スポンサーリンク

【MLB2021移籍】レッドソックス、スラッガーのハンター・レンフローと1年で合意!

MLB移籍/FA情報

BOS、右のOFを獲得

 ようやくレッドソックスのオフシーズンのニュースが入ってきました。今オフは投手補強に力を入れるレッドソックス。巨人軍の菅野投手のポスティングに参戦する噂も立っておりますが、その前にOFを補強しました。

 現地2020年12月14日、レイズからFAとなっていたOFで右打者のハンター・レンフロー(Hunter Renfroe )と契約。1年での合意です。

契約詳細

 サラリーは1年/$3.1M (2021)。それに加えてパフォーマンス・ボーナスが設定されており、$0.6Mです。よって最高で総額は$3.7Mに。2021年でMLSが3.165となるハンター・レンフローは今オフが調停のファーストイヤーでした。

 しかし、現地2020年11月20日のルール5ドラフトに合わせたロスター(40man)の調整でDFAに。ウェーバー期限でもあった25日までにトレードが成立しなかったので、マイナーへアウトライト。そして翌26日にFAとなっていました。

 2020年のレイズとのサラリーが1年/$3.3Mだっただけに、調停を避けて$4Mほどは見込まれていたのですが、上記のような理由で前年より少しダウン。パフォーマンスボーナスでなんとか上回ってください!という設定になりました。

苦しんだ2020シーズン

 DFAからFAの口実となってしまったのが2020年の成績。ハンター・レンフローは42試合に出場し、122打数19安打、打率.156、OBP .252、SLG .393、OPSが.645。

 壊滅的に悪かったのです。2020年は調整が難しかったというのがよくわかる成績です。

本来はパワーヒッター

 2016年にデビューしたハンター・レンフローは2017シーズンからビッグリーグで本格稼働。

 メジャー2年目となる2017年にはHR 26本、二塁打 25本を記録。2019年までの3年間で計85HRを放ったスラッガーでもあります。

左投手に強い

 また傾向として、左キラーでもあります。2019年の成績では右投手との対戦打率が.208だったのに対し、左投手相手では.239。結構な差があります。

2019年にGGファイナリスト

 ハンター・レンフローはパワーヒッターというだけでなく、外野の守備もいいです。2019年にはゴールドグラブ賞でLFのファイナリストにも選ばれたほど。

  最も得意なポジションはLFですが、パドレス時代からCF、あるいはRFも経験しています。2018年のRFでのフィールディング%は.952でしたが、2019年には.992にアップ。ちなみに2020年は.953に落ちました。

 メジャーのOFは打たなければサインされませんので、どの選手も打撃練習は熱心です。ハンター・レンフローは打撃とともに守備も向上させたということで、ひたむきさも併せ持ったところがあります。

 フェンスが低く、ライン際はスタンドがせり出し、さらにポール際の距離が短いフェンウェイのRF。非常に難しい言われるポイントですが、ハンター・レンフローがどこまでうまくやるのかは注目ですね。あるいはベルデューゴにRFを任せ、レンフローはCFで起用というパターンもあります。

CFはベルデューゴ

 ただ、ベースボール・オペレーション社長のハイム・ブルーム氏の考えでは、CFにはアレックス・ベルデューゴをというプランのようです。

RFにレンフロー

 外野の送球は遠投すればするほどシュート回転になりがち。たとえメジャーリーガーであっても助走不足や体制悪さによって十分に送球を下に叩けず、シュート回転してしまうことがあります。

 その点でRFは捕手がタッチしやすい方向に曲がる右投げの方が良いという意見もあります。アレックス・ベルデューゴ、アンドリュー・ベニンテンディの二人は左投げ(左打ち)。そうなると今のところは右投げはハンター・レンフローしかしかいませんから、RFにレンフローということになりそうです。

ジャッキーとのサインはもうなさそう

 上記の通り、FAとなったCFにベルデューゴというプランのようですから、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアとの再契約はちょっと厳しいかもしれません。

 絵に書いたようにDRS(Defensive Runs Saved)の瞬間を見せてくれるジャッキーがいなくなるのはファンにとっても、そして投手陣にとっても残念なことですね。

ロサリオの補強も消えたか?

 またアレックス・コーラの監督復帰により、プエルトリコ・コネクションでエディー・ロサリオのレッドソックス入りも囁かれていましたが、今回のハンター・レンフローの加入でこちらも消えたかもしれませんね。

 ちなみにRFはJ.D.マルチネスも守ることがあります。よって、これ以上OFを獲得するかどうかは微妙なところです。

ハンター・レンフローの略歴 

 ハンター・レンフローは1992年1月28日生まれの28才(現地2020年12月15日時点)。1月の誕生日がくれば29才。

 もともと高卒時にレッドソックスから31巡目で指名を受けていました(2010年)。しかし、ミシシッピ・ステートに進学。2013年、パドレスから1巡目指名を受け、プロ入り。全体順位は13番目。

  2019年までパドレスでプレー。2019年12月に、トミー・ファム、ジェイク・クロネンワースとのトレードでレイズへ。

  2021年でメジャー6シーズン目を迎えます。

  なかなかいい補強だったのではないでしょうか。

  お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました