スポンサーリンク

【MLBアウォード2021】リリーバー・オブ・ザ・イヤーに、リアム・ヘンドリクスとジョシュ・ヘイダーが選ばれる

リリーバーを讃える賞に左右のスーパークローザー

 現地2021年11月10日、リリーバーを讃える”リリーバー・オブ・ザ・イヤー”が発表されました。受賞したのは、ともにリーグを代表するスーパー・クローザーでした。

 受賞者は以下に記載する2名です。

AL:リアム・ヘンドリクス(CWS)

 ア・リーグのリリーバー・オブ・ザ・イヤーには別称があり、通算652セーブを上げたマリアーノ・リベラに因み、”Mariano Rivera Award”とも呼ばれます。今季受賞したのは、ホワイトソックスのリアム・ヘンドリクス(Liam Hendriks)、32才。

 リアム・ヘンドリクスは今季69試合に登板。71.0イニングを投げ、8勝3敗、ERA 2.54。被安打は45、被本塁打は11、奪三振は113。SO9は14.3!WHIPは0.732でERA+は171。

 またリアム・ヘンドリクスは2020シーズンに続き、2年連続の受賞となります。

 ファストボールは100mphをマーク。数字とともにその威力たるや凄まじかったですね。これぞ、クローザーという投球でした。

NL:ジョシュ・ヘイダー(MIL)

 ナ・リーグは、ブルワーズのジョシュ・ヘイダー(Josh Hader)が受賞。ナ・リーグのこの賞にも別称があり、通算601セーブを上げたトレバー・ホフマンにちなみ、”Trevor Hoffman Award”とも呼ばれています。トレバー・ホフマンは3クラブに在籍していましたが、全てナ・リーグのクラブ。パドレスで16シーズン、ブルワーズで2シーズン、フロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)で2シーズンを過ごしました。

27才のシーズンとなったジョシュ・ヘイダーは、今季は60試合に登板。58.2イニングで4勝2敗、34セーブを上げ、ERAは1.23。

 WHIPは0.835で、奪三振は102。SO9は15.6と恐ろしい数字をマークしています。ちなみにSO9のキャリアハイは、2019シーズンの16.4。

 今季はメジャー5シーズン目。2017年にデビューして以来、2年目の2018年に55試合、3年目の2019年に61試合を投げ、このままFAとなる前につぶれてしまうのではないか?と心配していましたが、そこはクレイグ・カウンセル監督もよく心得ており、可能な限り連投はさせないようにしています。今季の連投は17。なお、クローザー特有の数字になりますが、ERA+は348。

ブルワーズが4年連続受賞

 そしてジョシュ・ヘイダーがこの賞に輝いたのは2018、2019シーズンにつづき3度め。2020年はデビン・ウィリアムズが受賞したので、ブルワーズ勢で4年連続でこの賞を受賞していることに。

Reliever of the Year Award Winners | History
A list of Reliever of the Year award winners in MLB history.

マーク・マランソンは受賞ならず

 なお、ナ・リーグのセーブタイトルは、39セーブを上げたパドレスのマーク・マランソン。惜しくも受賞を逃しました。2014年からスタートしたこの賞においてマランソンはパイレーツ時代の2015年に受賞したことがあります。

ともに中地区のクローザー

 今季のリリーバー・オブ・ザ・イヤーはともに中地区のクラブのクローザーが受賞したことになりました。

 中地区は2年連続でLCSへ進むことが出来ておらず、せっかくのスーパー・クローザーもちょっと勿体ない結果になっています。

 また、2人ともポストシーズンでは痛い目に合いました。

 リアム・ヘンドリクスはALDS Game4でビハインドのままマウンドに上がり、3ランHRを打たれるなど厳しい結果に。

 ジョシュ・ヘイダーはNLDS Game4で同点で8回のマウンドに上がり、フレディー・フリーマンに勝ち越しとなるHRを許すという痛い結果に。

  とは言え、レギュラーシーズンを勝ち抜いたのはこの2人のとんでもない活躍があってこそ。

  来季はクラブ全体がいい結果になればよいなと思います。

  お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました