
  1. ブレイク・スネル(TBR)21
  2. コーリー・クルーバー(CLE)20
  3. ルイス・セベリーノ(NYY)19
【Strike Outs】
  1. ジャスティン・バーランダー(HOU)290
  2. ゲリット・コール(HOU)276
  3. クリス・セール(BOS)237
【Saves/ERA】
  1. エドウィン・ディアス (SEA) 57 / 1.96
  2. クレイグ・キンブレル(BOS)42 / 2.74
  3. ブレイク・トライネン(OAK)38 / 0.78
【WHIP】
  1. ジャスティン・バーランダー(HOU)0.90
  2. ブレイク・スネル(TBR)0.97
  3. コーリー・クルーバー(CLE)0.99

今季のア・リーグの投手部門はブレイク・スネルの活躍のインパクトがすごかったですね。主要の勝利数とERAの2冠を獲得です。バーランダーもよかったんですが、特に前半は抜群の勝率を誇っていたのですが、中盤以降ペースが落ちました。それに代わるようにスネルが台頭したという感じですね。

あとは筆者は個人的にはブレイク・トライネンのERA0.78はかなり評価に値する仕事ではないかと思っています。

ア・リーグ バッター

次はバッターです。

【Batting Average】
  1. ムーキー・ベッツ(BOS) .346
  2. J・D・マルチネス(BOS).330
  3. ホセ・アルトゥーベ(HOU).315
【HR】
  1. クリス・デービス(OAK)48
  2. J・D・マルチネス(BOS)43
  3. ジョーイ・ギャロ(TEX)40
【RBI】
  1. J・D・マルチネス(BOS)130
  2. クリス・デービス(OAK)123
  3. エドウィン・エンカーナシオン(CLE)105
【OPS】
  1. マイク・トラウト(LAA)1.088
  2. ムーキー・ベッツ(BOS)1.078
  3. J・D・マルチネス(BOS)1.031
【Stolen Base】
  1. ウィット・メリフィールド(KCR)45
  2. マレックス・スミス(TBR)40
  3. ホゼ・ラミレス(CLE)34

注目していたJ・D・マルチネスのトリプル・クラウンは残念ながら達成ならず。まず打率から離されていき、HRは終盤のクリス・デービスのラッシュに追いつけませんでした。

打率はそもそも難しいかと思っていたのですが、HRに関しては獲れると思っておりました。なぜならJ・Dがヒッターズ・パークのフェンウェイでのゲームがかなり残っていたのに対し、クリス・デービスはピッチャー・フレンドリーの西海岸のゲームが多く残っていたからです。

しかし、その条件でも5本の差をつけてタイトルを獲ったクリス・デービスは価値がありますね。

あと、盗塁部門はわりと新鮮な名前が登場しています。

そしてここであらためて、どうしてレギュラーシーズンが終了したのにア・リーグだけかと申し上げますと、実はこういうことなんです。

朗報:163試合目もRSとしてカウントされる

レギュラーシーズン最終日の9月30日に地区優勝が決まらなかったナ・リーグ中地区と西地区は現地2018年10月1日、タイブレーカーが行われます(詳細はホーム画面ご参照)。

筆者は当初、このタイブレーカーでの成績はポストシーズン扱いで独自の記録として残るのかと思っておりました。

ところが、調べてみますとルール上はタイブレーカーもレギュラーシーズン扱いとなるんですね。したがって、この1試合の成績もレギュラーシーズンの成績としてカウントされます。

根拠を出しておきます。記事の引用になりますが、これです。

Brewers-Cubs: Lineups, matchups, more
One thing will be certain when the Brewers and Cubs are meeting right now at Wrigley Field for one game to decide the National League Central and the NL's No. 1...

Do the stats count? 
Yes, it’s a regular-season game, so the stats count. And teams will also have access to the expanded 40-man rosters they’ve had all September.This means the NL Triple Crown is still in play for Brewers MVP candidate Christian Yelich.

ちなみに、2009年にツインズとタイガースの間でタイブレーカーが行われました。筆者はこの時、結構興奮したのを覚えております。下記の順位表は2009年のア・リーグ中地区の順位表なのですが、上位2チームだけ試合数が87+76、あるいは86+76で計163になっております。過去にも163試合でカウントしていたことが言いたかったのです。はい。

2009 Spring Training Standings
The official 2009 Spring Training, Cactus and Grapefruit league standings for Major League Baseball

イェリッチは3冠にあと1チャンス

最終戦の成績が四球→三振→三振→敬遠四球でHRも打点も出なかったイェリッチですが、上記のような理由から3冠のチャンスがまだあと1日残っています。

しかし、最終戦にノーラン・アレナドが2HRを放って37HRとなったため、HRに関しては36本のイェリッチは1本ビハインドに。36本はイェリッチ、マット・カーペンター、トレバー・ストーリー。ロッキーズは30日に打ちまくりましたね(COL 12-0  WSH)。そして打点に関してはハビアー・バイエスが111、イェリッチとアレナドが109で並んでいます。

ちょっと厳しいかもしれませんが、果敢にチャレンジして欲しいですね。

かつて大当たりのブライス・ハーパーをシーズン序盤にもかかわらず敬遠漬けにしたカブスのジョー・マッドン監督の采配が心配であり、四球が多くなるとは思うのですが、頑張ってほしいですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました