スポンサーリンク

【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!

MLB 記録と賞

まだ行くぞ!!

 ロイヤルズのサルバドール・ペレスが、ついにあのジョニー・ベンチを超えました。

 現地2021年9月20日、ロイヤルズ@インディアンス戦のダブルヘッダーのGame1で、サルバドール・ペレスが、5回表に2ランHRを放ち、今季46号とし、ついにあのジョニー・ベンチを超え、捕手によるシングル・シーズン最多HR記録を塗り替えました!

 Congratulations!

捕手によるシングル・シーズンHR記録

1.サルバドール・ペレス: 46 (2021-KCR)
2. ジョニー・ベンチ: 45 (1970-CIN)
3. ハビー・ロペス: 43 (2003-ATL)
4. トッド・ハンドリー: 41 (1996-NYM)
4. ロイ・キャンパネルラ(Roy Campanella): 41 (1953-BRO)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1999-NYM)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1997-LAD)
6. ジョニー・ベンチ: 40 (1972-CIN)

Johnny Bench Stats | Baseball-Reference.com
Career: 389 HR (64th), .267 BA, 1376 RBI (85th), C/3B/1B, HOF in 1989, 2xMVP, 1968 NL RoY, 14xAllStar, 10xGG, Reds 1967-1983, b:R/t:R, 3x RBI Leader

ALで唯一超えたのがサルビー

 捕手による40HRですが、これまではすべてナ・リーグの捕手による記録でした。これはDH無しというのも関係あるかもしれません。投手も打席に立つ分、捕手も得点源として機能しないと成り立たないからです。

 ただ、消耗の激しいポジションで、40本もHRを放つのはやはり並大抵のことではありませんね。

 それをサルバドール・ペレスが超えたのですから、すごい記録です。50年ぶりの更新というのがその凄さを物語っています。

 なお、サルビー以前のア・リーグはカールトン・フィスク(1985-CWS)による37号が最多でした。

打席でピタッと止まる瞬間の恐ろしさ

 46号を放った相手投手は、トリストン・マッケンジー。9月に入り、エンジン全開の右腕ですが、サルバドール・ペレスは、コーナーに散った1、2球でファウルを放ち、0-2カウント。ポイントは3球目のフレームから枠外へ外れるスライダーを見切ったことにあったと思うのですが、さすがのペレスもあとボール1個分、中に入っていれば空振りしていたかもしれません。

 インディアンス・バッテリーからすればそれを悔いたのか、4球目に同じ球種のスライダーで同じコースを選択。これが結局、甘く入り、そこをサルバドール・ペレスが見逃しませんでした。左中間スタンド深くに刺さる大きなHRでしたね。

 今、とにかく当たっているサルビーですが、打席でピタッと止まる瞬間があります。打者は動いていないと速いボールについていけなくなるので、どこかを動かしているものですが、サルビーもそのように動きます。しかし、一瞬ピタッと止まる時間がありますね。この時の迫力たるや、もし漫画家が描いたとすれば、炎のようなオーラを描くでしょう。そのようなものをまとっている感じがします。

AL HRランキングもタイに

 この46号により、ブルージェイズのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.と並びました。そしてRBIも115とし、MLBでも単独トップ。AL2位はホセ・アブレイユで113。

 9月に入り、ここまで20試合をこなし、サルビーは79-22、打率.278、OBP .333、SLG .595、OPS .928。HRは8本、RBI は21です。

 残り11試合。ロイヤルズはポストシーズンも無くなりましたので、クラブ側も全力で支援してきますから、まだ記録を更新しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました