スポンサーリンク

【MLB2024FA】ロイヤルズ、マイケル・ワカと2年/32Mドル保証でサイン

ローテーションが揃ってしまったKC

 大谷選手とドジャースのディールに隠れていますが、地味にこのオフに攻勢をかけているのがロイヤルズ。ウィル・スミス獲得から始まり、セス・ルーゴ、クリス・ストラットンと続き、現地2023年12月15日、今度はマイケル・ワカとのディールが決まりました。

契約内容

 ロイヤルズとマイケル・ワカのディールを見ますと、ご覧の内容となっております。

  • 2 年/$32M (2024-25)
    • $16M(2024)
    • 2025: $16M プレーヤー・オプション
    • 追加で $0.5M/年のパフォーマンス・ボーナスあり

 そしてロイヤルズの今回のディールで多いのが選手に選択肢をもたせるプレーヤー・オプションの存在です。セス・ルーゴ、クリス・ストラットンがそうでした。そしてマイケル・ワカもプレーヤー・オプションありです。

 ワカの契約でプレーヤー・オプションが発動された場合、ロイヤルズは2024年のサラリーのみで良いことになり、1年契約となりますね。ただ、2年目も保証されていることから2年契約という形で表示されております。

ワカはFAに出て正解

 マイケル・ワカの直前の契約を見てみますと、2023年2月16日にパドレスとサインした以下の内容でした。

(パドレスとの契約)

  • 4 年/$26M (2023-26)
    • サイニング・ボーナス:$3.5M 
    • $4M(2023)
    •  $16M/年(2024-25) クラブオプション
    • もしクラブが2024-25年のオプションを拒否した場合、ワカは3年/$18.5Mのプレーヤーオプションを行使する権利を持つ。($6.5M/2024、$6M/2025-26)
    • パフォーマンス・ボーナス:
      • 20-25 GSでそれぞれ$0.5M
      • 30 GSで$1M年及びプレーヤー・オプション発動時のシーズンで適用される

 2023年終了後にクラブオプションがついていました。それをパドレスは拒否。パドレスがオプションを拒否した後に、ワカには3年/$18.5M(2024-26)の契約で更新することが出来るプレーヤー・オプションがついていたのです。

 ただ、結果的にワカもプレーヤー・オプションを行使しなかったことから、今回はFA市場に出たということになります。

 そして結果的にワカのこの戦略は成功し、単年で$16Mを勝ち取り、しかも2025年の$16Mも保証されている内容となりました。

 選手間では大谷選手の噂もあったでしょうから、NLウエストから出た方がポストシーズンへの出場機会も増えるという認識もあったかどうかは定かではありませんが、ALセントラルのロイヤルズでポストシーズンを狙うという選択肢もありですね。

2024年は33才のシーズン

 マイケル・ワカは1991年7月1日生まれで、現地2023年12月16日時点で32才。2024シーズン途中で33才となります。

 ドラフトは2012年のカージナルスの1巡目指名。デビューはその翌年の2013年5月30日。デビューイヤーは15スタートで4勝1敗、ERA 2.78で終わったものの、ポストシーズンで大活躍。NLDSではパイレーツ相手に1勝。NLCSではドジャース相手に2勝0敗でERA 0.00。2013NLCS MVPに輝きました。凄かったですね。

 翌年の2014年は19試合で5勝6敗、ERA 3.20。

 2015年、マイケル・ワカは30スタートを任され、181.1イニングを投げ、17勝7敗、ERA 3.38という好成績を上げ、一躍ナ・リーグを代表する投手へと名を上げたのでした。

 しかし、2016年以降は怪我に悩まされ、2016シーズンは右肩痛、2018年は腹斜筋、2019年は膝を痛め思うような投球が出来なくなりました。

2020年にメッツに移籍してから2023年にパドレスでプレーするまでの動きは下記のリンクをどうぞ。

 ワカはレイズ時代の2021年に復活へのある程度の手応えを掴むと、2022年のレッドソックスでは11勝2敗と復活しました。怪我で離脱した時期もありましたが。

 2023年、パドレスで投げることになったワカは、24試合に先発し、134.1 IPで14勝4敗、ERA 3.22をマーク。この好成績により、強気に市場に出たということに。

 ロイヤルズはマイケル・ワカが入ったことで、ローテーションにも厚みが出てきました。順番は便宜上のものですが、NO.1-4は決定的です。これに左腕が2人入るかどうかということに。

  1. ブレイディー・シンガー
  2. セス・ルーゴ
  3. ジョーダン・ライルズ
  4. マイケル・ワカ
  5. コール・レイガンズ:LHP
  6. アレク・マーシュ
  7. ダニエル・リンチ:LHP
  8. クリス・ブービック

 けが人が出たとしても選択肢が拡がりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました