スポンサーリンク

【MLB2021】ルール5ドラフトに向けたロスター調整でTBのハンター・レンフロー、BALのレナート・ヌニェスらがDFA!

40manロスターのデッドライン

 現地2020年11月20日、東部時間の夕方6時が40manロスターのデッドラインでした。

 各クラブはそれに向け、ロスターを調整。その中でエブリデー・プレーヤーのDFA(Designated For Assignment)も行われ、なかでも衝撃的だったのはレイズのハンター・レンフロー、そしてオリオールズのレナート・ヌニェスのDFAでした。

40manのデッドラインが設けられている理由

 どうしてこの時期に40manロスターのデッドラインが設けられているかと言えば、期限までに40manロスターにプロスペクト達を追加しないと2020年12月10日に行われるルール5ドラフトで他のクラブに明け渡すことになるからです。このデッドラインはいわば、2020年のルール5ドラフトからプロスペクトを保護するための期限と言えます。

ルール5ドラフトの資格から除外

 ルール5ドラフトで指名されないようにする方法が以下です。

  • 今所属しているクラブと18歳以下でサインした選手は在籍年数が5年を経過していれば指名対象となり得るが、その前に40manロスターに加えれば、指名対象から外れる。
  • 今所属しているクラブと19歳以上でサインした選手は在籍年数が4年を超えていれば指名出来るが、その前に40manロスターに加えれば、指名対象外から外れる。

 40manロスターのデッドラインとはまさに上記2つの在籍制限の調整を行っているということです。

2020年ルール5ドラフトの対象選手

 言い換えれば、今季のルール5ドラフトで対象となる選手は、2017年ドラフトの大学生指名、2016年ドラフトの高校生指名、2016-17のアマチュアFAでサインした選手達が対象となります。彼らの中でロスターに入れるかどうかをプランしていたのが、40manロスターのデッドラインでクラブがやっていた作業です。キム・アングさんもやっていたのでしょうね!

40manロスターから外す=DFA

 新たにプロスペクトを40manロスターに加えるには現状の40manロスターから空きを作らなければなりません。それがDFAとなります。

 今回、驚いたのはエブリデー・プレーヤー(つまりレギュラーですね)のハンター・レンフローとレナート・ヌニェスがDFAとなったことでした。

レイズがハンター・レンフローをDFA

 2020年ワールドシリーズにも出場したハンター・レンフロー(Hunter Renfroe)をレイズはDFAとし、40manロスターから外しました。

 ハンター・レンフローは28才。2013年パドレス1巡目指名のOF。

 現地2019年12月5日にレイズとパドレス間で成立したトミー・ファムとのトレードでレイズに移籍。

2017-19で85HR

 2016年にデビューし、デビュー2年目の2017年から2019年の3年間で放ったHRが85本。2017年からそれぞれ26本、26本、33本を放ちました。

2020年は打率で苦しむ

 ただ、2020シーズンは打率.156と苦しみました。もともと打率が低く、.250をキープできていなかった選手ですが、上記の通り、長打力が魅力の選手。今季は調整が難しいシーズンでしたから、余計にこのような結果になったかと思います。

 ポストシーズンにも出場し、守備でも活躍していただけにもったいない気がします。トレードが成立するか、マイナーへアウトライトとなるか。

オリオールズはレナート・ヌニェスをDFA

 そしてオリオールズは内野手で2019シーズンに151試合、2020シーズンに52試合とほぼ毎試合出ていたレナート・ヌニェス(Renato Núñez)をDFAにしてロスターを空けました。

2019-20でHR43、RBI 121

 レナート・ヌニェスの2019シーズンから2020シーズンの2年間の成績は、打率.247、OBP .314、SLG .469、OPS .783。OPS+は106。HRは43本で、RBI は121。

 ヌニェスはしかもまだ26才。ここまで実績があり、内野のユーティリティーであれば、トレードが成立する可能性も高いですが、オリオールズも勿体ないと思えるような決断を行いました。

レイズ、オリオールズの追加プロスペクト

 ハンター・レンフローをDFAとしたレイズですが、同時にCFや1Bを守るブライアン・オグレイディーもDFAに。彼らをロスターから外して、3名のプロスペクトを40manに追加しました。

 また、レナート・ヌニェスをDFAとしたオリオールズは6名のプロスペクトをロスターに追加しています。

アストロズはウィットリーを追加

 今回のルール5ドラフトの対象となったアストロズの右腕、フォレスト・ウィットリーはロスターに追加され、アストロズにプロテクトされたことも追記しておきたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました