スポンサーリンク

【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!

まだ行くぞ!!

 ロイヤルズのサルバドール・ペレスが、ついにあのジョニー・ベンチを超えました。

 現地2021年9月20日、ロイヤルズ@インディアンス戦のダブルヘッダーのGame1で、サルバドール・ペレスが、5回表に2ランHRを放ち、今季46号とし、ついにあのジョニー・ベンチを超え、捕手によるシングル・シーズン最多HR記録を塗り替えました!

 Congratulations!

捕手によるシングル・シーズンHR記録

1.サルバドール・ペレス: 46 (2021-KCR)
2. ジョニー・ベンチ: 45 (1970-CIN)
3. ハビー・ロペス: 43 (2003-ATL)
4. トッド・ハンドリー: 41 (1996-NYM)
4. ロイ・キャンパネルラ(Roy Campanella): 41 (1953-BRO)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1999-NYM)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1997-LAD)
6. ジョニー・ベンチ: 40 (1972-CIN)

Johnny Bench Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More of Johnny Bench. Get info about his position, age, height, weight, draft status, bat...

ALで唯一超えたのがサルビー

 捕手による40HRですが、これまではすべてナ・リーグの捕手による記録でした。これはDH無しというのも関係あるかもしれません。投手も打席に立つ分、捕手も得点源として機能しないと成り立たないからです。

 ただ、消耗の激しいポジションで、40本もHRを放つのはやはり並大抵のことではありませんね。

 それをサルバドール・ペレスが超えたのですから、すごい記録です。50年ぶりの更新というのがその凄さを物語っています。

 なお、サルビー以前のア・リーグはカールトン・フィスク(1985-CWS)による37号が最多でした。

打席でピタッと止まる瞬間の恐ろしさ

 46号を放った相手投手は、トリストン・マッケンジー。9月に入り、エンジン全開の右腕ですが、サルバドール・ペレスは、コーナーに散った1、2球でファウルを放ち、0-2カウント。ポイントは3球目のフレームから枠外へ外れるスライダーを見切ったことにあったと思うのですが、さすがのペレスもあとボール1個分、中に入っていれば空振りしていたかもしれません。

 インディアンス・バッテリーからすればそれを悔いたのか、4球目に同じ球種のスライダーで同じコースを選択。これが結局、甘く入り、そこをサルバドール・ペレスが見逃しませんでした。左中間スタンド深くに刺さる大きなHRでしたね。

 今、とにかく当たっているサルビーですが、打席でピタッと止まる瞬間があります。打者は動いていないと速いボールについていけなくなるので、どこかを動かしているものですが、サルビーもそのように動きます。しかし、一瞬ピタッと止まる時間がありますね。この時の迫力たるや、もし漫画家が描いたとすれば、炎のようなオーラを描くでしょう。そのようなものをまとっている感じがします。

AL HRランキングもタイに

 この46号により、ブルージェイズのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.と並びました。そしてRBIも115とし、MLBでも単独トップ。AL2位はホセ・アブレイユで113。

 9月に入り、ここまで20試合をこなし、サルビーは79-22、打率.278、OBP .333、SLG .595、OPS .928。HRは8本、RBI は21です。

 残り11試合。ロイヤルズはポストシーズンも無くなりましたので、クラブ側も全力で支援してきますから、まだ記録を更新しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました