スポンサーリンク

【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠

60HRのジャッジ

 現地2022年9月21日、ヤンキースはパイレーツとのゲームを14-2のスコアで大勝。これでシーズンの勝利数は90となりました。

 このゲームでヤンキースは初回に4得点を上げ、さらに8回裏には8得点のビッグイニングを作っております。終盤の8得点ということで、ポジション・プレーヤーが投げたのか?と思ったら、右腕のミゲル・ヤフレ(Miguel Yajure)と左腕のエリック・ストウト(Eric Stout )の2人のピッチャーがそれぞれ4失点を献上しておりました。

1番ジャッジが4-2

 リードオフに入ったジャッジは、第1打席にダブル、第2打席は三振、第3打席はグランドルール・ダブル、第4打席は1Bゴロ。そして第5打席に四球をもらったところで交代。ピンチランナーにティム・ロカストロが出ました。この日のジャッジの成績は4-2。61号HRは出ませんでしたが、打率を.317に上げました。

ジャッジ、トリプル・クラウンに向け、ラッシュ

 前日2022年9月20日のゲームではジャンカルロ・スタントンにサヨナラグランドスラムが出ましたが、その直前にアーロン・ジャッジが今季60号を放ちました。打撃が低調と言われている中で、ジャッジの今季の成績は際立っていますし、60号など久々に聞いた響きでした。

【YOUTUBE】Number 60!!! Aaron Judge’s 60th of the year ties Babe Ruth for 2nd most in Yankees history!

 そのジャッジは少し前のゲームの試合後のインタビューで、自身の数字にはこだわっていないという趣旨の発言をしています。気にならないわけはないのですが、クラブの調子自体も決して盤石とは言えない中、まずは勝利優先という考えのようであります。自分の数字だけのことを考えていたなら、大記録など達成しないと思いますが、ジャッジの顔やこの発言を聞いた時に、これは「むしろ数字は行くだろうな」と結構な方が思ったと思います。

 そして今やトリプル・クラウンも射程に!

打率はボガーツと争っている!

 下記の表は、現地2022年9月21日終了時点のジャッジの打撃部門の各スタッツをALでの順位の「AL Rank」と両リーグを併せた順位の「MLB Rank」に分けて記載しております。タイトルはリーグの成績で決まるので、AL Rankが重要になります。

 HR、打率、打点の3部門でジャッジは下記の通り、1位タイも含めて3冠です。

 打率だけが、現時点でレッドソックスのザンダー・ボガーツとトップ・タイで並んでおります。

#CategoryStatsAL RankMLB Rank
1HR6011
2Average.3171 Tie3
3RBI12811
4RUN12511
5OBP.42111
6SLG.70511
7OPS1.12611
8BB9412
9XBH8711
10TB37611
11ISO.38811
12rWAR9.711
13IBB1722
14Hits16935 Tie
アーロン・ジャッジの打撃成績(現地2022年9月21日時点)

 ボガーツはバッティング・タイトル(打率)はまだ獲っておらず、2015年も.320で2位に終わっています。今回はぜひとも獲得して欲しいと筆者は思っております。

 そうなるといわゆるジャッジのトリプル・クラウンは無くなりますが、そこはプロ同士が争う結果なので、どちらに転んでもいいと思っています。

 そんなことを言いつつ、ジャッジはHRでは一区切りの60本を放ちましたし、RBIも2位のホセ・ラミレスが115で128のジャッジは13もの差をつけているので、これも確定でしょう。残るは打率のみですから、場合によってはHRを捨てて単打にこだわるのもよし、むしろそれをやることでHRがさらに伸びたりするかもしれません。いずれにせよ、打率にフォーカスするのも簡単で、こちらも行くかもしれません・・・。

 他の打率指標も並べると、ジャッジはご覧の通り、12冠。とんでもない状態になっていますね。

 残り19試合。数字はさらに伸びそうです。ボギー、がんばれ!

シングル・シーズンのHRレコード

 なお、シングル・シーズンのHRレコードは下記のようになっております。現時点ではベーブ・ルースに並んでおります。

#PlayerHRSeason
1バリー・ボンズ(SFG)732001
2マーク・マグワイヤ(STL)701998
3サミー・ソーサ(CHC)661998
4マーク・マグワイヤ(STL)651999
5サミー・ソーサ(CHC)642001
6サミー・ソーサ(CHC)631999
7ロジャー・マリス(NYY)611961
8アーロン・ジャッジ(NYY)602022
ベーブ・ルース(NYY)601927
10ベーブ・ルース(NYY)591921
ジャンカルロ・スタントン(MIA)592017
歴代シングル・シーズンHRレコード

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました