スポンサーリンク

【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設

ポジション + DH + UTL

 現地2022年9月21日、毎年秋に発表されているルイビルスラッガー社主催のシルバースラッガー賞に新しいカテゴリーが新設。もはや多才と言っても過言ではない複数のポジションをこなす選手にも光を当てるということで、ユーティリティプレーヤー部門を選出すると発表しました。

【YOUTUBE】SEA@LAA: Trout receives MVP, Silver Slugger hardware

強打だが、複数ポジションの選手に光

 ルイビルスラッガー社のマーケティングマネージャーであるジェイク・マイズナー氏によると、このトピックは過去しばらくの間、ずっと検討され続けてきたもので、今回の新設に当たり、このように言っております。

 「両リーグには、驚異的な攻撃力を持ちながら複数のポジションをこなし、その多才さゆえに票を失い、栄誉を逃してきた選手がいます。ユーティリティプレーヤーは、ゲームにおいて非常に重要な役割を果たすようになったので、そろそろ彼らにその価値を与えるべき時です」と。

 これは非常に良いニュースであると思います。

 ユーティリティー・プレーヤーはすでにサラリーの面ではある程度は良い評価を受けている状態と言ってもいいと思います。もちろん、選手によります。エージェント側も抱えている選手の価値を最大限にアピールしているでしょうから、そのアピール効果がサラリーには出ているとは思います。

 ただ、Awardに関してはどうしても外れる傾向がありました。特に、シルバースラッガー賞は打撃の賞ですから、攻撃力があるがゆえに出場し、素晴らしい数字を残しているにもかかわらず、真っ当に評価出来ていない面がありましたので、その意味で朗報かと思います。

 またユーティリティー・プレーヤーにタイトルがつくことで彼らのサラリーも上がるかもしれません。

シルバースラッガー賞とは

 シルバースラッガー賞は、各リーグの各ポジションで最も打撃力に優れた選手を表彰するもので、バット・メーカーが主催ですから、バットから火の出るような数字を残している選手に光を当てようというもの。1980年に初めて創設されました。

 DHに関しても、2022年からナ・リーグはユニバーサルとなったので、これからNL DHとして賞が授与されます。なお、2020年の短縮シーズンでDHを導入した際も、マーセル・オズナに授与されています。

評価基準

 シルバースラッガー賞の投票者は各リーグの対戦相手の監督やコーチですが、今回の「ユーティリティー」の新設により、選出には今まで以上に難しい決断を強いられることになりました。投票者は、打率、本塁打、RBI、OPSなどの数字(客観要素)と、選手の全体的な攻撃的価値についての一般的な印象(主観要素)とを組み合わせて検討することになります。

選手のカテゴライズも案外難しい 

 ユーティリティー・プレーヤーと言えば、例えばレッドソックスのキケ・ヘルナンデス、ドジャースのクリス・テイラーが有名です(二人がともにドジャースに在籍していたなんて、ドジャースは本当にとんでもなくすごいクラブですね)。

 ユーティリティー・プレーヤーが活躍しているのは事実で、彼らの打撃も真っ当に評価されるのは大歓迎なのですが、そのカテゴライズはちょっと難しい感があります。

 たとえば、現ブルージェイズのウィット・メリフィールドは、OFと2Bを守り、OFで60試合、2Bで70試合に出場(現地2022年9月20日時点)。彼などはその対象になるかと思います。

 内野-外野をこなしているのがユーティリティーという認識でいるのですが、ではLF-1Bの左打者でよくあるパターンも入れるのか?となるとこれはユーティリティーか?とも思います。

 また、内野-外野をこなすということが、その多才ぶりに評価があるのであれば、大谷選手のP-DHもユーティリティーのカテゴリーに入りそうです。もっとも、大谷選手の場合はDHということになりそうですが、ユーティリティーに投票する人も出てくるかもしれません。

 つまり、ポジションの指定と出場実績にある程度の客観的な指標は必要ではないか?と思います。投票者は迷うと思います。

 もっとも現場の人たちから見れば、案外、簡単なのかもしれませんが・・・。

 色々な視点から考えても今回のSS賞の新部門新設は面白い発想かと思います。該当なしのケースも出てくるかもしれませんね。

 2022年のシルバースラッガー賞は、現地2022年11月10日、ET6:00PMに発表されます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました