スポンサーリンク

【MLB2023】MOYはO’sのブランドン・ハイド監督とMIAのスキップ・シューメーカー監督が受賞!

2023 MOYが決定!

 現地2023年11月14日、2023シーズンのMOY(Manager of the Year)が明らかとなり、ALはオリオールズのブランドン・ハイド監督、NLはマーリンズのスキップ・シューメーカー監督が受賞しました。

投票のルール

 投票方法はROYと同じで全米野球記者協会(BBWA)に所属する会員の中の30人が、3名を1位から3位まで記載。ポイント制となっていて、1位は5点、2位は3点、3位は1点が付与され、合計点が表示されます。

投票結果

 こちらが投票結果です。

AL MOY

 ALはほぼブランドン・ハイドになることは見えていましたが、ブルース・ボーチーと割れるのでは?とも思っていましたが、結果はハイドが圧勝でした。なぜかTORのジョン・シュライバーが入っていますね。

Name1st2nd3rdPoints
ブランドン・ハイド
(Brandon Hyde) BAL
273144
ブルース・ボーチー
(Bruce Bochy)TEX
3121061
ケビン・キャッシュ
(Kevin Cash)TB
131352
ロコ・バルデッリ
(Rocco Baldelli)MIN
158
ダスティー・ベイカー
(Dusty Baker)HOU
114
ジョン・シュライバー
(John Schneider)TOR
11

AL MOY :ブランドン・ハイド(BAL)

 2022年のMOYでテリー・フランコーナに次ぐ2位だったオリオールズのブランドン・ハイド監督が、今回受賞しました。

 ブランドン・ハイド監督は、MLBでプレーしていない9人目のMOY受賞者となります。他の受賞者は、4回受賞のバック・ショーウォルター、3回受賞のジム・レイランド、ジョー・マッドン、2回受賞のジャック・マキーオン(Jack McKeon)のほか、ジム・フレイ(Jim Frey)、ジョン・マクナマラ(John McNamara)、ブライアン・スニツカー(Brian Snitker)、マイク・シルト(Mike Schildt)になります。

 オリオールズの監督が受賞するのは フランク・ロビンソン(1989年)、デイビー・ジョンソン(1997年)、バック・ショウォルター(2014年)に次いで今回で4度目となります。

 シーズン101勝61敗で、強かったですね。レイズのロケット・スタートにしっかりと食らいつき、オールスター明けの7月19日に首位に。そこからフィニッシュまで首位をキープしました。

NL MOY

 NLはかなり割れました。これは評価の分れるところでした。地区優勝ということではクレイグ・カウンセル、デイブ・ロバーツ、そしてブライアン・スニツカーで、レギュラーシーズンの強さから言ってブレーブスのスニツカーが順当だと思っていましたが、同地区のマーリンズのシューメーカーに。

 前年からの好転という意味では2022年の69勝から2023年の84勝のマーリンズのスキップ・シューメーカー、2022年の74勝から2023年の84勝のトレイ・ロブロという観点も面白いと思ったのですが、前年からのジャンプ度合いからすればスキップ・シューメーカーとなりました。

Name1st2nd3rdPoints
スキップ・シューメーカー
(Skip Schumaker) MIA
88872
クレイグ・カウンセル
(Craig Counsell)MIL
57551
ブライアン・スニツカー
(Brian Snitker)ATL
82248
トレイ・ロブロ
(Torey Lovullo) AZ
45742
デイブ・ロバーツ
(Dave Roberts) LAD
45641
デービッド・ベル
(David Bell)CIN
12213
デービッド・ロス
(David Ross) CHC
13

NL MOY:スキップ・シューメーカー(MIA)

 マーリンズの監督就任1年目のスキップ・シューメイカーが、NL MOYを受賞。

 初年度での受賞はNLでは7度、全体では9度目です。他のNLでの1年目の受賞者は、アストロズ※のハル・ラニアー(1986年 ※当時はNLに所属)、ジャイアンツのダスティ・ベイカー(1993年)、マーリンズのジョー・ジラルディ(2006年)、ナショナルズのマット・ウィリアムズ(2014年)、ドジャースのデイブ・ロバーツ(2016年)、Dバックスのトーリー・ロブロ(2017年)。ALでは、レンジャーズのジェフ・バニスター(2015年)とツインズのロコ・バルデリ(2019年)がそうです。

 シューメーカーの受賞はマーリンズではジャック・マッキオン(2003年)、ドン・マッティングリー(2020年)に次いで3人目の受賞。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました