スポンサーリンク

【MLB2023】レッズ、ハンター・レンフローをDFAに!移籍後、大苦戦がつづく

レッズ移籍後、2週間でDFAに

 現地2023年9月18日、ナリーグのワイルドカード・スポット確保に向け、Dバックス、カブスと激しい争いを繰り広げているシンシナティ・レッズがロスター調整を実施。

 現地9月18日にCOVID-19 ILに入っていた右打者のLF、スチュアート・フェアチャイルドを復帰させ、スペースを空けるためハンター・レンフロー(Hunter Renfroe)をDFAとしました。

 ハンター・レンフローは去る8月31日にウェーバーでシンシナティ・レッズから獲得されたばかり。移籍後2週間でレッズのロスターから外れることとなりました。

エンゼルスからウェーバーでレッズへ

 31歳のハンター・レンフローは、ルーカス・ジオリトらとともに現地2023年8月30日にエンゼルスによってウェイバーにかけられました。

 エンゼルスにとっては、贅沢税を節約する目的があってのウェーバーでしたが、一方で受け入れ側、あるいは選手本人達にとっても、9月1日はポストシーズンに出場する資格を得るデッドラインでもありました。本人達は新天地での成績次第でポストシーズンに出場するチャンスも得られますし、そこで活躍すればオフシーズンでも良い契約を結べることから、大きなチャンスでもありました。

 調停資格のハンター・レンフローの今季のサラリーは1年/$11.9M (2023)。レッズはこのうち、残額の約$2Mほどを負担するだけでよく、一番のメリットはトレードで若手を放出しなくて良かった点です。

 同じ手法でレッズはヤンキースからハリソン・ベイダーも獲得。ベイダーはカージナルス時代に2 年/$10.4M (2022-23)でサインしており、今季のサラリーは$4.7M。レッズは残額の$0.8Mを負担するだけで良く、同じく若手の放出も無し。

 レッズは名のある2選手をリスク無しで獲得。MLBは移籍後に化けるケースというのは多々あり、レッズも彼らが本来の姿に近いところまで戻ってくれば・・・という期待も込めて獲得したのですが、そうはなりませんでした。

レッズで大苦戦

 レッズに移籍後のハンター・レンフローはまさに大苦戦。移籍後すぐにゲームに出場して14試合に出場。44PAのチャンスがあったのですが、成績は39-5。打率.128、OBP .227、SLG .205、HR 1、二塁打 0、三塁打 0、RBI 4、Run 4に終わりました。

 これなら、自前のフェアチャイルドを使いたいと思うレッズの判断も頷けます。レンフローはDFAとなりました。

ハリソン・ベイダーはIL

 同じくハリソン・ベイダーも移籍後は全く振るわず、レンフローと同じような数字を残しました。14試合に出場し、34PAで、成績は31-5。打率.161、OBP .235、SLG .194、HR 0、二塁打 1、三塁打 0、RBI 3、Run 4。

 レッズはやはりロスターのスペースを作るためにベイダーをILに。

おそらくこのままリリース→FAに

 たとえレンフローをウェーバーでクレームオフしたとしても、9月1日のPS資格の期限を過ぎているため、ポストシーズンには出場出来ません。

 レギュラーシーズンの残り2週間弱のために新しいクラブが残りサラリーを支払うというのも考えづらく、このまま、リリース→FAとなる見込みです。

通算177HR

 ハンター・レンフローはキャリア通算177HR。8年のキャリアを平均してもシーズン34HRという素晴らしい数字をもっています。通算のスラッシュラインも.239/.300/.478。

 守備ではパワー・アームをもっていることから、OFにいるだけで相手にプレッシャーをかけられます。

 これまでの打撃成績や守備力があったとしても、長打が消えて、.230程度の打率のOFなら、なかなか手が上がりにくいところです。

 もはやジャーニー・マンになりつつあるレンフローですが、これはもう来季に向けて準備するしか無さそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました