スポンサーリンク

【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!

プホルズ、A・ロッドを抜き単独4位へ

 現地2022年9月11日、この日付はアメリカにとって忘れられない日ということで、各スタジアムでは911をトリビュートしたイベントが厳かに行われました。中でもテキサス州のグローブ・ライフ・フィールドではジョージ・W・ブッシュ元大統領がファースト・ピッチのイベントに参加しました。

 あの大惨事が起こったのは2001年のこと。フィールドにはその年に生まれた選手も立っているという状況になりました。リアルタイムで見ていない選手が増えてはいるものの、この日はやはり気持ちが乗るのか、非常にいいゲームが多かったですね。

 そのうちの1つがこのカージナルス@パイレーツ戦です。

 これは劇的なゲームとなりました。プホルズが素晴らしい記録を打ち立てたゲームではあったのですが、序盤の主役はパイレーツ先発のミッチ・ケラー(Mitch Keller)でした。

ミッチ・ケラーがカージナルス打線を封印

 パイレーツ先発のミッチ・ケラーは前回登板の現地2022年9月6日に、メッツ打線を相手に6回スコアレスの好投で5勝目を上げております。その前はブルワーズに対して6イニングで2失点と、ここのところボールにキレもあり、好投が続いています。

 この日のマウンドもその余韻を持ったまま上がり、4イニングを投げてヒット1本という素晴らしい立ち上がりを見せました。5回には四球を2つ出し、スコアリング・ポジションにランナーを進められるも、モリーナをダブルプレーに斬って取り、無失点。

 ミッチ・ケラーは7回を投げきり、91球。被安打2、スコアレス、BB3、SO6という素晴らしい投球でマウンドを降りました。

 プホルズもタイミングを外され、3打席で2フライアウト、1三振でした。

オニール・クルーズの足でPITが先制 

 先制点はパイレーツで、3回裏、カージナルス先発のホセ・キンタナに対してグレッグ・アレンとジェイソン・ディレーが2連打を浴びせチャンスをメイク。グレッグ・アレンは3塁にまで進塁。

 ここでDHで出場したオニール・クルーズが、SSゴロ。6-4-3のダブルプレーを試みましたが、オニール・クルーズの足が一歩速く、この間にグレッグ・アレンが生還し、パイレーツが1-0とリード。

 なかなか追加点が取れなかったパイレーツでしたが、7回裏に先頭のジャック・スウィンスキーが右中間へソロHRを放ち、2-0に。好投していたミッチ・ケラーに2点目をプレゼントしました。

 パイレーツは7回裏にもジャック・スウィンスキーが右中間へソロHRを放ち、2-0。好投が続いていたミッチ・ケラーをようやく援護できました。

負け試合をふっ飛ばしたプホルズの一撃 

 8回表、パイレーツのマウンドは、デュアン・アンダーウッド・ジュニア。やや怖い面もあったのですが、アンダーウッド・Jr.はルーキーのアレク・バールソンにメジャー初ヒットを許したのみでスコアレスで切り抜けております。

 パイレーツのリードは僅差だったものの、カージナルスはかなり敗色が濃厚な状況に。

 パイレーツは8回裏にランナーを二人出したものの、あと1本が出ず、2-0のまま最終回のカージナルスの攻撃に移ります。

チェイス・デヨング、ケラーの勝ちを消す

 ミッチ・ケラーになんとか勝ち星をと考えれば考えるほど、逆に「圧」がかかってしまうのがパイレーツの投手陣。ゲーム・クローズを任されたチェイス・デヨングにはそのプレッシャーがのしかかったかもれません。

 デヨングはイニング先頭のエドマンにまず二塁打、つづくコーリー・ディッカーソンにもBack to Backで二塁打を浴び、まず1失点。

 ランナーを1人置いて回ってきたのがアルバート・プホルズ。

 デヨングはもう戦意にかけてしまい、プホルズに2球連続でアウトコースの枠外へボール。その3球目。今度はアウトコースの枠内へ投げてしまい、打者からすると1、2球より甘い球が高めに来たので、普通に反応したというボールでした。

 プホルズの打球は押し込みが効いたのか、グングン伸びて行き、CFのフェンスを超える逆転2ランHRに。カージナルスが最終回に3-2と逆転に成功したのでした。

 この一発は本当に価値がありましたね。

【YOUTUBE】4th all-time in homers!! Albert Pujols passes Alex Rodriguez with 697!!

 さらに、この後、タイラー・オニールにも一発が出て、カージナルスが4-2とリードを拡げます。

 9回裏、カージナルスのマウンドにはライアン・ヘルスリーが上がり、グレッグ・アレンにHRを打たれ、1点差に詰め寄られますが、ベン・ギャメルをCFフライに打ち取り、ゲームセット。

 カージナルスが土壇場でプホルズの逆転HRなどで4-3のスコアで勝利したのでした。

プホルズ、Aロッド超え

 これでプホルズの通算HRは697。

【MLBキャリアHRリーダー】

  1. バリー・ボンズ(22シーズン):762
  2. ヘンリー・アーロン(=ハンクアーロンこと/23シーズン):755
  3. ベーブ・ルース(22シーズン):714
  4. アルバート・プホルズ(22シーズン):697
  5. アレックス・ロドリゲス(22シーズン):696

(現地2022年9月12日時点)

A・ロッドの696HRを抜き、単独3位に躍り出ました。700号まであと3本!

 カージナルスはこのゲームで141試合。残りゲームは21試合。迷いなどなさそうなので、700号への期待は高まりますね。

 日程は12日が移動日でゲームがありません。13日からブルワーズとの2連戦となっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました