スポンサーリンク

【MLB2018】ムーキー・ベッツ、早くも16号! & レイズのW・アダムスがデビュー戦でHR

レッドソックス

現地2018年5月22日、ア・リーグ東地区首位のレッドソックスはタンパでレイズとの3連戦が始まりました。

5月8日から10日までのヤンキース3連戦で1勝2敗で負け越し、首位の座を奪われそうになりましたが、ヤンキースは依然として打線が強烈なままですが、ちょっと小休止のリズムに入っているようです。

そのヤンキース戦以降の戦いぶりが心配だったレッドソックスですが、まったく崩れるどころか、連敗しても2までというとても安定した戦いぶりを見せてくれています。

その牽引者となっているのが、ずっと好調をキープしているムーキー・ベッツですね。

このゲームも3回に先制の3ランHRを放ち、先発のクリス・セールを援護しました。

ムーキー・ベッツは早くも16号。現時点で両リーグ最多です。2位にはナ・リーグのブライス・ハーパーの15本とア・リーグのマニー・マチャードの15本が続きます。

ムーキー・ベッツですが、本当に好調です。

(現地2018年5月22日時点のベッツの打撃ランキング)

・打率: .368   1位

・HR:  16  1位

・打点:  35  7位

・安打数: 63  1位タイ

1番を打つことが多いので、打点は少なめですが、打率といい、HRといい、結果を出していますね。このゲームでも3安打を放っています。

成績が安定している人がいれば、J・D・マルチネスの得点力も余計に生きてくるので、この調子で頑張ってもらいたいですね。

なお、先発したクリス・セールは8回2アウトまで登板し、被安打4、失点2、奪三振9とこの日も三振を量産しています。

■レイズのSS、W・アダムスがメジャー・デビュー

レイズのプロスペクトで、プレシーズン・トップ・プロスペクト・ランキングで22位に入っていたウィリー・アダムス(Willy Adames #1)がこのゲームでメジャー・デビューを果たしました。

デビュー戦でいきなり5番SSで出場し、期待に応えましたよ!4打数1安打、クリス・セールからレフト・スタンドにHRを放ち、メジャー初ヒットが初HRに。

見たとおり、体が出来上がっているので、パワーがありそうです。

ウィリー・アダムスは現在22才。ドミニカ共和国出身です。今季はトリプルAで開幕。40試合で打率.311、HR4本を放ってメジャーにコールアップされました。

これから期待できそうなプロスペクトです。

【動画】Recap: BOS 4, TB 2

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました