スポンサーリンク

【MLBアウォード2021】リリーバー・オブ・ザ・イヤーに、リアム・ヘンドリクスとジョシュ・ヘイダーが選ばれる

リリーバーを讃える賞に左右のスーパークローザー

 現地2021年11月10日、リリーバーを讃える”リリーバー・オブ・ザ・イヤー”が発表されました。受賞したのは、ともにリーグを代表するスーパー・クローザーでした。

 受賞者は以下に記載する2名です。

AL:リアム・ヘンドリクス(CWS)

 ア・リーグのリリーバー・オブ・ザ・イヤーには別称があり、通算652セーブを上げたマリアーノ・リベラに因み、”Mariano Rivera Award”とも呼ばれます。今季受賞したのは、ホワイトソックスのリアム・ヘンドリクス(Liam Hendriks)、32才。

 リアム・ヘンドリクスは今季69試合に登板。71.0イニングを投げ、8勝3敗、ERA 2.54。被安打は45、被本塁打は11、奪三振は113。SO9は14.3!WHIPは0.732でERA+は171。

 またリアム・ヘンドリクスは2020シーズンに続き、2年連続の受賞となります。

 ファストボールは100mphをマーク。数字とともにその威力たるや凄まじかったですね。これぞ、クローザーという投球でした。

NL:ジョシュ・ヘイダー(MIL)

 ナ・リーグは、ブルワーズのジョシュ・ヘイダー(Josh Hader)が受賞。ナ・リーグのこの賞にも別称があり、通算601セーブを上げたトレバー・ホフマンにちなみ、”Trevor Hoffman Award”とも呼ばれています。トレバー・ホフマンは3クラブに在籍していましたが、全てナ・リーグのクラブ。パドレスで16シーズン、ブルワーズで2シーズン、フロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)で2シーズンを過ごしました。

27才のシーズンとなったジョシュ・ヘイダーは、今季は60試合に登板。58.2イニングで4勝2敗、34セーブを上げ、ERAは1.23。

 WHIPは0.835で、奪三振は102。SO9は15.6と恐ろしい数字をマークしています。ちなみにSO9のキャリアハイは、2019シーズンの16.4。

 今季はメジャー5シーズン目。2017年にデビューして以来、2年目の2018年に55試合、3年目の2019年に61試合を投げ、このままFAとなる前につぶれてしまうのではないか?と心配していましたが、そこはクレイグ・カウンセル監督もよく心得ており、可能な限り連投はさせないようにしています。今季の連投は17。なお、クローザー特有の数字になりますが、ERA+は348。

ブルワーズが4年連続受賞

 そしてジョシュ・ヘイダーがこの賞に輝いたのは2018、2019シーズンにつづき3度め。2020年はデビン・ウィリアムズが受賞したので、ブルワーズ勢で4年連続でこの賞を受賞していることに。

Reliever of the Year Award Winners | History
A list of Reliever of the Year award winners in MLB history.

マーク・マランソンは受賞ならず

 なお、ナ・リーグのセーブタイトルは、39セーブを上げたパドレスのマーク・マランソン。惜しくも受賞を逃しました。2014年からスタートしたこの賞においてマランソンはパイレーツ時代の2015年に受賞したことがあります。

ともに中地区のクローザー

 今季のリリーバー・オブ・ザ・イヤーはともに中地区のクラブのクローザーが受賞したことになりました。

 中地区は2年連続でLCSへ進むことが出来ておらず、せっかくのスーパー・クローザーもちょっと勿体ない結果になっています。

 また、2人ともポストシーズンでは痛い目に合いました。

 リアム・ヘンドリクスはALDS Game4でビハインドのままマウンドに上がり、3ランHRを打たれるなど厳しい結果に。

 ジョシュ・ヘイダーはNLDS Game4で同点で8回のマウンドに上がり、フレディー・フリーマンに勝ち越しとなるHRを許すという痛い結果に。

  とは言え、レギュラーシーズンを勝ち抜いたのはこの2人のとんでもない活躍があってこそ。

  来季はクラブ全体がいい結果になればよいなと思います。

  お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました