スポンサーリンク

【MLB2023】エンゼルス、監督交代へ!フィル・ネヴィンのオプションを行使せず!監督交代はメッツ、ジャイアンツに続き3人目

シーズン終了翌日に発表

 現地2023年10月2日、ロサンゼルス・エンゼルスは、フィル・ネヴィン氏が来季は監督として指揮を執らず、このまま別れると発表しました。

 エンゼルスとフィル・ネヴィン監督との契約は1年契約 (2023)プラス 2024 クラブ・オプション。今回は来季のオプションを行使しないことに決めたということです。

GMのペリー・ミネイジアンも去就が問われる

 同時に、2021年からGMロールに就いているペリー・ミネイジアンもその去就が注目され始めました。

 エンゼルスは今オフ、大谷選手がFAとなることから、そのケアをトップ・プライオリティにするため、編成トップは代えないだろうという見方もありました。実際、ミネイジアンの契約は4 年(2021-24)で、任期をあと1年残してもいるからです。

 しかし、あまりにも激しい落胆を伴ったシーズンが終了したことで、風向きが変わってきました。

 ここは一旦は様子見ということで。

エンゼルス、ソーシア以来3人が去る

 エンゼルスがワールドシリーズ・チャンプとなったのは2002年のこと。この時はマイク・ソーシアの3シーズン目でした。

 余談ですが、マイク・ソーシアの前はテリー・コリンズです。オリックス・ファンにはちょっと残念な監督さんではありましたが・・・。

 そのマイク・ソーシアは、2000年から2018年まで19年間、指揮を執りました。

 ソーシアの後は、2019年にブラッド・オースマスが監督となり、オースマスの後にジョー・マッドン、そしてフィル・ネヴィンという流れです。

残念過ぎた8月

 エンゼルスは今シーズン、プレーオフ進出がちらりと見え、7月のオールスターブレイク前で順位は4位だったものの、ALWCを狙える位置だったこともあり、トレード・デッドラインでは、強気の “買い”モードを選択。なかなか勇気のある決断でした。

 が、しかし、8月はその姿勢とは裏腹に8勝19敗と大惨事に。

 その結果、新たに加わったルーカス・ジオリトらをウェーバーにかける事態に。

 結局、エンゼルスはア・リーグ西地区でアストロズと17ゲーム差、最終的には大谷選手も離脱し、目標を失う中、ワイルドカード争いでも3位トロントから16.0ゲームも離れる位置に。

 最終戦にアスレチックスを7-3で破ったのはせめてもの救いでした。

選手から好かれた監督

 フィル・ネヴィン監督は選手からは非常に信頼されていました。

 選手を批判することはなく、それはゲーム後の談話においても貫かれ、間接的にも批判することはありませんでした。非常に器の大きい監督だったと思います。

 息子さんにタイラー・ネヴィンという選手がいます。2018年にロッキーズのプロスペクトとして、ルーキーの登竜門であるアリゾナ・フォール・リーグ(AFL)に参加。大活躍を見せ、将来を大いに期待されました。ところが、その後は伸び悩み、2022年12月に移籍先のオリオールズをDFAに。

 場合によっては息子を拾う可能性もあったのですが、ネヴィン監督は公私混同を一切せず、その点もこの人の人となりを表す一面だと思います。結局、息子のタイラーは今季はタイガースに金銭トレードされ、なんとかサバイブしました。しかし、今季も19安打、2HRしか放つことが出来ず、立場的に苦しくなってきました。

 フィル・ネビン監督は2022年6月7日に前任のジョー・マッドン監督が解雇されたことにより、代理監督として指揮を振るいました。地元オレンジ・カウンティー出身です。下記の記事にも書きましたが、これはおそらくオーナーの指示。13連敗中だったエンゼルスは誰が指揮を執っても難しい状態で、ジョー・マッドンは解雇すべきではありませんでした。

 ネヴィンは2022年に106試合、2023年に162試合で指揮を執り、通算119勝149敗。2シーズンともポストシーズンを逃しました。良い監督だったことは確かですが、野球面ではちょっと細かさが足りなかったとも思います。

 エンゼルスの次期監督は誰になるのか?注目ですね。

SFG、NYMに続き3人め

レギュラー・シーズンが終了し、すでにサンフランシスコ・ジャイアンツのゲイブ・キャプラー、ニューヨーク・メッツのバック・ショーウォルターが、今季での退任が決まっております。フィル・ネヴィンは3人め。

 今オフはマネジリアル・サーチもなかなか激しくなりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました