スポンサーリンク

【MLB2024FA】ロイヤルズ、ハンター・レンフローと2年契約でサイン

KCの攻勢は続く!

 現地2023年12月15日になりますが、カンザスシティ・ロイヤルズがまたしてもディールを成立させました。2023年はエンゼルスでその大半を過ごし、贅沢税対策でレッズに移籍となり、FAとなっていたハンター・レンフローと合意です。現在、フィジカルチェックの結果待ちでまもなく正式発表となります。

契約内容

 ロイヤルズとハンター・レンフローの契約は以下の内容で合意。

  • 2 年/$13M (2024-25)
    • $5.5M(2024)
    • 2025 $7.5M プレーヤーオプション

またもプレーヤーオプション設定

 2023年終了後にようやくFA資格を満たしたハンター・レンフローはFA前年の成績が振るわなかったため、本人の望むような内容にはならなかったかもしれませんが、それでも2年目がプレーヤー・オプションという実質的に2年保証となるマルチイヤー・ディールを勝ち取りました。

 ロイヤルズはセス・ルーゴ、クリス・ストラットン、マイケル・ワカ、そしてハンター・レンフローと4人続けてプレーヤーオプションを設定した契約に。何か、うまくこれで選手側の要望を掴んでいる感がありますね。クラブ側としてもプレーヤーオプションが必ずしも発動する訳ではないですから、支払いに柔軟性があります。

2023年のハンター・レンフロー

 2023年、ブルワーズとのトレードでエンゼルスへ移籍することとなったハンター・レンフローはその見た目がマイク・トラウトにそっくりだったこともあり、エンゼルス・ファンからも大歓迎されました。ファンはその外見だけでなく、レンフローのOFの守備、そして長打力が高いことを良く知っていたからです。トラウトとともに最強の右中間になる期待をもたせました。

2023年の月別スタッツ

 以下は2023年の月別のスタッツで、もともとレンフローはそれほど打率の高い選手ではありません。BAは.250も打てば相当な「御」の字なのですが、OBPが.300をキープ出来るかどうかが一つの目安。5月、6月の2ヶ月が落ち込みましたね。このコアの2ヶ月で数字が上がらなければ厳しいシーズンになる確率が上がります。

月別GHRRBISOBAOBPSLGOPS
MAR/APR2872024.259.325.519.844
MAY263925.235.275.363.638
JUN2241119.256.282.488.770
JUL233720.266.372.468.841
AUG272925.193.260.330.590
SEP/OCT141412.128.227.205.432

 RHP/LHPの対戦の傾向では、右投手の打率は.229、左投手は.244。右打者なので、RHPとの対戦成績をどれくらい上げることが出来るかが数字をあげるポイントですが、ちょっと淡白な打席が続きました。

 そしてエンゼルスが総力を上げて「買い」に向かった8月、レンフローの成績はさらに下降。

 プレーオプの望みのなくなったエンゼルスは贅沢税対策としてレンフローら中堅どころをウェーバーにかけ、放出を企図しました。

 そして2023年8月31日にレンフローはレッズに移籍。しかし、レッズに移籍後のハンター・レンフローはさらなる大苦戦に陥り、14試合で39-5、打率.128、OBP .227、SLG .205、HR 1、二塁打 0、三塁打 0、RBI 4、Run 4に終わり、2週間後の現地9月18日にDFAに。

 波乱万丈なシーズンを送ったのでした。

これまでのレンフロー

 レイズでMLBデビューしたレンフローは2020年終了後、収益が落ちてさらに選手へつぎ込む費用が絞られたレイズから、ノンテンダーFAとなってしまいます。

 

 それを拾ったのがレッドソックスで、1年/$3.1M (2021)でサイン。

 そして2021年、ハンター・レンフローは輝きました。

 この年は144試合に出場し、135安打を放ち、打率.259、OBP .315、SLG .501、HR 31、RBI 96。これに加えて守備力でどれほどレッドソックスは助けられたか。素晴らしい1年となりました。

 2022年、当時のレッドソックスのCBO(Chief Baseball Officer)のハイム・ブルームが後に批判されたトレードが成立。レンフローを出して、ジャッキーを再び迎え入れたのでした。

 ジャッキーとレンフローの攻撃力を比較した時にこの選択は誰が考えてもないと思ったのですが、決まりましたね。オーナーの意向だったのでしょうか??

 ブルワーズでは、29 HR、79RBIと2021年より少し落ちる成績をキープしたレンフローは十分にチームに貢献。

 そして2023年にエンゼルスに移籍したのでした。

 2024年1月28日の誕生日で32才となるレンフロー。もう一花も二花も咲かせたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました