スポンサーリンク

【MLB契約2020】エンゼルスの新ピッチング・コーチ、ミッキー・キャラウェイ(前メッツ監督)はかなり有能

2020エンゼルス・コーチング体制

 現地2019年10月26日の情報になりますが、大谷選手の所属するロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは2020シーズン、ピッチング・コーチにミッキー・キャラウェイ(前メッツ監督)を採用することを発表しました。

M・キャラウェイのコーチング・キャリア

Mickey Callaway Managerial Record | Baseball-Reference.com
Mickey Callaway Managerial Record

 ご存じの通り、ミッキー・キャラウェイは2018年、2019年の2年間、メッツの監督として指揮を振るっていました。2年間の勝敗は163勝161敗と、リビルド期間に就任した割には勝率5割を上回っております。

 2019年、起用法をめぐり、嫌な質問をした記者とクラブハウスで口論となったりしましたが、ジェイソン・バルガスがその加勢に回るなどチーム内の人心把握はかなりうまい人かと思います。

投手王国インディアンスを作った手腕

 メッツの監督をやる前はインディアンスでピッチング・コーチを担当していました。2013年から2017年までのことです。

 インディアンスは2013年に2位、2016年-18年に3年連続で地区優勝。2018年はキャラウェイ氏はすでにメッツの監督として指揮を執っておりましたが、彼がピッチング・コーチを務めている間に関わった投手は、コーリー・クルーバ(Corey Kluber)、アンドリュー・ミラー(Andrew Miller)、カルロス・カラスコ(Carlos Carrasco)、ダニー・サラザー(Danny Salazar)、トレバー・バウアー(Trevor Bauer )とそうそうたるメンバーです。

トレバー・バウアーにも影響を与え、カーブの開発に強力しています。

 そして在籍していた5年間のインディアンスのERAは3.65。その間、ア・リーグのクラブでこのERAより良かったクラブはありませんでした。 

興味深いマッドンとのコンビ

 エンゼルスは2020年から監督にジョー・マッドン前カブス監督を据えました。マッドン監督は元レイズの監督でもありましたので、非常に発想が柔軟で戦略に長けています。

 そんなマッドン監督とミッキー・キャラウェイはコーチングとしては初顔合わせですが、キャラウェイ氏が現役時の2002-3年のエンゼルス時代、マッドン氏はエンゼルスのベンチコーチを務めておりました。よって旧知の仲とも言えます。

Mickey Callaway Minor, Korean, Independent & CPBL Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
All Professional Baseball Statistics for Mickey Callaway.

 そして興味深いことに2016年のワールドシリーズでは双方、違うベンチで火花を散らしていたのでした。結果はマッドン氏の率いるカブスがWSチャンプとなったのでした。その年のポストシーズンはアンドリュー・ミラーが輝いた年でもありました。

大谷選手への影響

 2020シーズンから投手復帰となる大谷選手ですが、この2人のいる環境でプレーするのはとても意義深いことになりそうです。特にキャラウェイ氏は投手の運用から育成までとても上手な人なので、オーバーベースにならないように大谷選手の肘もきちんとみながらケアしてくれそうです。

 エンゼルス、ワールドシリーズ終了後、このオフのFA・移籍市場でも楽しみです。ゲリット・コールに動くのでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました