スポンサーリンク

【MLB契約2020】エンゼルスの新ピッチング・コーチ、ミッキー・キャラウェイ(前メッツ監督)はかなり有能

2020エンゼルス・コーチング体制

 現地2019年10月26日の情報になりますが、大谷選手の所属するロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは2020シーズン、ピッチング・コーチにミッキー・キャラウェイ(前メッツ監督)を採用することを発表しました。

M・キャラウェイのコーチング・キャリア

Mickey Callaway Managerial Record | Baseball-Reference.com
Mickey Callaway Managerial Record

 ご存じの通り、ミッキー・キャラウェイは2018年、2019年の2年間、メッツの監督として指揮を振るっていました。2年間の勝敗は163勝161敗と、リビルド期間に就任した割には勝率5割を上回っております。

 2019年、起用法をめぐり、嫌な質問をした記者とクラブハウスで口論となったりしましたが、ジェイソン・バルガスがその加勢に回るなどチーム内の人心把握はかなりうまい人かと思います。

投手王国インディアンスを作った手腕

 メッツの監督をやる前はインディアンスでピッチング・コーチを担当していました。2013年から2017年までのことです。

 インディアンスは2013年に2位、2016年-18年に3年連続で地区優勝。2018年はキャラウェイ氏はすでにメッツの監督として指揮を執っておりましたが、彼がピッチング・コーチを務めている間に関わった投手は、コーリー・クルーバ(Corey Kluber)、アンドリュー・ミラー(Andrew Miller)、カルロス・カラスコ(Carlos Carrasco)、ダニー・サラザー(Danny Salazar)、トレバー・バウアー(Trevor Bauer )とそうそうたるメンバーです。

トレバー・バウアーにも影響を与え、カーブの開発に強力しています。

 そして在籍していた5年間のインディアンスのERAは3.65。その間、ア・リーグのクラブでこのERAより良かったクラブはありませんでした。 

興味深いマッドンとのコンビ

 エンゼルスは2020年から監督にジョー・マッドン前カブス監督を据えました。マッドン監督は元レイズの監督でもありましたので、非常に発想が柔軟で戦略に長けています。

 そんなマッドン監督とミッキー・キャラウェイはコーチングとしては初顔合わせですが、キャラウェイ氏が現役時の2002-3年のエンゼルス時代、マッドン氏はエンゼルスのベンチコーチを務めておりました。よって旧知の仲とも言えます。

Mickey Callaway Minor, Korean, Independent & CPBL Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
All Professional Baseball Statistics for Mickey Callaway.

 そして興味深いことに2016年のワールドシリーズでは双方、違うベンチで火花を散らしていたのでした。結果はマッドン氏の率いるカブスがWSチャンプとなったのでした。その年のポストシーズンはアンドリュー・ミラーが輝いた年でもありました。

大谷選手への影響

 2020シーズンから投手復帰となる大谷選手ですが、この2人のいる環境でプレーするのはとても意義深いことになりそうです。特にキャラウェイ氏は投手の運用から育成までとても上手な人なので、オーバーベースにならないように大谷選手の肘もきちんとみながらケアしてくれそうです。

 エンゼルス、ワールドシリーズ終了後、このオフのFA・移籍市場でも楽しみです。ゲリット・コールに動くのでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました