【発表】2019シルバースラッガー賞!ブレーブスから3人、トラウトが7度目の受賞

スポンサーリンク

2019シルバースラッガー賞

 現地2019年11月7日、2019シーズンのルイビル・シルバースラッガー賞が発表されました。

シルバースラッガー賞とは

 優れた打撃成績を残した選手に送られる賞で、バットメーカーのルイビル・スラッガー社が毎年、各ポジションのベスト・オフェンス・プレーヤーを選出し、表彰します。外野手はポジションに関係なく3名を選出。受賞者は各チームの監督とコーチの投票によって決定するものの、自軍の選手は選べないことになっています。選手にはとても名誉な賞。

2018シルバースラッガー賞 現地2018年11月8日、ルイビル・スラッガー社提供の2018年シルバー・スラッガー賞の発表がありました。 ...

 では受賞者を見てみたいと思います。

ア・リーグ

2019 AL バッティング・リーダー

【AV.】1. ティム・アンダーソン(Anderson) CHW:.335
2. D.J. ルメイユ(LeMahieu) NYY:.327
3. ヨアン・モンカダ(Moncada) CHW:.315
4. マイケル・ブラントリー(Brantley)HOU: .311
4. ラファエル・デバース(Devers) BOS: .311
6. ネルソン・クルーズ(Cruz)  MIN : .311
【HR】1. ホルヘ・ソレアー(Soler)CWS :48
2. マイク・トラウト(Trout )LAA: 45
3. ネルソン・クルーズ(Cruz)MIN: 41
3. アレックス・ブレグマン(Bregman)HOU:41
3. ジョージ・スプリンガー(Springer )HOU:41
【RBI】1.ホセ・アブレイユ(Abreu) CHW: 123
2.ホルヘ・ソレアー(Soler) KCR:117
3. ザンダー・ボガーツ(Bogaerts ) BOS:117
4. ラファエル・デバース(Devers )BOS:115
5.アレックス・ブレグマン(Bregman) HOU:112
【OPS】1.マイク・トラウト(Trout) LAA:1.083
2.ネルソン・クルーズ(Cruz )MIN:1.031
3.アレックス・ブレグマン(Bregman) HOU:1.015
【Hits】1.ウィット・メリフィールド(Merrifield) KCR:206 (右)
2.ラファエル・デバース(Devers) BOS:201(左)
3.D.J. ルメイユ(LeMahieuNYY:197(右)
4.ザンダー・ボガーツ(Bogaerts) BOS:190(右)
5.マーカス・セミエン(Semien) OAK:187(右)

AL 感想

  • 捕手はHR34本、Av. 232、RBI 77のヤンキースのG・サンチェスかと思っていましたが、ミッチ・ガーバーが選ばれました。ガーバーはHR 31本、Av.273、RBI 67。
  • 1Bはホセ・アブレイユと予想していたものの、カルロス・サンタナに。カルロス・サンタナはHR34、RBI 93、Av .281。
  • 2Bは文句なし。
  • 3Bはラファエル・デバースだと思っていたので残念。デバースはAv .311、HR 32、RBI 115。ブレグマンはAv. 296、HR 41、RBI 112。いい勝負でしたね。
  • SSはティム・アンダーソンとザンダー・ボガーツの争いだったと思いますが、長打力でボガーツでしたね。
  • OFの3人は文句ありませんね。ホルヘ・ソレアーはRFで56試合、DHで107試合ですので、DHでの考慮されたと思います。
  • DHは、ホルヘ・ソレアーとネルソン・クルーズの争いになったと思いますが、OPSでネルソン・クルーズかと思いました。

ナ・リーグ

2019 AL バッティング・リーダー

【Av.】1. クリスチャン・イェリッチ(Yelich)MIL:.329
1. ケーテル・マルテ(
Marte)ARI:.329
3. アンソニー・レンドン(Rendon )WSH:.319
4. ジェフ・マクニール(McNeil)NYM: .318
5. ノーラン・アレナド(Arenado )COL:.315
【HR】1. ピート・アロンソ(Alonso)NYM: 53
2. エウヘニオ・スアレス(Suarez )CIN:49
3. コディー・ベリンジャー(Bellinger)LAD:47
4. クリスチャン・イェリッチ(Yelich )MIL:44
5. ノーラン・アレナド(Arenado )COL:41
5. ロナルド・アクーニャ・Jr.(Acuna)ATL:41
【RBI】1.アンソニー・レンドン(Rendon) WSN:126
2.フレディー・フリーマン(Freeman) ATL:121
3. ピート・アロンソ(Alonso) NYM:120
4. ノーラン・アレナド(Arenado ) COL: 118
4. エドゥアルド・エスコバー(Escobar )ARI:118
【OPS】1.クリスチャン・イェリッチ(Yelich) MIL:1.100
2.コディー・ベリンジャー(Bellinger )LAD:1.035
3.アンソニー・レンドン(Rendon) WSN:1.010
【Hits】1.オジー・アルビーズ(Albies ) ATL:189(両)
2.ケーテル・マルテ(Marte) ARI:187(両)
3.ノーラン・アレナド(Arenado) COL:185(右)
4.チャーリー・ブラックモン(Blackmon) COL:182(左)
5.アメッド・ロサリオ(Rosario )NYM:177(右)

NL 感想

  • ナ・リーグの捕手はリアルミュート以外思い浮かばなかった印象です。
  • 1Bはピート・アロンソにしてもらいたかったと思います。
  • 2Bは最多安打のアルビーズでしたね。ムスターカスは2Bでの出場が多かったと思いますが、Av.254、HR 35、RBI 87、Hits 135。HRか安打数かというところでしたね。ムースにしてもらいたかった。
  • 3Bは難しかったですね。アンソニー・レンドンでもちろんよかったと思いますが、レッズのエウヘニオ・スアレスが49HRも放っていたので難しいところでした。
  • SSはジーン・セグラ(PHI)では物足りなかったですね。Av. 280、HR12。ストーリーはAv.294、HR 35!
  • OFの3人は誰か一人を選べと言われば難しいですが、3人選べと言われればこの3名しかありません。
  • Pのザックは前半戦打ちまくりました。ローレンツェンはまた来年に期待です。
ザック・グレインキ、現地2019年4月25日のパイレーツ戦で7回を被安打2、無失点の好投!さらに打ってはトリプル!打撃成績がすごい数字になっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク