スポンサーリンク

【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!

まだ行くぞ!!

 ロイヤルズのサルバドール・ペレスが、ついにあのジョニー・ベンチを超えました。

 現地2021年9月20日、ロイヤルズ@インディアンス戦のダブルヘッダーのGame1で、サルバドール・ペレスが、5回表に2ランHRを放ち、今季46号とし、ついにあのジョニー・ベンチを超え、捕手によるシングル・シーズン最多HR記録を塗り替えました!

 Congratulations!

捕手によるシングル・シーズンHR記録

1.サルバドール・ペレス: 46 (2021-KCR)
2. ジョニー・ベンチ: 45 (1970-CIN)
3. ハビー・ロペス: 43 (2003-ATL)
4. トッド・ハンドリー: 41 (1996-NYM)
4. ロイ・キャンパネルラ(Roy Campanella): 41 (1953-BRO)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1999-NYM)
6. マイク・ピアッザ(Mike Piazza): 40 (1997-LAD)
6. ジョニー・ベンチ: 40 (1972-CIN)

Johnny Bench Stats | Baseball-Reference.com
Career: 389 HR (64th), .267 BA, 1376 RBI (85th), C/3B/1B, HOF in 1989, 2xMVP, 1968 NL RoY, 14xAllStar, 10xGG, Reds 1967-1983, b:R/t:R, 3x RBI Leader

ALで唯一超えたのがサルビー

 捕手による40HRですが、これまではすべてナ・リーグの捕手による記録でした。これはDH無しというのも関係あるかもしれません。投手も打席に立つ分、捕手も得点源として機能しないと成り立たないからです。

 ただ、消耗の激しいポジションで、40本もHRを放つのはやはり並大抵のことではありませんね。

 それをサルバドール・ペレスが超えたのですから、すごい記録です。50年ぶりの更新というのがその凄さを物語っています。

 なお、サルビー以前のア・リーグはカールトン・フィスク(1985-CWS)による37号が最多でした。

打席でピタッと止まる瞬間の恐ろしさ

 46号を放った相手投手は、トリストン・マッケンジー。9月に入り、エンジン全開の右腕ですが、サルバドール・ペレスは、コーナーに散った1、2球でファウルを放ち、0-2カウント。ポイントは3球目のフレームから枠外へ外れるスライダーを見切ったことにあったと思うのですが、さすがのペレスもあとボール1個分、中に入っていれば空振りしていたかもしれません。

 インディアンス・バッテリーからすればそれを悔いたのか、4球目に同じ球種のスライダーで同じコースを選択。これが結局、甘く入り、そこをサルバドール・ペレスが見逃しませんでした。左中間スタンド深くに刺さる大きなHRでしたね。

 今、とにかく当たっているサルビーですが、打席でピタッと止まる瞬間があります。打者は動いていないと速いボールについていけなくなるので、どこかを動かしているものですが、サルビーもそのように動きます。しかし、一瞬ピタッと止まる時間がありますね。この時の迫力たるや、もし漫画家が描いたとすれば、炎のようなオーラを描くでしょう。そのようなものをまとっている感じがします。

AL HRランキングもタイに

 この46号により、ブルージェイズのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.と並びました。そしてRBIも115とし、MLBでも単独トップ。AL2位はホセ・アブレイユで113。

 9月に入り、ここまで20試合をこなし、サルビーは79-22、打率.278、OBP .333、SLG .595、OPS .928。HRは8本、RBI は21です。

 残り11試合。ロイヤルズはポストシーズンも無くなりましたので、クラブ側も全力で支援してきますから、まだ記録を更新しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました